BT

InfoQ ホームページ Oslo に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • MicrosoftがQuadrantを中止

    Mary Jo Foley氏の報告によると、Microsoftは、Quadrantを中止して、M データ・モデリング言語の計画を見直した。

  • Microsoft が "データに関する質問 TOP10" に答える

    Microsoft は “データに関する質問 TOP10 (Top Ten Questions on Data)” と呼んでいる質問に対する回答を公開した。Oslo,ADO.NET データサービス,WCF,LINQ to SQL,T-SQL といった技術が現在どうなっているのか,あるいは今後どうなるのかについて説明されている。

  • マイクロソフト、“Oslo”2009年5月版CTPをリリース

    “Oslo”2009年5月版CTPの主要な特徴は次の通りである。ビジュアル・モデリング・ツール“Quadrant”、“M”言語仕様の変更、そして、開発の速度を上げるために追加された定義済みのドメインモデル。

  • Microsoftの新しいワークフロー、サービス、モデル

    Cappell & AssociatesのDavid Chappell氏の新しいレポートが、Microsoftの最新技術ーWF 4.0、Dublin、Osloーについていち早く伝えている。

  • Martin Fowler氏がOsloを語る

    長年の間、Martin Fowler氏はソフトウェアエンジニアリングの最前線にいる。リファクタリングや依存性の注入といった技法を社会に広めていることで称賛されている。ここ最近は、ドメイン固有言語の普及活動をおこなっている。そこで当然のことながら、Osloが氏の興味を駆り立てた。

  • レポーターのノート:PDCで知ったこと

    「クラウドコンピューティング」や「拡張可能性」がモットーではなく、信頼がモットーである。Windows Azureを取り巻くすばらしい製品について、実際にそれを使うことは誰もまったく話していなかった。Meshのように、社内で一部ホスト可能な製品でさえ、「すばらしいが、絶対使えない」と口をそろえて言っている。

  • Osloが公開

    Professional Developers Conference (PDC) 2008が近付くにつれ、Douglas Purdy氏、Don Box氏などはMicrosoft Osloに関する情報を開示している。

  • Osloは発表した、だが急げMicrosoft !

    InfoQはCompassion Internationalのエンタープライズ・アプリケーション・アーキテクトであるBrandon Satrom氏と話をした。Brandonは最近ブログでコンポジット・アプリケーションのインフラについて自身の分析を披露している。

  • Oslo:MicrosoftがComposite Applicationを主流にする

    Microsoftは先日SOAの今後のビジョンと簡易化、ソフトウェアとサービス間の橋渡し、コンポジットアプリケーションの主流化へのロードマップを発表した。Redmondで5回目のSOAとBPMカンファレンスにおいて、同社は製品発表の波と、デベロッパ達の担当内外のプロジェクトの橋がけを補助をするアプリケーションプラットフォームに拡張を提供する、長年に渡る技術投資成果を発表した。このプロジェクトの名前は"Oslo"というものである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。