BT

InfoQ ホームページ Patterns and Practices に関するすべてのコンテンツ

  • 幸福な文化がハイパフォーマンスを実現する

    ITVのTom Clark氏が2月のDOXLONで講演し、ハイパフォーマンスは幸福なチーム構築の副作用である、という仮説を提唱した。DDO(Deliberately Developmental Organization)の貢献者であるAndy Flemming氏もまた、透明性と学習、個人の成長と幸福を意図的に重視した文化を創造することによる、ビジネスおよび戦略上のメリットの享受について講演している。

  • 心理学の手法で見積もりを改善する

    バイアス、プライミング、サリアンスは見積もりの能力に影響を与える3つの代表的な心理要因だ。見積もりをしているときに心理的に何が起こっているのかを知ることは、これらの要因に対処して見積もりを改善するのに繋がる、と心理学の研究者であるJoseph Pelrine氏は言う。

  • 継続的学習ができる組織になる

    ソフトウエア開発は、知識集約型であり、それゆえ、組織は常に学習し続ける方法を探していると考えられている。Marcin Floryan氏は“学習する組織が必要であり、それは学習する個人から生まれる”と言う。しかし、個人の学習は難しく、さらにそれを拡大するのはもっと難しい。継続的な学習ができる組織になるにはどうすればいいのだろうか。

  • モノのインターネットをテストする

    組み込みソフトウエアやモノのインターネット関連のシステムをテストするには、物理的、知覚的、感情的なインタラクションが関係する、とGerie Owen氏は言う。氏はNortheast Utilitiesのビジネスソリューションアナリストを務めている。InfoQはGerie Owen氏とGerie Owen氏にモノのインターネットや組み込みソフトウエアのテストはどのように特異なのか、テスト担当者の経験や予測の活用について話を聞いた。

  • 必要十分な事前設計を行うには

    今回この記事で紹介するのは,プロジェクト開始に必要なシステム構造情報を提供し,アーキテクトのビジョンにチームを統一して,想定されるリスクを評価するためには,十分な事前設計を行うべきだ,とするアドバイスだ。

  • Microsoft Enterprise Library 6.0はSemantic Loggingを追加した

    Microsoftは、Semantic Logging application blockの追加、Unity 3.0とWindowsストアアプリのサポート、使用方法の簡易化、ドキュメントと全体エクスペリエンスの改善をされたEnterprise Library 6.0をリリースした。

  • ModelMapper: オブジェクト間マッピングライブラリ

    ModelMapperはオブジェクトを別の表現にコピーするコードの繰り返しをなくしてくれる、オブジェクト間マッピングライブラリだ。プロパティ名を見て自動マッピングを実行できたり、マッピング処理を正確に記述したヒントを定義することができる。これは.NETにある同様のライブラリ、AutoMapperからインスパイアされたものだ。

  • クラウド上で進化する継続的統合

    Travis CIはクラウドベースのオープンソース向け継続的統合(CI)ソリューションであり、にホストされている。同プロジェクトは今後の計画を発表した。それによれば、企業ユーザがビルドマシンやテスト環境のメンテナンスがいらない継続的統合の恩恵を受けられるようにするためにプライベートビルドをサポートするつもりだ。

  • Riak NoSQLデータベース: 利用事例とベストプラクティス

    Riakはユーザセッション関連データの保存に使われる、キー・バリュー型のNoSQLデータベースである。先日、Basho TechnologiesのAndy Gross氏が、QCon SF 2011 ConferenceでRiakの利用事例について講演を行った。InfoQでは、Riakデータベースの機能やベストプラクティスについて、Andy氏とMark Philliphs氏に話をうかがった。

  • Prism 4 Finalがリリース

    Karl Shifflett 氏は、Prism 4の最終版を11月12日にMSDNへリリースした。同時に氏は、またVisual Studio 2010内で使うことができるマルチメディア トレーニング シリーズ、In the Box の第一回もリリースした。

  • RESTfulサービスにおいて部分的更新を実装する

    Alex Scordellis氏は、リソースの部分的更新についてのクライアントとRESTfulサービスのインタラクションがどのようにモデル化され、デザインされ得るかについての記事を投稿した。リソースを適切にモデル化すれば、問題は容易に解決するようだ。多くの場合、ただリソースをCRUDをサポートするエンティティとして考えることによってそれは問題となる。リソースを"リソース"とサービスとしてモデル化することだ。

  • Microsoft .NETでの並列プログラミング

    Patterns&Practicesチームが、.NETで並列プログラムを書くためのガイダンスである『Microsoft .NETでの並列プログラミング』という書籍をリリースした。この本には、並列プログラミングのための6つのデザインパターンがサンプルコード付きで収録されている。

  • Windows Azureのアプリケーションを構築するためのパターン

    マイクロソフトのpatterns & practicesグループ主席プログラママネージャのJ.D. Meier氏は、Windows AzureにおけるASP.NETアプリケーションパターンをいくつか提示し、クラウド上でコンポーネントがどのように動作するかを示した。彼はまた、標準的なWebアプリケーションとクラウドのマッピング例も提供した。

  • MicrosoftがEnterprise Library 5.0をリリース

    Microsoftの pattern&practicesがEnterprise Library 5.0をリリースした、これは、エンタプライズ アプリケーション用のビルディングブロックとして使うことのできるアプリケーション ブロックの一式であり、どのように、よいアプリケーションを書くのかを示したMicrosoftのガイダンスでもある。ライブラリは、いくつもの改善と Unity 2.0を含み、 .NET 4.0をサポートしている。

  • SOA アンチプリンシプル(anti-principle)とは?

    SOA パターンとアンチパターンについては,長年にわたって数多くの記事が書かれ,SOA プリンシプル(原則)についても十分な定義がなされている。しかしアンチプリンシプル(anti-principle)については,ほとんど無視されるか見落とされた状態だ。Steve Jones 氏がアンチパターンをより活用することの必要性について論じるとともに,自身でもそれを始めたことを報告する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。