BT

InfoQ ホームページ Scala に関するすべてのコンテンツ

  • IntelliJ IDEA 2018.2、Java 11やMacBookタッチバーのサポートなど

    JetBrainsはIntelliJ IDEAのバージョン2018.2をリリースした。このバージョンは次のJava 11のサポートやブレークポイントインテンション、MacBookのタッチバー、Spring BootやScalaプラグイン、Dockerプラグインの強化といったものを提供する。

  • IntelliJ IDEA 2017.2: より賢く、より的確に、そしてより早く

    JetBrainsはIntelliJ IDEA 2017.2をリリースした。フラッグシップであるJava IDEの3ヶ月ごとのリリースだ。Trisha Gee氏はこのリリースノートについてブログに投稿した。多くのユーザビリティに関する向上がある。空のコレクションや文字列配列を作った場合や配列で添字が範囲外になる場合の警告の新しいクラスといったものがある。またnullに関する解析を改善した。

  • Enterprise Conference 2017に見る新たなテクノロジ - 第1日目まとめ

    第12回Emerging Technologies for the Enterprise Conferenceカンファレンスの第1日が4月18日(火)、ペンシルバニア州フィラデルフィアで開催された。2日間にわたるこのイベントを企画したのは、同州フォートワシントンにあるITコンサルティング会社のChariot Solutionsだ。カンファレンスではBlair MacIntyre氏(拡張現実の先駆者)の他、Monica Beckwith氏(Oracle JVMパフォーマンスコンサルタント)、Andrea Goulet氏(Corgibytes CEO)、Yehuda Katz氏(Ember.js開発者のひとり), Jessica Kerr氏(Atomist リードエンジニア)ら招待講演者による基調講演が行われた。

  • LightbendがOpsClarity買収について語る

    BoldRadiusを9ヶ月前に買収したLightbendが、リアクティブアプリケーション監視を専門とする企業であるOpsClarityの買収を発表した。InfoQはLightbendの社長兼最高経営責任者であるMark Brewer氏と、OpsClarityの共同創立者で現在はLightbendのクラウドサービス担当VPであるAlan Ngai氏に、今回の新たなパートナシップについて詳しく聞いた。

  • Javaの型推論は変更可能性の仕様をサポートしない

    Javaの型推論は、 ミュータブルな変数とイミュータブルな変数の区別をサポートしない予定である。ミュニティ内でこれをどのように実装すべきであるか合意を欠いているためだ。また、込み入ったケースに長く議論することを防ぐために、このようなケースのいくつかは簡潔にするために除外される予定である。JEPは対象バージョンを示していないが、Java 10の可能性が高いだろう。

  • Javaslang 3.0への道

    Javaslangは、Java 8以降に対して永続データ型と関数型制御構造を提供するオープンソースの関数型ライブラリであるが、不必要、非推奨な機能を削除するためにライブラリに重要な変更を加える見込みであるメジャーリリースバージョン3.0へのロードマップを公開した。

  • 2016年のエンタープライズ開発のトレンド:LightbendによるJVM開発者の調査

    Lightbendは2,100人のJVM開発者を対象に、開発とインフラのトレンドの相関関係を調査した。 ホワイトペーパーとして掲載されたこれらの調査結果は、マイクロサービスと軽量コンテナが重量級のJ2EEアプリケーションサーバーに対抗していることを明らかにした。

  • 新たなScala Centerは教育とScalaコミュニティに注力する

    Heather Miller氏(研究科学者)によるScala Days BerlinでのScala Daysの基調講演にて、新たなScala Centerの詳細な内容が発表された。Scala Centerは、教育とオープンソース・コミュニティにフォーカスした非営利団体である。

  • JetBrainsがIntelliJ IDEA 2016.1をリリース

    JetBrainsは,同社の人気製品であるIDEの最新バージョンとなるIntelliJ IDEA 2016.1をリリースした。このバージョンでは多言語開発者が想定されているらしく,多くの言語やテクノロジを対象としたさまざまな拡張が実施された。しかし,最も注目すべき拡張の対象はやはりJavaで,特にJava 8をフル活用するための支援が目標とされている。

  • Scala Centerを設立

    Scalaの現行の開発を改善し、Scala関連のトレーニングコースを提供するため、非営利団体としてScala Centerが設立された。

  • TypesafeがLightbendに社名変更

    Scalaの考案者が創業したTypesafeが社名変更を完了し、Lightbendになった。Typesafeは社名変更の計画を昨年5月に発表し、プロセスに2か月ぐらいかかるだろうと述べていた。彼らはコミュニティメンバーに参加を求め、ブログに社名変更およびその進捗を報告していた。

  • IntelliJ IDEA 15リリース

    JetBrainsはIntelliJ IDEA 15をリリースした。Java 8ラムダ式のデバッグサポート強化,テスト実行のユーザインターフェース改善,JVMフレームワークサポート拡張(Spring 4.2, Hibernate 5.0, Grails 3.x, Arquillian),Typescript 1.6とTSLintの統合,Angular 2の初期サポートなどを備える。

  • Scalaの試験プラットフォームDottyがブートストラップ可能に

    Dpttyは,Scalaの新しいツーリングのテクノロジ開発と,将来バージョンの新コンセプトの試行を目的としたプラットフォームである。そのDottyが先日,ブートストラップ段階に到達した。これはコンパイラがDottyで記述されて,自分自身でコンパイル可能になったという意味だ。これによって,コンパイラの更新が簡単にできるようになる。主要なコントリビュータのひとりであるDmitry Petrashko氏に話を聞いた。

  • Bazelがベータ版でGroovy, Rust, Scalaをサポート

    Googleが半年前にオープンソース化したビルドシステムのBazelが,予定通り最初のベータマイルストンに到達した。いくつかの言語とテクノロジのサポートが追加されている。

  • Play 2.4が依存性注入を採用,Java 8に移行

    TypesafeのPlayチームがWebフレームワーク“Damiya”のバージョン2.4をリリースした。2.3から依存性注入(DI)を採用して開始されたリファクタリングによるモジュール性の向上は,今回のリリースでも継続されている。Play 2.4ではJava 8が必須となった。ラムダやデフォルトメソッドがJava-APIで使用されている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。