BT

IntelliJ IDEA 2017.2: より賢く、より的確に、そしてより早く

| 作者: Matt Raible フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 阪田 浩一 フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2017年8月31日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/08/27)へのリンク

JetBrainsはIntelliJ IDEA 2017.2をリリースした。フラッグシップであるJava IDEの3ヶ月ごとのリリースだ。Trisha Gee氏はこのリリースノートについてブログに投稿した。多くのユーザビリティに関する向上がある。空のコレクションや文字列配列を作った場合や配列で添字が範囲外になる場合の警告の新しいクラスといったものがある。またnullに関する解析を改善した。

新しい機能でより革新的なものの1つはチェーンした補完だ。これはプロジェクトでどれだけ頻繁に使われているかに基づいて、あとのメソッド呼び出しを認識し提案するコード補完である。注意としてはこの機能はJavaでのみ動作し、さらにIDEのコンパイラを使う必要がある(GradleやMavenのものではなく)。

IntelliJ IDEA 2017.2: Chain Completion

Java 9の強化としてモジュール図とsetの構築をSet.of(items)で置き換えるというようなリファクタリング機能を含む。加えてIDEA 2017.2はKotlin (1.1.4)やGroovy (2.5.0)、Scala (SBTでのデバッグ)、JavaScript (引数のヒント)、TypeScript (コード配置機能)、CSS (モジュールサポートの追加)のサポートを向上させている。

フレームワーク側のことでは、実行ダッシュボードとactuatorのエンドポイントを実行/デバッグツールウィンドウに追加した。Spring Bootへのその他の改善はIntelliJ IDEAブログで学べる。

IntelliJ IDEA 2017.2: Spring Run Dashboard

Scala熱狂者のため、IDEAは今Play Framework 2.6をサポートしている。 UI開発者はAngular Material強化やwebpackを使う際の進化したコードアシスト、Mochaテストへのコードカバレッジなどを喜ぶだろう。

大規模プロジェクトでとくに開発を遅くしてしまっていたインデックス周りで、パフォーマンス改善を大きく展開している。実験的なモジュールのアンロード機能で、よく取り掛かっているモジュールを指定できる。そのためアンロードされたモジュールはインデックス化もスキャンもされなくなる。メモリリソースの節約とCPUの温存になる。インデックス化は今停止でき、ファイルをパターンで除外できる。

新しいことについてより学びたい場合は、2017.2の最新情報ページを見てほしい。IntelliJ IDEAブログには2017.2.12017.2.2で加えられた改善の詳細がある。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT