BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Scala に関するすべてのコンテンツ

  • Javaニュース総まとめ: MicroProfile 4.1、Spring Bootアップデート、 Kotlin、Scala、OpenJDK、Liberica JDK

    2021年7月19日の今週のJava総まとめでは、JDK 17、JDK 18、OpenJDK、Liberica JDK、GraalVM、MicroProfile 4.1、Quarkus 2.0.3、Hibernate、Spring Framework、JobRunr 3.4.0、RefactorFirst 0.1.0、Apache Tika 2.0.0、Kotlin 1.5.30-M1、Scala 3.0.1とScala 3.0.2-M1のニュースを取り上げる。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年6月28日週

    今週のJava総まとめでは、JDK 17、JDK 18、GraalVM Native Build Tools、TornadoVM 0.10、Quarkus 2.0およびApache Camel Quarkus 2.0のリリース、Apache Camel 3.11、Apache Wicket、Helidon、Micronaut Foundation、JReleaser 0.5.0、IntelliJ IDEA 2021.1.3、Gradle 7.1.1、Hibernate、Scala、ASM、およびSpring Frameworkからのニュースを取り上げる。

  • Scala 3は、開発者エクスペリエンスを向上させるために言語をオーバーホール

    作成から8年、バージョン 2.13以降の最初のメジャーリリースであるScala 3.0は、構文、型システム、メタプログラミング、および言語機能の更新を含む「Scala言語の完全なオーバーホール」をデリバリーした。これはScala 2.13とのバイナリ下位互換性はあるが完全なソースの互換性はない。新しいコンパイラは、古いコードを自動的に移行し、残りの問題をレポートできる。

  • Scala 3への道

    Scala 3には多くの変更が組み込まれており、Dottyに基づいている。新しいコンパイラは、Document Object Typesの内部データ構造を使用する。過去8年間の開発において、新しい型を含むDottyの新機能は、改善されたenum型の処理とメタプログラミングが含まれる。最初のリリース候補が利用可能になり、バージョン 3.0.0は2021年の初めから中頃にリリースされる予定だ。

  • 関数型プログラミングの復活 - QCon Plusハイライト

    QCon Plusの関数型プログラミングの復活トラックには、関数型プログラミングがソフトウェア開発を楽しい経験にする方法を説明する専門家が何人か参加した。また、C#やJavaなどのオブジェクト指向言語が、より関数型になるように進化している理由と方法についても説明した。

  • JavaによるWebアプリケーション記述 - 代替手法に関する調査

    JavaScriptにコンパイルされる言語の人気が高まったことにより、Java仮想マシン言語に習熟していて、JavaScript開発スタックに悩むことなくWebアプリケーションを開発したいと願う開発者には、JavaScriptに代わる選択肢が増えている。ネイティブなJavaScript Webアプリケーションに対するパフォーマンス上のペナルティも、以前に比べると縮小している。

  • マイ��ロサービスフレームワークのLagom 1.5がAkka Managementを導入、KubernetesとOpenShiftをサポート

    マイクロサービスフレームワークLagomのバージョン1.5には、Akka Management、Akka対応アプリケーションを操作するツールセット、KubernetesまたはOpenShiftへのデプロイサポートが付属する。先日リリースされたばかりのこのバージョンは、Play 2.7.0、Alpakka Kafka 1.0、Akka 2.5.22をベースに、CouchbaseとAkka gRPCによるgRPCサポートが加えられている。

  • IntelliJ IDEA 2018.2、Java 11やMacBookタッチバーのサポートなど

    JetBrainsはIntelliJ IDEAのバージョン2018.2をリリースした。このバージョンは次のJava 11のサポートやブレークポイントインテンション、MacBookのタッチバー、Spring BootやScalaプラグイン、Dockerプラグインの強化といったものを提供する。

  • IntelliJ IDEA 2017.2: より賢く、より的確に、そしてより早く

    JetBrainsはIntelliJ IDEA 2017.2をリリースした。フラッグシップであるJava IDEの3ヶ月ごとのリリースだ。Trisha Gee氏はこのリリースノートについてブログに投稿した。多くのユーザビリティに関する向上がある。空のコレクションや文字列配列を作った場合や配列で添字が範囲外になる場合の警告の新しいクラスといったものがある。またnullに関する解析を改善した。

  • Enterprise Conference 2017に見る新たなテクノロジ - 第1日目まとめ

    第12回Emerging Technologies for the Enterprise Conferenceカンファレンスの第1日が4月18日(火)、ペンシルバニア州フィラデルフィアで開催された。2日間にわたるこのイベントを企画したのは、同州フォートワシントンにあるITコンサルティ���グ会社のChariot Solutionsだ。カンファレンスではBlair MacIntyre氏(拡張現実の先駆者)の他、Monica Beckwith氏(Oracle JVMパフォーマンスコンサルタント)、Andrea Goulet氏(Corgibytes CEO)、Yehuda Katz氏(Ember.js開発者のひとり), Jessica Kerr氏(Atomist リードエンジニア)ら招待講演者による基調講演が行われた。

  • LightbendがOpsClarity買収について語る

    BoldRadiusを9ヶ月前に買収したLightbendが、リアクティブアプリケーション監視を専門とする企業であるOpsClarityの買収を発表した。InfoQはLightbendの社長兼最高経営責任者であるMark Brewer氏と、OpsClarityの共同創立者で現在はLightbendのクラウドサービス担当VPであるAlan Ngai氏に、今回の新たなパートナシップについて詳しく聞いた。

  • Javaの型推論は変更可能性の仕様をサポートしない

    Javaの型推論は、 ミュータブルな変数とイミュータブルな変数の区別をサポートしない予定である。ミュニティ内でこれをどのように実装すべきであるか合意を欠いているためだ。また、込み入ったケースに長く議論することを防ぐために、このようなケースのいくつかは簡潔にするために除外される予定である。JEPは対象バージョンを示していないが、Java 10の可能性が高いだろう。

  • Javaslang 3.0への道

    Javaslangは、Java 8以降に対して永続データ型と関数型制御構造を提供するオープンソースの関数型ライブラリであるが、不必要、非推奨な機能を削除するためにライブラリに重要な変更を加える見込みであるメジャーリリースバージョン3.0へのロードマップを公開した。

  • 2016年のエンタープライズ開発のトレンド:LightbendによるJVM開発者の調査

    Lightbendは2,100人のJVM開発者を対象に、開発とインフラのトレンドの相関関係を調査した。 ホワイトペーパーとして掲載されたこれらの調査結果は、マイクロサービスと軽量コンテナが重量級のJ2EEアプリケーションサーバーに対抗していることを明らかにした。

  • 新たなScala Centerは教育とScalaコミュニティに注力する

    Heather Miller氏(研究科学者)によるScala Days BerlinでのScala Daysの基調講演にて、新たなScala Centerの詳細な内容が発表された。Scala Centerは、教育とオープンソース・コミュニティにフォーカスした非営利団体である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。