BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Silverlight に関するすべてのコンテンツ

  • Windows Phone開発者向けリソース情報

    恒例の感があるが、Microsoftがまた主要な製品のバージョン番号を混乱させている。簡単に説明するとWindows Phone 7.5の開発で必要なSDKがWindows Phone 7.1 SDKと2011年8月ビルドのWindows Phone Toolkitになっているのだ。また、PhoneGapのベータ版も試せる。

  • WCF RIA Services Toolkitの概要

    WCF RIA Services Toolkitの8月リリースに敬意を払って、RIA サービスのベースラインバージョンの上に提供されている様々なコンポーネントについて、手短な紹介を行う。このビルドで新しいのは、 EntityFramework 4.1をサポートすることで、その中には、コードファーストと JavaScript/jQueryクライアントへの修正が含まれており、jQuery 1.5.1 以降で動くようになった。

  • Visual Studio LightSwitchによる高速業務アプリケーション開発

    マイクロソフトは、カスタム業務アプリケーションの開発を高速化するシンプルにした開発ツールであるVisual Studio LightSwitch 2011をリリースした。これには、もっとも一般的なビジネスニーズに対応した構築済みコンポーネント、テンプレート、事前定義済みデータ型が含まれ、開発者はフォーム駆動でデスクトップかクラウドにデプロイしたアプリケーションかを開発することができる。

  • WCF Data Services June CTP: LINQの改善と派生型のプロパティ

    .NET 4およびSilverlight 4向けWCF Data Services June 2011 CTPには、LINQのAny/Allオペレータ、派生型のプロパティのサポート、ODataシリアライザ/デシリアライザが含まれている。

  • マイクロソフトの沈黙は.NET開発者をいらだたせる

    今月初、マイクロソフトは、Windows 8の新しいタッチ指向のUIを公開した。プレゼンテーションとプレスリリースによれば、この新しいUIは、HTML5とJavaScriptのみで開発することができる。Windowsプラットフォームでさらなる処理を行うWeb開発者にとってはすばらしいニュースだが、マイクロソフトは新しいアプリケーションモデルで.NETを利用することができるかどうかを語ることを拒んでいる。

  • クロスプラットフォーム・モバイル開発について - MonoCross プロジェクトの Scott Olson 氏に聞く

    InfoQ は先日,MonoCross プロジェクトの Scott Olson 氏にインタビューを行った。MonoCross プロジェクトはクロスプラットフォームのモバイル開発フレームワークで,.NET と Mono 技術を組み合わせて使用する。

  • WPFの次期バージョンに目を向ける

    Silverlightやさらに最近HTML 5に注目が集まる中、多くの人々がWPFの将来について疑問を抱いている。マイクロソフトのプレスマシンが沈黙することは、しばしばプロジェ���トが永久に停止することを意味するため、これはとても理解できる。しかしながら、これはまた彼らが行っていることが、公開する準備ができていないことを意味することもある。

  • Mono が Android タブレットと携帯で Silverlight を実現する

    "Microsoft よりも .NET を愛する" というマントラの下,Mono はクロスプラットフォーム .NET 開発という約束を実現し続けている。最初は iOS と Android のネイティブサポート・ツールキットだった。そして今度は Android タブレットに,Silverlight 開発の世界を開こうとしている。

  • Silverlight 近況報告

    ブラウザ用 Silverlight は以前よりもよくなっている。静的型付け言語や JIT コンパイルのメリットを保ちつつ,HTML 5 に対するものと同じようなパフォーマンスの改善が得られているからだ。それなのになぜ,Microsoft は MIX で Silverlight に言及しようとしないのか?

  • MIX 2011 Keynote 2 ハイライト

    MIXの第2ラウンドは、Windows Phoneの次バージョンに重点をおいていた。Kinect for Windowsも紹介され、Silverlight 5は簡単に触れられた。

  • MIX 2011の予定

    MIX 2011ではHTML 5、Silverlight 5、そしてWindows Phone 7についての驚きの発表がありそうだ。Surface 2、ECMAScript 5、ウェブフォームの次のバージョン、Microsoft Media Platformについても新しい情報が得られる。

  • プラグイン vs HTML5についてのMicrosoftの立場

    Walid、Scott、Somaの3名の署名が入った発表でMicrosoftはプラグインとHTML5のようなウェブ標準の対立における同社の立ち位置を明確にした。彼らは少し謙遜しながら、HTML5のクロスプラットフォームの互換性の重要さが増している一方、さらにプラグインの開発を進めていくというバランスのとれたスタンスを示した。

  • Moonlightは、ビデオを直接GPU上で再生

    Moolightは、GPUによる加速ビデオ再生をサポートするように改善強化された。 Silverlight 5も同じことを計画しているが、他のフィーチャも付く。

  • Native Extensionsは、SilverlightとWPFの境界をあいまいにする

    Silverlightのインスタンスでは、「ブラウザ外実行」でCOMオートメーションを使って、Windows 7の機能を利用することができるように設計されている。主な機能としては、次のものがあげられる(メッセージインターセプション、センサーAPI、 H.264ビデオエンコーディング、タスクバーエクステンション、スピーチAPI、ポータブルデバイスへのアクセス)

  • WinFormsの場合

    DevExpressは、2011年用のロードマップをリリースした時、WinFormsについては、ほとんど何も言わなかった。10年前の技術であり、基本的に開発元に捨てられているので、このことは、余り驚くことではない。しかし、面白いのは、多くのネガティブなフィードバックが返ってきていることである。DevExpressの顧客の多くは、WPFやSilverlightを自分たちの重要なアプリケーションの代替に使えるとは考えていない。

BT