BT

InfoQ ホームページ テスト に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • 冗長コードの検知と解析

    ソフトウェア開発のスコープが拡大するにつれて、冗長なコードのレイヤーが加わるのはとても容易である。GitHub上の複数の大規模なオープンソースを解析することにより、著者が行った解析を通じ、各プロジェクトが有する多くの冗長コードについての著者の発見を表明するとともに、プロジェクトのコード管理を改善可能ないくつかの推奨事項を共有する。

  • TDDはOCD(強迫性障害)の一種か?

    開発者が自分自身のコードのテストや相互テストを行なう機会が増えています。“評価不安”とは、セルフテストやチームテストによって直接影響を受けることで生み出される、一般的な心理学的症状です。TDDなどのプラクティスは、コーダを批評から保護するための防御メカニズムなのでしょうか。それに対して、振る舞い駆動開発(BDD)のようなメカニズムの台頭は、より感情的に平和なアプローチの出現を表すものなのでしょうか?

  • 効果的なテストの文化を創る

    誰しも開発したソフトウエアに自信を持ちたいと思っています。テストが重要なのはわかっているのですが、さまざまなテスト方法を学習するときの障害を克服した上で、自分たちの仕事に自信を持つことを妨げているのは何なのでしょうか。

  • ソフトウェア開発プロセスから無駄を省くための7つの方法

    約2年間、ソフトウエアベンダでリーンソフトウエア開発を実践し、段階的に7つの大きな変化を生み出すことでR&D部門のソフトウェア開発プロセスから無駄を削除しました。

  • 「ハードウェア性能を最大限に引き出すソフトウェア開発」に注力するインテル

    現在、組込システムやWeb/モバイルシステムの両方の開発分野では、ハードウェア性能を最大限に引き出すためのソフトウェア開発ソリューションが必要になってきている。そこで、インテルはソフトウェア開発に対する技術・ソリューションとして、2つの製品を開発者へ提供している。 1)IA搭載機器の開発に最適化された「インテル® System Studio 2014」 2)無料のモバイルアプリケーション開発環境「インテル® XDK」 その結果、製品を利用したソフトウェア開発者は、プロセッサーの性能を最大限に引き出し、さまざまなモバイルプラットフォームで動作するアプリケーションを容易に開発できるようになる。インタビューの中で、インテルが今後、組込システムとWeb/モバイルシステムの両方の開発分野において、テクノロジーとナレッジの両面からソフトウェア開発者をサポートする体制を整えつつあることがわかった。

  • Jepsen: PostgreSQL, Redis, MongDB および Riak の分割耐性をテストする

    そのシステムは、もし確実に運用されていたとしても、ノードまたはネットワークの障害に対しても頑健でなければならないが、なぜなら全てのシステムが我々が好むような安全な不変性を満たすとは限らないのである。この記事では、分散データベースの設計で考慮すべき事項、そしてそれらがどのようにネットワーク分割に対応しているのかについて調べてみよう。

  • メトリクス駆動開発

    この記事では著者が開発チームと共にメトリクスを使って開発を行った経験と考えたことを共有します。著者はメトリクスを使ってアプリケーション開発全体を駆動する、メトリクス駆動開発を提唱します。

  • バーチャルパネル: コードとテストの比率、TDD、BDD

    ここ数ヶ月、オンライン上でテストファースト vs テストラスト、コードとテストの比率、BDDは単なるTDDなのか、という話題が取り上げられています。InfoQはTDDとBDDの著名な専門家にTDD、BDD、テスト比率の使い方について話を聞きました。

  • 仮想パネル:最先端のJavaScriptユニットテスティング

    ユニットテストは、保守可能なコードを納品するために、一般的に認められたプラクティスである。これはJavaScriptのような動的言語には特に当てはまり、現在、いくつものフレームワークとライブラリがあり、チームはその中から選ぶことができる。InfoQはいくつかの主要なJavaScriptユニットテスティング フレームワークの作成者と彼らのプロジェクトと彼らが開発者に提供しているものについてQ&Aを行った。

  • Visual Studio 2010を利用したWebシステムの負荷テスト (後編)

    本記事の前編ではWebシステムにおける負荷テストの位置づけやVisual Studio 2010を利用した負荷テストの概要について解説を行った。後編となる今回はテストプロジェクトを構成するWebパフォーマンステストとロードテストについて掘り下げるとともに、Visual Studio 2010を利用した負荷テストにおいて是非知っておいて頂きたいポイントについても解説を行う

  • Visual Studio 2010を利用したWebシステムの負荷テスト (前編)

    Visual Studio 2010にはシステムの負荷テストに必要とされる機能が多く含まれており非常に有用である。本記事ではVisual Studio 2010における負荷テスト機能についての解説と共に2011年3月より提供が開始されたVisual Studio 2010 Load Test Feature Packについても解説を行いたい。

  • 新しいテスト専用ツールを活用したテスト プロセスの包括的な管理

    Visual Studio 2010 では様々な機能強化が見られるが、特にテストの強化が特徴的である。 特に Microsoft Test Manager と呼ばれる新しいテスト専用ツールを提供し、テストの���画、実行、管理、問題追跡といった一連のテスト プロセスを 1 つのツールでカバーすることができるようになる。 Test Manager を活用したテスト プロセスは、基本的に 4 つのフェーズに分けられる。 これらフェーズは順番通りに実施されるものではなく、必要に応じてさかのぼって実施されることもある。 ここではわかりやすく順を追って解説する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。