BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ アーティクル マインドマップ駆動テストでテスト戦略を強化する

マインドマップ駆動テストでテスト戦略を強化する

Lire ce contenu en français

ブックマーク

キーポイント

  • A mind map is the ultimate thinking tool that leverages the full potential of the brain. The usage of mind maps is not just limited to brainstorming and note-taking.
  • Traditional test documents are huge, time-consuming, lack the flexibility to changes, and limit agility. Testers create several such documents for the sake of it, without verifying if it truly adds value.
  • Mind maps act as lean test artifacts which reduce waste and trigger creative thoughts. Lean documents using mind maps are easy to create, update and review.
  • Mind maps can save a tremendous amount of time in documentation while enabling you to focus on what really matters: test idea generation and actual testing.
  • Mind map-driven testing leverages mind maps in different software testing activities.

原文(投稿日:2021/06/16)へのリンク

マインドマップとは何か?

マインドマップは視覚的な思考ツールです。マインドマップは、あなたの心の中で起こっていることを外部に反映します。それはあなたがあなたの思考過程を視覚化することを可能にします。マインドマップは、脳に最も効果的な学習手法です。

マインドマップは、情報を視覚的に整理するために使用される図です。マインドマップを使用すると、複雑な情報を簡略化された視覚的な形式で表示できます。すべてのマインドマップは、単一の概念に基づいて作成されます。概念は、中央に関連するアイデアが追加されたイメージとして表されます。主要なアイデアは中心的な概念に直接関連しており、他のアイデアはそれらから分岐します。

マインドマップの背後にある科学

イギリスの心理学者Tony Buzan氏は、1960年代にマインドマップを普及させました。ただし、マインドマップには非常に長い歴史があります。最も初期の既知のマインドマップは3世紀にまでさかのぼります。マインドマップは、何世紀にもわたっていくつかの天才によって使用されました。ルネッサンス時代、偉大な天才レオナルドダヴィンチはメモを取るためにマインドマップを使用したと思われます。ベートーベン、ニュートン、ダーウィン、ディズニーはすべて、学習を強化したり、自分の考えを表現したりするために、マインドマップまたはマインドマップのような構造を使用しています。これは疑問を投げかけます: マインドマップの何がそんなに特別なのでしょうか? これには、マインドマップの背後にある科学を理解する必要があります。

マインドマップの情報は、脳の機能を正確に反映しています。マインドマップの概念は、ラディアント (放射状に輝く) シンキングの原則に基づいています。この原則は、脳は輝いていて、私たちの脳は線や文ではなく、想像力や連想の観点から考えていると述べています。

1960年代に、Roger Sperry博士は、マインドマップが脳に最もよく機能する脳にやさしい/脳と互換性のある技術であることを確認する研究を行いました。Sperry博士は、脳の進化の部分である大脳皮質には、多くの知的スキルの原因となる2つの半球があることを発見しました。彼はそれらを皮質スキルと呼んだ。

Image credit 

調査によると、左半球が単語、数字、論理、分析に関与していることがわかりました。右半球は、色、空想、3D、リズム、想像力を担っていました。Sperry博士は、これらの皮質スキルを学習に統合することで、脳のパフォーマンスが向上することを発見しました。これらのスキルを互いに分離しておくことは、脳の潜在能力を最大限に活用することにはなりません。従来の学習方法では、単語、数字、日常、論理のみを使用するように制限されていました。マインドマップでは、これらの皮質スキルを多く使用しているため、効果的な学習テクニックになっています。

なぜテストでマインドマップを使用するのか?

マインドマップの使用法は、メモを取ることやブレーンストーミングだけに限定されません。スイスアーミーナイフのように、マインドマップは多目的に使用でき、日常の世界で直面するさまざまな問題を解決します。ソフトウェアテストコミュニティは、非常に長い間マインドマップを使用してきました。私は、ソフトウェアテストでマインドマップを採用する多くのテスターの1人です。学校に通っていたときに初めてマインドマップを描きました。それ以来、マインドマップは私の人生の不可欠な部分となっています。

テスタとしてのキャリア初期の頃、私はソフトウェアテストでマインドマップを使用するさまざまな方法を試しました。長いテストプランのかわりに、マインドマップの作成を始めました。ソフトウェアテストはテストアイデアの生成がすべてであり、マインドマップはアイデアを生成するための完璧なツールであることに気づきました。マインドマップにより、アイデアを効果的に計画、整理、提示することができました。できるだけ早く開発に関するフィードバックを提供する方法を見つけたかったのです。

マインドマップの使用法を拡張して、探索的テストを記録しました。マインドマップの放射状の構造は、私の創造性を解き放ち、テスト中に全体像を見ることができました。マインドマップの最終バージョンをレポートとして開発者や利害関係者と共有し始めました。フィーチャーカバレッジ、実行されたテストケース、およびそれらの結果などのすべての重要な情報が1ページに表示され、テストレポートにかかる時間を節約できました。より多くの読者が究極の思考ツールからメリットを得ることができるように、私はマインドマップについての私の考えと知識を共有したかったのです。そのため、私はこのアイデアをConTest-21や他のいくつかのカンファレンスで発表してきました。

従来のテストドキュメントの課題は何か?

従来のテストドキュメントは時間がかかり、かさばります。長い標準化されたドキュメントの作成に多くの時間を費やしているにもかかわらず、それらはほとんど読まれたりレビューされることはありません。アジャイル環境で作業する場合、私たちは変更を受け入れますが、これらのドキュメントは、その構造が変更に柔軟ではないため、アジャイルであることが制限される場合があります。最近、私たちテスターは高度に圧縮されたテスト実行サイクルで作業しています。ドキュメントに多くの時間を費やすと、実際のテストを実行する時間が最小限に抑えられる可能性があります。

ドキュメントは、誰かが読んだときにのみ役立ちます。長い線形スタイルのドキュメントは頭の中で退屈であり、レビューが困難です。従来のドキュメントの構造は変更に柔軟に対応できないため、頻繁に変更される場合に作成者が追加情報を追加、削除、または更新するのは面倒です。誰もドキュメントを読んだり、レビューしたり、更新したりしないと、ドキュメントはすぐに古くなり、価値を付加できなくなります。

私は文書化に反対していません。場合によっては、ドキュメントが必要です。たとえば、FDA (Healthcare) によるもの、または軍事用またはセーフティクリティカルなソフトウェア用です。そのためにドキュメントを作成することもありますが、それを避けて、より良い代替手段を見つける必要があります。

リーンドキュメントとしてのマインドマップ

従来のドキュメントとは異なり、マインドマップの構造は変更に対して柔軟です。変更があった場合は、ノードを追加するか、ノードを削除する必要があります。現代のマインドマップツールはそれを簡単にします。

マインドマップを使用すると、コンテンツを俯瞰でき、必要な変更を簡単かつ迅速に見つけることができます。更新、確認、保守が簡単になります。最新のマインドマップツールにはバージョン管理機能が付属しており、同じマインドマップの異なるバージョンでの変更を比較できます。

マインドマップでは長い文や段落を使用していません。アイデアは、キーワードを使用するか、最小限のテキストアプローチで表されます。これにより、マインドマップが軽量で吸収されやすくなります。

リーン原則は、顧客に付加価値をもたらさないものを排除することについて話します。マインドマップは、(文書から) 無駄を排除し、本当に重要な (テスト) ことに集中するのに役立ちます。さらに、無駄を減らしながら学習を増幅します。マインドマップの最良の部分は、それらを描くときに、より多くのアイデアを生み出すことです。マインドマップ技術がIJSRPの科学教育の概念を理解するのにどのように役立つかについての包括的な研究は、マインドマップがアイデアと議論の要素との関係を探求し、問題の解決策を生み出すために、より明確に考えるのに役立つことを示しています。

100ページのテストプラン (おそらく誰も読まない) を作成するかわりに、1ページのマインドマップを作成します。シンプルで読みやすく保守が容易なテストプランは、100ページのテストプランよりもはるかに優れています。過剰なテスト計画は、誰もがすべての詳細を把握することを困難にします。注意スパンは、企業のはしごの高さとともに指数関数的に減少します。テスト計画は、リーダが確認して同様のフィードバックを与える時間だけの違いになります。

従来の文書 - テスト計画

改善された代替 - 1ページのテスト計画

マインドマップ駆動テスト

ソフトウェアテストは創造的な活動であり、マインドマップは創造性を解き放つのに最適です。テストアイデアの生成はソフトウェアテストの基礎であり、マインドマップはアイデアのブレインストーミングと整理に最適なツールです。マインドマップ駆動のテストとは、テストの計画からテストの実行まで、さまざまなソフトウェアテストアクティビティでマインドマップを活用することです。

テスト戦略、目的、スケジュール、見積り、成果物、およびテストの実行に必要なリソースを説明するマインドマップを使用したテスト計画の例

以下は、探索的テストでマインドマップを使用する例です。私は新しく開発された機能をテストしていました。その時一人のテスタとして働いていました。このマインドマップを使用して、アイデアのブレインストーミング、テストの実行、問題や質問の一覧表示を行いました。後で、テストレポートに同じマインドマップを使用しました。開発者と利害関係者はこのアイデアを気に入りました。マインドマップの図を、誰もが理解できるようにエグゼクティブサマリーと一緒にメールで共有しました。アジャイルの成功は、迅速かつ拙速なフィードバックに大きく依存します。ここでの意図は、最近開発された機能についての迅速なフィードバックを提供することでした。広範なテストケース、バグレポートの作成、またはテストレポートの作成に時間を費やしませんでした。私の全体的な焦点は、ドキュメントではなく、テストアイデアの生成とテストにありました。このアプローチを使用すると、テストドキュメントの時間を大幅に節約できます。

以下は、テストのアイデアを生成するための協調的なマインドマップの例です。私のチームと私は、回帰テストのためにこのマインドマップに協力して取り組みました (ほとんどのマインドマップツールがこの機能を提供します)。主要な機能のテストアイデアをカバーするマインドマップを作成しました。私のチームは、さらに多くのテストアイデアを分岐させることにより、マインドマップを拡張し始めました。バグを発見した独自のシナリオを見つけたとき、私たちは新しいノードを追加し続けました。

よいマインドマップの作り方

Tony Buzan氏によって普及したベストプラクティスに従うことを強くお勧めします。次のベストプラクティスに従うようにしてください -

1. ページの中心から開始する

なぜ? なぜなら、中心から始めることで、あらゆる方向に広がり、より自由かつ自然にそれ自身を表現する自由が脳に得られるからです。

2. 中心となるアイデアに画像や写真を使用する

なぜ? 中心の画像はより興味深く、集中力を維持し、集中力を高め、脳をより活気づけます! 中心の画像を手描きまたはパーソナライズすると、マインドマップの情報を記憶するのに役立ちます。

3. すべての色を使う

なぜ? 色は画像と同じくらいあなたの脳にとって刺激的だからです。色はあなたのマインドマップに活気と生命を追加し、あなたの創造的思考に途方もないエネルギーを追加し、そして楽しいです! 色は想像力を解き放ち、精神的な近道を導き出します。

4. メインブランチを中心のイメージに接続し、2番目と3番目のレベルのブランチを1番目と2番目のレベルに接続する

なぜ? 脳は連想によって機能するからです。2つ (または3つ、または4つ) のものをリンクするのが好きです。ブランチを接続すると、より簡単に理解して覚えることができます。

5. ブランチを直線ではなくカーブにする

なぜ? 直線しかないのは脳が退屈するからです。カーブは視覚的なリズムを与え、マインドマップを見やすくするだけでなく、脳の働きを良くします。

6. 1行に1つのキーワードを使用する

なぜ? 単一のキーワードがマインドマップにより多くの力と柔軟性を与えるからです。これは、長い行や文章が思考を制限するためです。キーワードは、大量の情報を吸収し、より多くの関連付けをトリガするのに役立ちます。

7. 全体を通して画像を使用する

なぜ? なぜなら、中心の画像と同様に、各画像も千の言葉の価値があるからです。したがって、マインドマップに10枚の画像しかない場合、それはすでに10,000語のメモに相当します!

画像提供: Wikipedia.org

私たちの多くは、マインドマップの可能性を最大限に活用できていません。マインドマップは、単なるテキストを含む単なる木のような構造ではありません。平文は脳にとって退屈です。マインドマップには、脳全体を刺激するために色、画像、数字、コード、カーブのブランチ、およびキーワードを含める必要があります。マインドマップが大きくなりすぎている場合は、それらをいくつかの小さなリンクされたマインドマップに分割することを検討してください。

結論

マインドマップ駆動のテストを採用することで、次のようないくつかの利点があります -

  • マインドマップ駆動テストにより、テスタは包括的な形式のテストドキュメントを防止し、テストアイデアの生成に集中できます。
  • マインドマッピング駆動のテストは、思考をあきらかにします。それはアイデアを効果的にブレインストーミングして整理することを可能にします。
  • リーンテストアーティファクトは、開発者や利害関係者に迅速なフィードバックを提供するのに役立ちます。これにより、高品質を確保しながら、ソフトウェアの市場投入までの時間を短縮できます。

従来のテストや文書化の方法にマインドマップを採用すると、以下の課題に直面するかもしれません -

  • 多くの場合、組織やリーダは、マインドマップを使用するという根本的な変更を受け入れません。これは、テスタを落胆させるかもしれません。
  • リーダは、このアプローチについての認識が不足しており、それがビジネスにどのように影響するかを懸念しているため、変更に抵抗するかもしれません。
  • 現在、すべてのマインドマップツールは汎用であり、ソフトウェアテストやテストケース管理のためには設計されていません。したがって、マインドマップを使用してスクリプト化されたテストを置き換えるのは簡単ではないかもしれません。しかし、探索的テストではうまく調和します。

この移行の最初のステップは、アイデアをチームと共有し、チームのフィードバックを得ることです。チームメンバがあなたの味方になり、マインドマップ駆動のテストを採用したら、リーダにこのアプローチを採用するように影響を与えることができます。重要なのは、彼らを教育し、このアプローチから得られる価値を実証することです。インクリメンタルアプローチを取り、概念実証 (POC) を設定し、マインドマップ駆動型テストがコンテキストで機能するかどうかを判断します。

著者について

Prashant Hegde氏は情熱的なテスタです。彼は多くの組織でテストチームを成功に導き、アプリケーション品質プロセスの改善を支援してきました。Hegde氏は現在、MoEngageのQAチームを率いています。MoEngageは、モバイルエンゲージメント市場のリーダであり、アジア、ヨーロッパ、および米国で存在感を示しています。Hegde氏は、ブログを書いたり、世界中のアジャイルコミュニティに参加したりして、自分の経験を共有することを楽しんでいます。彼は最近、ConTEST 2021でマインドマップ駆動のテストについて話している業界カンファレンスで頻繁に講演を行っています。Twitter: @Praz_hegdeLinkedInWebサイト

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。