BT

InfoQ ホームページ テスト に関するすべてのコンテンツ

  • テストツアーのペアリングと学習で学んだこと

    チーム唯一のテスタ(solo tester)であるParveen Khan氏は、他のテスタや開発者たちとリモートでペアを組んでトピックを調査するという、テストツアーを行うことにした。このツアーは氏にとって、パフォーマンステスト、ALとML、可観測性、スケッチノーティング(Sketchnoting)といったテストトピックを探求する、学びのテスト体験になった。これらのセッションを行う中で、ペアリングや共有が自分自身の成長に有益なものであることも経験した。

  • 新しいChrome拡張機能で、C++ソースファイルをステップ実行してコンパイル済みWasmコードをデバッグ

    Googleは最近、WebAssemblyファイルのデバッグに関して開発者エクスペリエンスを向上させるためにChrome DevToolsチームが行ったことの進捗状況を発表した。新しい拡張機能(ベータ版)を使用すると、開発者はオリジナルのソースコードをステップ実行することで、WebAssemblyにコンパイルされたCおよびC++アプリをデバッグできる。

  • GoogleがPython用ファジーテストツールAtherisをオープンソースとして公開

    Googleは先頃、Python用の新しいファジーテストエンジンをオープンソースとして公開すると発表した。新たなファザー(fuzzer)のAtherisは、Pythonコードとネイティブエクステンション内のバグを検出する。メモリ破壊バグや未定義動作(バッファオーバーフロー、ポインタのアライメント不正、nullポインタなど)の検出ツールであるAddress SanitizerやUndefined Behavior Sanitizerと組み合わせて使用することも可能だ。

  • 確率論的データサイエンスモデルのテストから学んだこと

    データサイエンスモデルは統計的なブラックボックスだ — そのテストには、アルゴリズムや乱数性、統計学といった数学的テクニックの理解が必要になる。データサイエンスモデルの検証で有効なのは、しきい値を用いた出力差異の処理だ。

  • マイクロサービスでのエンドツーエンドテストの課題

    マイクロサービスは、エンドツーエンドの責務を持って自動化されたCI/CDパイプラインを運用する、独立したチームに適している。一方で、エンドツーエンドのテストによるソフトウェアの品質保証は、ソフトウェアコンポーネントの迅速な統合とリリースに相反する場合もある。エンドツーエンドのテストがフェールすると、その原因となった問題が解決されるまで、関連するすべてのマイクロサービスのCI/CDパイプラインがブロックされることになるからだ。

  • 2021 State of Testing Survey - 参加者募集

    2021 State of Testingサーベイの目的は、テスト業務の発展状況に関する洞察を提供し、テストプラクティスの採用やテストに関するトレンドを理解することにある。サーベイは12月を通して実施される。

  • .NETのOverOps: Tal Weiss氏とのQ&A

    2020年1月、OverOpsは、.NETエコシステムへのサポートを拡大すると発表した。OverOpsは、開発者が実行時にコードを分析および最適化できるようにする継続的な信頼性プラットフォームだ。InfoQは、OverOpsの共同創設者、CEO、およびCTOであるTal Weiss氏に、エンジニアがOverOpsを使用することでどのように利点を得ることができるか、および.NETのプロダクションデバッグプロセスを自動化する将来についてインタビューした。

  • 機械学習によるテスト失敗の予測

    機械学習を使用して、コードの変更に対するテストの動作を予測できる。これらの予測は、チェックイン時に情報を提供することで、開発者へのフィードバック時間を短縮する。Marco Achtziger氏とDr. Gregor Endler氏は、OOP 2020で失敗から学ぶために機械学習をどのように使用しているかを発表した。

  • zero-bugポリシを実践する - Redgateの例

    zero-bugポリシは単純だが効果的なバグ管理システムだ。数か月、時には数年前のバグに埋もれてしまう事態を回避する上で、有効に機能する。修正の必要があると合意した重要なバグは即座に修正し、そうでないバグは修正せずにクローズするのだ。Tom Walsh氏はLean Agile Exchange 2020で、氏の属するRedgate Softwareにおいてzero-bugポリシを適用した方法について講演した。

  • テスト自動化ツールのPlaywrightでインタラクションスクリプトの記録と再生、テストビデオのキャプチャが可能に

    新たにリリースされたPlaywright 1.4で注目される改良点は、ブラウザ不問のテスト自動化ツールだ。公開されているPlaywrightコマンドラインインターフェースを使うことで、開発者やテスタは、ユーザのインタラクションを記録して自動生成されるPlaywrightスクリプトを使ってその操作を再現できる。ページのスクリーンショットの生成、Playwrightセレクタの検査、テストスクリプトのビデオ録画などを行うことも可能だ。

  • CircleCIがAPIバージョン2をリリースし、Insightsエンドポイントを改善

    CircleCIは、そのAPIのバージョン2リリースでインサイトエンドポイントの安定性が向上した。インサイトエンドポイントを使用すると、ジョブとワークフローのステータスを追跡し、ジョブの期間を監視し、リソース消費を最適化する可能性を調査できる。

  • AirbnbがReact Testing LibraryであるEnzymeの所有権を譲渡

    Airbnbは、ReactテストライブラリであるEnzymeの所有権を、新しい組織であるenzymejs GitHubに譲渡した。Airbnbは引き続きEnzymeを使用し、貢献する予定である。

  • Chrome 83 DevToolsでは視覚障害とロケールをエミュレート

    今後、Chrome83リリースではDevToolsに対する重要な更新がある。例えば、視覚障害とユーザロケールのエミュレーション、クロスオリジンオープナーポリシー(COOP)デバッグ、クロスオリジンエンベッダーポリシー(COEP)デバッグ、Cookieパスのネットワークリクエストフィルタリングである。

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

  • レポートでテスト自動化に対するVisual AIの影響を検証

    101か国の288人の品質エンジニアからの経験的データは、テスト自動化の分野におけるVisual AIの利点を示すレポートの裏付けとなる洞察と信頼性を示している。このレポートは、Visual AIを使用した機能テストツールとビジュアルテストツールを販売しているApplitoolsからのものである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。