BT

InfoQ ホームページ テスト に関するすべてのコンテンツ

  • Chrome 83 DevToolsでは視覚障害とロケールをエミュレート

    今後、Chrome83リリースではDevToolsに対する重要な更新がある。例えば、視覚障害とユーザロケールのエミュレーション、クロスオリジンオープナーポリシー(COOP)デバッグ、クロスオリジンエンベッダーポリシー(COEP)デバッグ、Cookieパスのネットワークリクエストフィルタリングである。

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

  • レポートでテスト自動化に対するVisual AIの影響を検証

    101か国の288人の品質エンジニアからの経験的データは、テスト自動化の分野におけるVisual AIの利点を示すレポートの裏付けとなる洞察と信頼性を示している。このレポートは、Visual AIを使用した機能テストツールとビジュアルテストツールを販売しているApplitoolsからのものである。

  • Cypress 5.xがテストの再試行とシャドウDOMサポートを追加

    ブラウザベースのテストランナーおよびダッシュボードであるCypressは、最近、Cypress5.0リリースでテスト再試行のネイティブサポートを導入した。これにより、開発者は断続的なテストエラー発生を回避できる。その他、最近、Cypressは進化しており、ネットワーキングのスタブとシャドウDOMをサポートしている。

  • Chromium、Firefox、WebKitベースのブラウザを自動化するPlaywright 1.0がリリース

    Playwright 1.0がリリースされた。Chromium、Firefox、WebKitといったブラウザエンジンをベースとする全ブラウザで、その自動化をサポートする。

  • ミューテーションテストの紹介 - Dave Aronson氏のJSConf Hawaiiでの講演より

    Dave Aronson氏はJSConf Hawaii 2020で、ミューテーション(mutation)テストを紹介した。ミューテーションテストの背景となる論拠、メリット、デメリットと落とし穴、その内部構造といった内容だ。

  • New LiveRecorder for Java Enables Software Failure Replay

    LiveRecorder for Javaは、新たにリリースされたソフトウェア障害再生アプリケーションだ。これにより、開発者はアプリケーションの障害を記録し、IntelliJ で再生して障害の原因を見つけられる。特に間欠的故障を伴うデバッグ時間の短縮に役立つ。

  • eBay Denmarkにおけるソフトウェア品質保証の取り組み

    品質とは、単に運用環境へバグを流出させないということだけではない。その他にも多くのことがある。品質とは、プロダクトがユーザフレンドリで、アクセスや利用が容易で、高いパフォーマンスと短いロード時間を実現していることだ。コードが安定していて、メンテナンスが容易なことも必要だ。Jette Pedersen氏はSwiss Testing Day 2020で、優れた品質のプロダクトを実現する方法について講演した。

  • AjvがOpenJS Foundationに参加

    サーバとクライアント両方のJavaScriptアプリケーションで利用可能なJSONスキーマバリデータのAvjが、OpenJS Foundationに参加することになった。先頃MozillaのOpen Source Support (MOSS)プログラムから助成金を受けたAjvは、これによってOpenJSのインフラストラクチャおよび組織による支援も受けて、コントリビュータ数の拡大、より迅速かつ広範な企業への採用というメリットを享受することが可能になる。

  • オープンソースになったGitHub OpenAPI仕様 (ベータ)

    GitHubは、GitHub APIのOpenAPI記述をオープンソース化している。開発者が直接API機能を発見できるようにすることを目的としたGitHub OpenAPIは、モックサーバ、テストスイート、および言語バインディングのプログラムによる作成も可能にする。

  • Storybookリリース6.0 ライブ編集、Storybook Composition、ゼロ構成を備えたUIコンポーネントエクスプローラー

    Storybookチームは先頃、Storybookのメジャーバージョン 6をリリースした。Storybook 6.0は、構成不要のセットアップ、コンポーネント例のライブ編集を備え、同じコンポーネントエクスプローラーウィンドウで複数のStorybookの視覚化をサポートする(構成機能)。

  • Brenda - AIのチームメンバ

    Brendaは、マシンラーニングした人工知能を使用して、インフラストラクチャの監視、品質保証チェックとトラブルシュートのサポート、警告の処理と重大な問題の通知、自動修復を行うシステムだ。SwisscomのSree Rama Murthy Pakkala氏とCollin Mendons氏は、Swiss Testing Day 2020で、自社の品質向上を支援するBrendaという名のAI/MLフレームワークについて講演する予定である。

  • OverOpsが第2回の年次DevOps調査結果をリリース

    継続的信頼性(continuous reliability)プラットフォームベンダのOverOpsは、先日実施した調査の結果から、DevOps向け投資活動の中において、企業が最も多くの投資を行っているのが、ソフトウェア開発の定常的フローの実現を目的としたものであることを確認した。調査では、エンジニアリングチームが最先端のテクノロジやプラクティスを支持する中で、特に自動コード分析の採用が増えていることも明らかになっている。

  • AWSがAmazon CodeGuruの一般提供発表

    最近AWSは、機械学習を利用した開発者向けツールであるAmazon CodeGuruの一般提供を発表した。 コードの品質を改善し、アプリケーションの最も高価なコード行を識別するためのインテリジェントなリコメンドを提供する。

  • WebAssemblyでホットリローディング、リモートデバッグ、統一的なハードウェアアクセスを実現する

    先頃発表されたWARDuinoは、マイクロコントローラをターゲットにしたWebAssemblyの拡張である。ライブコードアップデート、リモートデバッグ、マイクロコントローラのハードウェアモジュールへのアクセスといった機能を加えることにより、開発上の一般的な問題に対処する。WARDuinoの仮想マシンは、一部のベンチマークにおいて、Espruino(一般的なマイクロコントローラ用JavaScriptインタプリタ)の5倍の速度で動作している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。