BT

InfoQ ホームページ テスト に関するすべてのコンテンツ

  • 手動回帰テストマニフェスト

    回帰テストを自動化することは必ずしも最適解ではない。2018 fall Online Testing Conferenceで、Brendan Connolly氏はこう主張した。彼は「手動回帰テストマニフェスト」を発表し、それを使うことで、機能テストと回帰テストを区別し、テストを自動化するかどうか決める方法を紹介した。

  • TDDの5つの前提 - GeePaw Hill氏に聞く

    TDDは単なるテクニックではない、プログラミング全般のスタイルであり、関連する行動や考え方の統合システムである。TDDの5つの前提は、我々が活動するリングを提供する。それらはTDDを行うものが呼吸する大気なのだ。

  • ConcouseCIによるテスト駆動コンテナ化ビルドパイプライン

    ThoughtWorksの主任開発者のひとりが、同社のあるクライアントでビルドパイプラインを書き換えた際の、自身のチームの経験談を公開している。チームは、コンフィギュレーション・アズ・コード、パイプライン駆動デリバリ、コンテナのサポート、システムの可視性といった点を重視して、JenkinsからConcourseCIへのスイッチを行った。

  • エンジニアのためのDevOpsにおけるテストについて、Katrina Clokie氏とのQ&A

    ウェリントンで開催されたDevOpsDays NZは、エンジニアがDevOpsで活用できるテストスキルと強大な力に関するKatrina Clokie氏のキーノートで幕を閉じた。 『A Practical Guide to Testing in DevOps』の著者が、テスト現場��見てきた変化と、これがDevOps原則を受け入れる動きにどう影響するのかをInfoQに語った。

  • 継続的デリバリーはテストにどんな影響を及ぼすか

    継続的デリバリーでは、コードを書きながら品質に重点を置く必要がある。全てのチームにテスターがいるわけではないが、もしいるなら開発者と密に仕事をして、開発者がユニットテストを作成するのを手助けしながら、ユニットテストでカバーできない少数のテストを自動化するコードを書くことになる。

  • MesaグラフィクスライブラリのためのIntelの継続的インテグレーション

    Mesa CIは、Mesaグラフィックスライブラリのビルドおよびコンプライアンス・テストスイートを実行するためのIntelの継続的インテグレーションシステムだ。200を超えるシステムで動作し、1日に数千万のテストを実行している。

  • 複数チームによるテスト自動化ソリューションを構築する

    自動テストを備えた堅固なテストフレームワークは、リリースの信頼性向上を可能にする。フレームワークのクロスチームペアリングにより、リリース当初からの品質確保が可能になった。チームの結束力が向上し、テスト自動化に関する担当者のスキル向上も実現できた。

  • WebhintオープンソースLintingツール

    webhintプロジェクトは、アクセシビリティ、パフォーマンス、およびセキュリティに関する問題をチェックするためのオープンソースのlintingツールを提供する。 WebサイトやWebアプリの作成には、詳細まで完璧なものが増えている。webhintは、開発者がこれらの詳細を覚えておくのに役立つ。

  • 可観測性のメリットと課題と議論するo11ycon

    新たに開催されるo11yconカンファレンスは、ソフトウェアおよびシステムが期待通りに機能しているかどうかを理解し、問題の診断と解決策の特定を可能にする、可観測性という新たなコンセプトに対する包括的視野を提供する。

  • 人工知能でソフトウェアをテストする

    コンピュータビジョンアルゴリズムと現代の人工知能(AI)技術の適用が進歩し、ビジュアルテストを書くことは現実的になった。テストでAIを使えば、自律テストは可能になる。退屈で機械的なタスクはAIに任せて、テスタは考えることができる。

  • Facebook Sonarは、モバイルアプリ向けの可視化されたインタラクティブなデバッグツール

    Facebook Sonarはオープンソースのツールセットである。開発者が、視覚的にインタラクティブで拡張可能な方法で、iOSとAndroidアプリの構造と動作を検査し理解することの支援を目的としている。

  • DevOps考古学でプロダクションを理解する

    Continuous Lifecycle Londonで、Lee Fox氏は、今日の複雑なシステムとインフラを理解するのに役立つツールと手法について語った。彼はこれをDevOps考古学と呼んでいる。

  • Ron Jeffriesが、開発者は"Agile"を捨てるべきと発言

    Extreme Programming (XP)の著者、講演者、考案者の一人であり、2001年のアジャイルマニフェスト(アジャイルソフトウェア開発宣言)の署名者の一人でもあるRon Jeffries氏は、開発者は"Agile"を捨てるべきと主張した自身のブログ記事をシェアした。記事ではさらに、開発者は"ニセアジャイル"や"ダークアジャイル"の形式から離れ、マニフェストの価値や原則に近付くべきだと述べている。

  • Appraiseでビジュアルテストを自動化する

    ルックアンドフィールが成功の鍵を握るアプリケーションの開発においては、自動化されたビジュアルテストが有効な場合がある。GitHub上でMITライセンスで公開されているオープンソースツールのAppraiseは、“例示による仕様”というアプローチを採用することにより、視覚検査によってWebページの変更を検証し、承認する作業を支援する。

  • 10年目を迎えたBDDツールCucumber - 作者のAslak Hellesøy氏に聞く

    Cucumberは不明確な要件や誤解を克服する手段として開発された。もしもCucumberがテストツールだと考えているのならば、それは誤りだ — 2008年にCucumberを開発したAslak Hellesøy氏は数年前、このように述べていた。InfoQとのインタビューで氏は、振る舞い駆動開発(BDD)とCucumberを使用した自身の経験と、10年目を迎えた同ツールの今後について説明してくれた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。