BT

InfoQ ホームページ テスト に関するすべてのコンテンツ

  • GitHub Actions APIがパブリックベータ版としてリリース

    GitHubは、Actions APIのパブリックベータ版のリリースを発表した。Actions APIを使えば、REST APIを通じてGitHub Actionsを管理することができる。APIの公開するエンドポイントで、アーティファクト、シークレット、ランナー、ワークフローの管理が可能だ。

  • eBayのUIテスト自動化を支えるFlutter Golden Tests

    UIテストを自動化して、アプリケーションの視覚的外観がすべてのサポート対象のデバイスやフォームファクタ上で適切であることを保証するというのは、一般的に困難な作業である。この作業の簡略化に、Flutter golden testsが一役買ってくれるかも知れない。MotorsアプリのUIスクリーンショットテストに対するeBayのアプローチがそれを示している。

  • チームをデバッグするには: QCon London Q&A

    Lisa van Gelder氏はQCon London 2020で講演でチームのデバッグ方法(debug your team)について講演し、チームのデリバリペースに関する問題を診断し、対処するためのツールキットを提供した。"問題なのは、チームが専門性、自律性、目的性、心理的安全性を持っているかどうかです"、と氏は言う。チームから賛同を得られる方法でチームを変革するために、氏はそのツールキットを使用している。

  • 純粋関数のプロパティを記述するには - John Hughes氏のLambda Days 2020での講演より

    HaskellとQuickcheckの共同設計者のひとりであるJohn Hughes氏が、先日のLamdba Days 2020で、プロパティ(property/特性)ベースのテストについて論じた。講演の中で氏は、プロパティを導入するための5つの戦略を紹介し、それぞれの効率性を比較した上で、結論としてメタモルフィック(Metamorphic)プロパティとモデルベースプロパティが高い効率性を見せたことを報告した。

  • リモートモブテストを成功させるには

    リモートモブテストは実現可能だ。しかしそれには、適切なコミュニケーション技術と、全員を参加させるモデレータが必要であると同時に、リモートとローカルの間でドライバを頻繁に交代しなければならない。

  • Live Recorder: 非決定的データのキャプチャとリプレイを使用したC++、Rust、Goのデバッグ

    今年初めにUndoチームは、C、C++、Goアプリケーションを対象として、デバッグ目的で実行されたアプリケーション内のすべての非決定的データのキャプチャを可能にする、同社の”ソフトウェア・フライトレコーダ・テクノロジ”であるLive Recorder 5をリリースした。バグの調査および修正作業では、生成された記録によってその時間内のイベントの再生、後退、前進をサポートする。

  • Amazonの認証を��得したSyntiant Neural Decision Processors(NDP)により、低消費電力デバイスでのAlexa使用が可能に

    Syntiant NDPは、TensorFlowニューラルネットワーク実行に特化したカスタムビルドチップだ。Alexa対応デバイスを含む、さまざまな音声およびオーディオ対応デバイスに組み込むことができる。

  • WebAssemblyソースコードがGDB、LLDBを使ってブラウザ外でデバッグ可能に

    Mozillaは先頃、GDBやLLDBなど標準的なデバッガを使用して、ブラウザ外でWebAssemblyバイナリをデバッグするデモを行った。本番環境で使用されるのと同じ実行環境でWebAssemblyコードをデバッグすることで、同じコードのネイティブビルドでは発生しない可能性のあるバグを捕捉し、診断することができる。

  • WebAssemblyを使用して、Google Earthをブラウザへ移植

    Google Earthチームは先頃、Google EarthのWebAssembly移植版のベータプレビュー版をリリースした。新たな移植版は、Chromeの他、Edge(Canaryバージョン)やOperaなどChromiumベースのブラウザ、およびFirefoxで実行することができる。つまりこの移植版は、既存のEarth For Webバージョンに、ネイティブなC++コードベースとChromeのNative Clinet(NaCl)テクノロジを使用したブラウザを対象とした、クロスブラウザなサポートを提供するものだ。

  • 品質と文化:別の分野、業界からの学び

    航空や医療といった別の業界について学び、別の分野を研究することで得られるものがある、とPoppuloのソフトウェアテスターであるConor Fitzgerald氏はRebelCon.io 2019で語った。航空には失敗から継続的に学ぶ歴史がある一方、医療では文化とバイアスが、学びと継続的な改善の障壁であるように思われる。

  • Smashtest - スピードに特化した新たなWebアプリテスト用DSL

    Peter Tesler氏は先頃、テストケースを記述し、デプロイするための新たなドメイン固有言語であるSmashtestの、最初のメジャーリリースを発表した。Smashtestでは、開発者が繰り返し実行するテスト作業を言語で簡潔に表現することによる、テスタの生産性向上に重点を置いている。今回のリリースには、テストを並行して実行できるテストランナーやREPLも含まれる。

  • リスクベーステストのアジャイルチームへの導入 - ”コーディング以前のテスト”を考える

    リスクベースのテストは、デリバリされるストーリの品質を向上し、システムテスタがスクラムチームの一員になることを支援する — Evosoft Hungary Kftの製品エキスパートであるCsaba Szökőcs氏は、TestCon Moscow 2019でこのように述べて、旧来のリスクベースのテストをスプリントの一部として取り入れ、その完了状態を定義することによって、自分たちのアジャイル実践に適合させた方法について説明した。

  • LitmusフレームワークによるKubernetesのカオスエンジニアリング

    Litmusは、ステートフルなアプリケーションを実行するKubernetes環境のための、オープンソースのカオスエンジニアリングフレームワークだ。MayaDataの開発したこのフレームワークは、テストスイートの実行、ログのキャプチャ、レポートの生成、カオステストの実行を可能にする。

  • 成長組織におけるQAチーム構築から学んだこと

    テストチームを改革することによって、チーム全体の緊密化、学習の短期間化、コラボレーション向上を達成することができると、InfiumのQAチームリーダのNeven Matas氏は主張する。氏はTestCon Moscow 2019で講演し、成長組織におけるQAチーム構築から自身が学んだ教訓を公開した。

  • 目的を特定した人間中心のデザイン - Mileha Soneji氏に聞く

    ユーザを観察してユーザニーズを理解することは、解決すべき問題の明確化に有効だ、とMileha Soneji氏は主張する。ACE Conference 2019で氏が行った講演では、実用最小限のプロトタイプによる人間中心の設計が、より優れた洞察をより早く得る上で有用であること、問題をより小さな問題に分解することで、より単純な解決策を提案できること、などが示された。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。