BT

InfoQ ホームページ テスト に関するすべてのコンテンツ

  • Smashtest - スピードに特化した新たなWebアプリテスト用DSL

    Peter Tesler氏は先頃、テストケースを記述し、デプロイするための新たなドメイン固有言語であるSmashtestの、最初のメジャーリリースを発表した。Smashtestでは、開発者が繰り返し実行するテスト作業を言語で簡潔に表現することによる、テスタの生産性向上に重点を置いている。今回のリリースには、テストを並行して実行できるテストランナーやREPLも含まれる。

  • リスクベーステストのアジャイルチームへの導入 - ”コーディング以前のテスト”を考える

    リスクベースのテストは、デリバリされるストーリの品質を向上し、システムテスタがスクラムチームの一員になることを支援する — Evosoft Hungary Kftの製品エキスパートであるCsaba Szökőcs氏は、TestCon Moscow 2019でこのように述べて、旧来のリスクベースのテストをスプリントの一部として取り入れ、その完了状態を定義することによって、自分たちのアジャイル実践に適合させた方法について説明した。

  • LitmusフレームワークによるKubernetesのカオスエンジニアリング

    Litmusは、ステートフルなアプリケーションを実行するKubernetes環境のための、オープンソースのカオスエンジニアリングフレームワークだ。MayaDataの開発したこのフレームワークは、テストスイートの実行、ログのキャプチャ、レポートの生成、カオステストの実行を可能にする。

  • 成長組織におけるQAチーム構築から学んだこと

    テストチームを改革することによって、チーム全体の緊密化、学習の短期間化、コラボレーション向上を達成することができると、InfiumのQAチームリーダのNeven Matas氏は主張する。氏はTestCon Moscow 2019で講演し、成長組織におけるQAチーム構築から自身が学んだ教訓を公開した。

  • 目的を特定した人間中心のデザイン - Mileha Soneji氏に聞く

    ユーザを観察してユーザニーズを理解することは、解決すべき問題の明確化に有効だ、とMileha Soneji氏は主張する。ACE Conference 2019で氏が行った講演では、実用最小限のプロトタイプによる人間中心の設計が、より優れた洞察をより早く得る上で有用であること、問題をより小さな問題に分解することで、より単純な解決策を提案できること、などが示された。

  • IoTセマンティクステストのためのオープンソースのテストウェア: Eclipse IoT-Testware

    プロジェクトEclipse IoT-Testwareは、モノのインターネット(IoT)ソリューションを開発する業界と企業向けに、オープンソースのテストツールとプログラムを無償で提供している。TestCon Moscow 2019では、Fraunhofer FOKUSのシニアサイエンティストであるAxel Rennoch氏が、IoTの品質保証について講演した。

  • Kuberhealthy: Kubernetesクラスタの総合テストソリューション

    Comcastが開発したKuberhealthyは、Kubernetesクラスタ内で模擬テストを実行することによって、Kubernetesの問題を検出し、Prometeusなどの監視システムにメトリクスを通知する、オープンソースソリューションである。

  • 分散型チームで高品質なプロダクトを開発する

    Intermediaでは、製品とサービスの品質を保証するために、すべての分散型チームが共通のテスト環境と運用準備(pre-production)環境を使用している。同社プロダクトマネージャのLilla Gorbachik氏は、European Women in Techでの講演で、完成度の高いテストプロセスを持つこと、リスクに取り組むこと、そして高品質プロダクトの側面から日々の意思決定を行うことが、高品質のプロダクトを開発する上で重要だ、と述べている。

  • JUnitプロジェクトがビルド環境をAzure Pipelinesに移行

    Java用のユニットテストフレームワークであるJUnitは,Java開発者が使用する最もポピュラーなライブラリのひとつである。JUnitチームは先頃,継続的インテグレーション(CI)にAzure Pipelinesを採用すると発表した。

  • ElasTestで実現するテスト時の可観測性

    分散アプリケーションでは,非分散アプリケーションで一般的に使用されているデバッグテクニックを使うのは困難である。テスト環境においても運用時のような可観測性を実現すれば,バグの検出が容易になる,とFrancisco Gortázar氏は,European Testing Conference 2019で主張し,可観測性を使って複雑な分散システムのテストと評価を行うツール��して,ElasTestを紹介した。

  • マイクロサービスアプリケーションにコントラクトテストを使用する

    マイクロサービスを使用する場合,サービス間の統合ポイントがバグの温床になる。コントラクトテスト(contract test)は,コンシューマが定義したコントラクトに基づいてテストを実施するテスト手法だ。マイクロサービスのワークフローに適しており,統合バグを殺してくれる - PortbaseのテスタであるMaarten Groeneweg氏は,European Testing Conference 2019でこのように主張した。

  • モバイルテスト自動化の失敗を避けるには

    モバイル開発におけるテストの自動化はスクラムチームが行うべきだ,独立したテスト自動化チームを置くべきではない,とNadya Denisenko氏は言う。モバイルテストのテストピラミッドに従って、開始時からテスタが関与するべきだとアドバイスする氏は,テスタは品質指向の開発者として、他の開発者が高品質のソフトウェアを提供するのを指導し支援することのできる存在であり,手動テストは将来的になくなっていくだろう,とも述べている。

  • 効果的なモブプログラミングパターン

    Lisi Hocke氏はブラチスバラで開催されたTesting Unitedカンファレンスで講演し,モブプログラミングの採用が協力的な開発環境の構築に有用であった自身の経験を語っり、強いペアリングスタイルの効果的利用について説明した。Maaret Pyhäjärvi氏とJeff Langr氏も先日,モブプログラミングの効果を最大化するための独自のパターンに関する記事を書いている。

  • 複雑な分散システムをテストする

    分散システムの複雑性はコードの中ではなく、サービスや機能の間にある。テストには問題の発見と価値提供のバランスという意味があるのだ – Sarah Wells氏はEuropean Testing Conferenceで、このように説明した。テスタはしばしば、システム動作の最大の理解者である。システムのどこが悪いのかについて優れた仮説を持ち、それを極めて短期間に検証することができるのは彼らなのだ。

  • ApacheがJDK 11をサポートしたNetBeans 10.0をリリース

    Apache Software Foundationは先頃,JDK 11の拡張サポートを備えたNetBeans 10.0をリリースした。JUnit 5のサポートが追加され,PHP,JavaScript,Groovyモジュールが再統合されている。2019年中には,JDK 12とJDK 13をそれぞれサポートする2回のリリースが計画されている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。