BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ テスト に関するすべてのコンテンツ

  • AWS 無料利用枠に関して開発者の関心が高まっている

    ここ数週間、AWS コミュニティの多くの専門家は、AWS のサンドボックスアカウントとエンジニアが個人の福利を危険にさらすことなく新しいサービスを試しても超えることができない厳しい請求制限を提唱している。

  • 開発者がE2Eテストを書くことで得たもの

    開発者がe2eテストを書くことによって、テスト可能なコードの記述、迅速なフィードバックの提供、バグの回避が可能になる。Wixでは、同社のプロジェクトマネージャ、開発者、QAエンジニアを対象に、QAのみによるテストから開発者によるe2eテストに移行することによって、QAの左シフト(上流への移行)とデリバリ速度の向上を実現した。

  • 継続的セキュリティテストを有効にしてテストにセキュリティを追加する

    チームは、テストプロセスにセキュリティテストを追加し、機能テストの自動化の一部としてセキュリティチェックを追加して領域の特定ができるようになるためにセキュリティの専門家によってトレーニングをうけることが可能だ。これにより、継続的なセキュリティテストが可能になり、すべてのリリースでセキュリティテストの対象範囲が広がり、セキュリティの欠陥を早期に発見できる。

  • テストピラミッドを使って品質を左シフトする

    品質の左シフト(前倒し)とは、開発終了後に品質テストを行うのではなく、ソフトウェア開発サイクルの早期に品質を作り込む、という意味である。テストピラミッドモデルを使うことで、テストをより早いステージに移動させることが可能になり、統合時に問題となる欠陥を開発早期に発見することが可能になる。

  • EbayオープンソースパッケージがSwiftとXcodeを使ってテストの不安定さを軽減

    Targeted Auto Retryは、テストの不安定さに対処するためのEbayのアプローチである。これは、継続的インテグレーションパイプラインを不安定なテストステップに対してより回復力のあるものにすることを目的としたものである。このアプローチを簡単に使用できるようにするために、Ebayは、Xcodeユニットテストフレームワークで使用できる、Swift言語用の軽量フレームワークをオープンソース化した。

  • 仕事以外の場でテストスキルを磨く

    テスト方法をゲームにする(gamify)、テストプラクティスのコミュニティにオンライン参加する、仮想旅行する — これらはいずれも、テスト技術を向上させるために仕事以外の時間で行うことのできるアクティビティの例だ。世界中のテスタたちとともに継続的な学習を実践して、学んだことを職場に持ち込み、チームのメンバたちと共有して、テスト手法を改善することが可能になる。

  • Chrome DevTools 89の新機能

    今月初め、GoogleはChrome 89をリリースした。これにはDevToolsに対する重要な更新がいくつか含まれている。例えば、CSP違反処理の改善、Puppeteerの記録、Cookieのデバッグの改善や、他にも多くの機能が追加された。

  • マシンラーニングをテストとメンテナンス作業で使用する

    マシンラーニングを使えば、メンテナンス作業の削減とプロダクトの品質向上が可能になる。ソフトウェアのテストサイクルのさまざまなステージで使用することができる。チェーンの重要なパートであるバグ管理もその中に含まれる。マシンラーニングアルゴリズムを使って大量のデータを分析することで、バグの分類やトリアージ、優先順位付けをより効率的に行えるようになる。

  • .NETニュース総まとめ - 2021年3月29日週

    3月最後の週の.NETコミュニティはProject Reunion 0.5、Dapr 1.1などがリリースされかなり激しかった。InfoQは、2021年3月29日の週の、これらと.NETエコシステムのいくつかの小さなストーリーを調査した。

  • Chrome 88 Devtoolsの新機能

    Chrome 88の最近のリリースでは、Chrome DevToolsの重要な更新があった。例えば、ネットワークデバッグの改善、実験的なCSS Flexboxデバッグツール、フレーム詳細ビューの改善、新しいWASMデバッグ機能、一般的なパフォーマンスの改善がある。

  • WebdriverIO 7がTypescriptで書き直され、Lighthouse統合を改善してリリース

    ブラウザとモバイル自動化テストフレームワークWebdriverIOは先頃、メジャーアップデートをリリースした。Webdriver IO 7はTypeScriptで書かれるようになった。したがって、TypeScriptユーザは型を更新する必要があるが、JavaScriptユーザはほとんど影響を受けない。新しいバージョンでは、Node v10のサポートも終了し、使用していたCucumberバージョンがv7にアップグレードされ、Google Lighthouseとの統合が向上した。

  • テストツアーのペアリングと学習で学んだこと

    チーム唯一のテスタ(solo tester)であるParveen Khan氏は、他のテスタや開発者たちとリモートでペアを組んでトピックを調査するという、テストツアーを行うことにした。このツアーは氏にとって、パフォーマンステスト、ALとML、可観測性、スケッチノーティング(Sketchnoting)といったテストトピックを探求する、学びのテスト体験になった。これらのセッションを行う中で、ペアリングや共有が自分自身の成長に有益なものであることも経験した。

  • 新しいChrome拡張機能で、C++ソースファイルをステップ実行してコンパイル済みWasmコードをデバッグ

    Googleは最近、WebAssemblyファイルのデバッグに関して開発者エクスペリエンスを向上させるためにChrome DevToolsチームが行ったことの進捗状況を発表した。新しい拡張機能(ベータ版)を使用すると、開発者はオリジナルのソースコードをステップ実行することで、WebAssemblyにコンパイルされたCおよびC++アプリをデバッグできる。

  • GoogleがPython用ファジーテストツールAtherisをオープンソースとして公開

    Googleは先頃、Python用の新しいファジーテストエンジンをオープンソースとして公開すると発表した。新たなファザー(fuzzer)のAtherisは、Pythonコードとネイティブエクステンション内のバグを検出する。メモリ破壊バグや未定義動作(バッファオーバーフロー、ポインタのアライメント不正、nullポインタなど)の検出ツールであるAddress SanitizerやUndefined Behavior Sanitizerと組み合わせて使用することも可能だ。

  • 確率論的データサイエンスモデルのテストから学んだこと

    データサイエンスモデルは統計的なブラックボックスだ — そのテストには、アルゴリズムや乱数性、統計学といった数学的テクニックの理解が必要になる。データサイエンスモデルの検証で有効なのは、しきい値を用いた出力差異の処理だ。

BT