BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Visual Basic.NET に関するすべてのコンテンツ

  • Mercuryは、C#と同等の機能をVisual Basicで提供し、新たに複数のプラットフォームをサポート

    RemObjects Mercuryは、Visual Basic for .NETを更新し、現在の.NET機能のサポートを追加した。同時に、WebAssembly、iOS、Android、Linuxなどのより多くのプラットフォームで利用できるようにした。

  • Visual Basic 16.9が.NET 5に

    2017年にThe .NET Language Strategyが公開されて以来、.NETコミュニティの共通的な認識は、Visual Basicは事実上、寿命の尽きた言語である、というものだった。しかしMicrosoftは、この言語の寿命を延ばすべく、静かに開発を続けていたのだ。

  • .NET CoreにVisual BasicのFile IOを追加

    Visual BasicのFile IOライブラリは.NET Core 3.0に移植中である。これには、1回の関数呼び出しでディレクトリをコピーまたは削除する機能、Windowsのごみ箱(p/invokeコードなしで)のサポート、固定幅ファイルも処理できるRFC準拠のCSVパーサなどの便利な機能が含まれる。

  • .NET Core 2がVisual BasicをLinuxとmacOSにもたらす

    Microsoftは.NET Coreプラットフォームの一級市民として、Visual Basicを導入する方向だ。.NET Core 2リリースの一部として、VBデベロッパーは.NET Standard 2.0をターゲットとするコードを書けるようになり、利用可能なデプロイメントプラットフォームが増える。 重要なのは、Windowsで動くのと同じ実行ファイルやライブラリがmacOSとLinuxで動くということだ。

  • Visual Basic 15の新たな言語機能

    Visual Basic 15に、C#の2つの重要な機能が部分的に実装される - タプル(tuple)と参照戻り値だ。いずれの機能も“完全”ではないが、これらの機能を利用したC#ライブラリをVBアプリケーションで使用するための回避策としては十分なものだ。

  • .NET Core 2.0 Previewリリース、Visual Basicをサポート

    Microsoftが.NET Core 2 Preview 1のリリースを発表した。.NET Standard 2準拠になり、はじめてVisual Basicをサポートする。

  • Visual Basicの今後

    MicrosoftがVisual Basicの今後の取り扱いに関する重大な方針変更を発表した。6年前にMicrosoftによってアプローチが大きく変更されたVisual Basicは,今度はC#と違う道へ進もうとしている。

  • .NETの将来に関するMicrosoftの計画

    MicrosoftはC#、Visual Basic、F#といった人気の言語の開発をGitHubで公開しているが、今後の計画は必ずしも共有されているわけではない。これらの言語の将来に関するMicrosoftの計画について、Mads Torgersen氏がいくつか指針を与えた。

  • Microsoft Wordのマクロを以下にしてNodeに置き換えたか

    Wordの拡張機能といえばBASICであった。今、言語はJavaScript、プラットフォームはNodeが選択された。

  • Visual Studio "14" Previewは大きな機能パックである

    VS2013後継の最初のプレビューがリリースされ、最新のプロジェクトが統合されてひとつのパッケージになっている。ほぼすべての技術プラットフォームが影響を受けており、ASP.NET, C++, VB/C#開発者すべてが大幅な変更を受け取ることになる。

  • BASIC、50歳を迎える

    1964年5月1日に初めて使われたBeginner's All-purpose Symbolic Instruction Setが50歳を迎えた。これはBASICとして広く知られ、プログラミング世代をもたらした。多くの人がここから始めて、その先の技術への道を進んできた。InfoQでは歴史的な過去を振り返り、未来へと目を向ける。

  • C#コンパイラがオープンソースとして公開される

    MicrosoftのRoslynプロジェクトの結末が明らかにされた。C#とVBのコンパイラがMicrosoftによってオープンソースライセンスで公開されたのだ。Roslynがサポートするツールの改善によって利用者が便利になるだけでなく、舞台裏を覗き、機能を追加したり振る舞いを分析したりすることもできる。

  • MicrosoftのC#とVBコンパイラが無償提供へ

    MSBuildの名称がMicrosoft Build Toolsに変更される。新パッケージにはMicrosoftのC#とVisual Basicのコンパイラも含まれる。これら3つがすべて無償で,Visual Studioや.NET Frameworkとは独立した形で配布されるようになる。

  • Visual Studio 2013+1で新しいC# / VB機能を約束した

    Visual Studio 2013の計画は巨大なものになるとしながら、そのひとつであるC#とVisual Basicコンパイラを書き換えるRoslynプロジェクトは提供されない。Mads Torgersen氏とAnders Hejlsberg氏はそれぞれ、待った結果に提供されるものに光があるとしている。

  • EZNamespaceExtensions.Net v2013がコンテキストメニューとサムネイル、アイコン、プロパティシートのサポートを追加

    EZNamespaceExtensions.Net v2013によって、Visual Studio を使って、Windows Explorerエクステンションを開発できる。更に多段サブフォルダー、サムネイルビュー、アイコン、プロパティシート、情報ティップなどをサポートしている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。