BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Visual Basic.NET に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがKinect for Windowsのサンプルをオープンソース公開

    Microsoftは先頃,Apache 2.0ライセンスの下で22のコードサンプルをCodePlexにソース公開した。Kinect for Windows Toolkit にも含まれるこれらのサンプルには,Kinectのさまざまな機能 – オーディオ,基本的操作,色彩と深さ,顔認識,赤外線,スライドショー・ジェスチャ,音声合成,WPF,XNA,その他の使用方法が示されている。

  • いかにあらゆるものを待つか!

    氏が公開している一連のブログ記事は、アニメーションの終了を待つことから、コマンドラインプログラムの結果をキャプチャするまでの、広範囲の状況でどうのようにAwaitを使用できるかを示している。

  • Eric Lippert氏がC#を振り返り、その将来を推測

    Roslynプロジェクト、非同期プログラミング、言語設計哲学。常に情報提供してくれるEric Lippert氏が、C#が成し遂げたことと、Visual Basicとの関係について即席で話をしてくれた。彼は両方の哲学を比較し、将来C#に何が待ち受けているかを推測した。

  • WinRTのasyncとawaitの先

    Windows Runtimeは、より優れた非同期プログラミングを提供する。 C#とVisual Basicのawaitとasyncキーワードは、このサポートの一部である。

  • .NET Framework 4.5 の新たな非同期機能拡張

    .NET Framework 4.5 Beta では Async/Await キーワードの導入,C# および Visual Basic 言語の簡略化に加えて,いくつかの標準 I/O やデータアクセス機能に非同期メソッドが追加されている。これら新しい非同期機能は ASP.NET 4.5,WCF,WPF でも利用可能だ。

  • Visual Basic 11概観

    Visual Basic 11には非同期関数や待望のイテレータなどの新しい機能が盛り込まれる。

  • XAMLおよびVBA 7の仕様リリース

    MicrosoftがXAMLプログラミング言語の仕様を公開した。この仕様には、XAML、XAML 2009の仕様、SilverlightおよびWPFに固有の拡張機能の仕様が含まれており、理由は不明だが、VBAの言語仕様も含まれている。

  • Roslynの舞台裏

    MicrosoftのChannel 9で、Roslynプロジェクトの主要開発者へのインタビューが公開されている。 チームのねらいと取り組んでいる内容について、Karen Ng氏、Matt Warren氏、Peter Golde氏、Anders Hejlsberg氏が有益な情報を提供している。

  • Microsoft,「サービスとしてのコンパイラ (Compiler as a Service) 」を公表

    Rosyln プロジェクトを取り上げた最初のレポートでは,単にランタイムへのアクセス性に優れたコンパイラと REPL 形式のインタプリタとして報告しただけだったが,それよりもはるかに野心的なものであることが明らかになった。コンパイラのパイプラインをすべて公開することで Microsoft が期待するのは,多くのレベルでさまざまなツールが開発されることだ。

  • Roslynを使ってVisual Studioエクステンションを作る

    昨日はRosylnコンパイラとWorkspace APIを紹介した。今日は、Rosyln Service APIとこのAPIを使ったVisual Studioエクステンションの作り方を紹介する。この記事では、Code Issue、Code Refactoring、Completion Provider、Outlinerの4つのエクステンションを紹介する。

  • ビルドマシンと Windows 7,そしてクラシックな ADO

    90年代後半から運用されている,旧式の ADO ライブラリを使用したアプリケーションのメンテナンス作業を行うと考えてみよう。再コンパイルされたコードは,Windows 7 SP1 マシン上では問題なく動作する。ところが不思議なことに,そのプログラムを10年近く使用している Windows XP マシンではクラッシュしてしまうのだ。 これが現在,多数のメンテナンス開発者が直面している問題である。

  • AsyncとAwaitのコスト

    非同期テクノロジは、アプリケーション全体のスループットを大幅に向上するが、それはタダではない。非同期機能は、同期の代替よりも遅いことがあり、また注意を払わないと大幅にメモリを圧迫することになる。MSDN MagazineのStephen Toub氏は、先日「非同期のパフォーマンス:AsyncとAwaitのコストを理解する」というタイトルの記事で、このトピックについて取り上げた。

  • ASP.NET MVC 4のロードマップ

    MicrosoftがASP.NET MVCの次期バージョンの開発に取り掛かったようだ。次期バージョンでは、アプリケーションの開発や配置のワークフローの円滑化、Webフォームとのさらなる機能共有、Ajaxサポートの改善、モバイルやタブレット+HTML 5に、特に力を入れている。

  • .NET Framework 4更新

    A .NET 4の累積パッケージが6月11日に公開された。このパッケージには、たくさんの修正と機能追加が含まれている。これらの多くは以前に個別の修正として公開されたものだ。また、HTML 5と移植可能なライブラリのサポートも含まれている。参考までに、下記に技術別の修正をまとめた。ファイルのバージョンを含む完璧な一覧についてはKB 2468871を参照のこと。

  • 新.NET Async制御フローの説明

    Alan Berman氏は最近、新しいAsyncとAwaitキーワードがいかに制御フローに影響するかを詳細に説明している。これらのキーワードを使うことで、明示的に定義されたコールバックを使わずに、非同期関数の返り値を処理できるようになる。このお陰で、1つの関数内に非同期の関数の呼び出しと処理をいっしょに置けるので、ずっと自然にコードをまとめることができる。

BT