BT

InfoQ ホームページ 仮想マシン に関するすべてのコンテンツ

  • AWSが“Firecracker”をリリース - コンテナとサーバレスワークロードのためのRustベースのオープンソースmicroVM

    AmazonがFirecrackerのリリースを発表した。“マルチテナントなコンテナと関数ベースのサービスを開発し、安全に管理する”ことを目的に構築された、オープンソースの仮想テクノロジだ。Firecrackerは、Rustで記述されたオープンソースのVMMであるChromium OS's Virtual Machine Monitor(crosvm)からのフォークで、そのテクノロジはAmazonのAWS Lambdaサービスを支えるために使用されている。

  • KotlinについてのQ&A - PinterestのChristina Lee氏に聞く

    InfoQは先日、PinterestのCore UIチームのAndroidエンジニアであるChristina Lee氏と席を共にし、PinterestでのKotlinの採用状況、採用に際してPinterestが直面した組織的課題、最大の教訓、Javaから移行する際のヒント、KotlinConf 2018で予定されている氏の講演 “Representing State: the Kotlin Edition” の内容などについて話を聞いた。

  • Uber、分散JVMトレースのJVM Profilerをオープンソースに

    UberがJVM Profilerという分散型のプロファイラをこの6月にオープンソースにした。彼らはApache Sparkで直面したリソース割り当ての問題を解決しようとJVM Profilerを開発した。Apache Sparkは大きなデータストリームを処理する人気のフレームワークであるが、そういったデータストリームはまさにUberが多数持っているものだ。JVM ProfilerはSpark向けに構築されているが、JVMベースのどんなサービスやアプリケーションにも適用できる。

  • ClangベースのキャッシュC++コンパイラのZapccがオープンソースとなった

    ClangベースのキャッシュC++コンパイラのZapccがオープンソースとなった

  • JavaのValue Typesの現状

    オラクルはJava言語とランタイムにValue Typesを導入すべく作業を続けている。われわれはこの作業の現状整理を伝える。

  • オラクル、GraalVM 1.0をリリース

    オラクルはGraalVMの1.0リリースを発表した。これは多言語対応の仮想マシンとプラットフォームである。最初のリリースにはJavaとJVM言語の実行機能 (バイトコードを通じて)とJavaScriptとNode.JSの完全なサポート、RubyとPython、R、LLVMバイトコードのベータでのサポートがある。

  • Eclipse Open J9 – Eclipse OMRプロジェクトベースのオープンソースJava仮想マシン

    2016年の初め、IBMはコアの、J9の実行環境の非Java部分をEclipse OMRプロジェクト下でオープンソースにした。OMRプロジェクトは言語非依存のランタイムツールキットである。また2017年にIBMはJ9 JVMをOpenJ9としてオープンソースにした。OpenJ9はEclipse OMRを利用し、それ自身はOpenJDK 9や今後のリリースにあるJavaクラスライブラリと適合する。

  • Javaのデータクラス、Brian Goetz氏がInfoQに語る

    オラクルのJava言語アーキテクトであるBrian Goetzが、データクラスの実験的概念なを紹介した。これは将来Javaプログラミング言語に統合されるかもしれない。しかしこの概念が現実として注目に値するまでには多くの作業が必要だ。Goetz氏は時として“データは単にデータである”ことを前提としてデータクラスの課題とトレードオフを解説した。

  • Googleが低価格のプリエンプティブGPUを提供へ

    Googleは先頃、同社のクラウドプラットフォーム内でプリエンプティブ仮想マシン(VM)に接続するGPU(Graphical Processing Unit)のベータ版を発表した。Google Cloud Platform (GCP)のユーザは、NVIDIA K80とNVIDIA P100 GPUをプリエンプティブ仮想マシンに、それぞれGPU1時間あたり0.22ドルと0.73ドルでアタッチすることができる。この価格は、オンデマンドインスタンスに接続されたGPUよりも50パーセント安くなっている。

  • Kotlinの2017年のまとめと2018年の展望

    2017年3月にJetBrainsからKotlin 1.1がリリースされて以降、Kotlinは世界中でとてもよく採用されている。2017年は多くのエキサイティングな発表があり、その勢いは2018年も継続している。InfoQはJetBrainsのディベロッパアドボケイトチームのリーダであるHadi Hariri氏と話した。

  • Kotlin 1.2がマルチプラットフォームプロジェクトを導入

    Kotlinの最新バージョンでマルチプラットフォームプロジェクトを使うとJVMとJavaScriptのプラットフォーム間でコードを共有できるようになった。加えて、言語やライブラリでの多くの改善、コンパイラのパフォーマンス向上が含まれる。

  • .NET WebAssemblyサポートが実験中

    主要なブラウザにおいてデフォルトでWebAssemblyがリリースされ、.NETコミュニティは引き続き.NET開発者に対してブラウザで実行可能なWebAssemblyにコンパイルする機能を提供する。

  • JavaOneキーノート:IBMのOpenJ9とOpen Liberty; Javaコミュニティによるマトリックス

    JavaOneコミュニティキーノートは、IBMのトークとデモで始まった。彼らがしたオープンソースへの最新のコントリビュートについてのものだ。OpenJ9とOpen Liberty、MicroProfileである。John Duimovich氏、IBMの優れたエンジニアであるが、氏は"IBMとJava: 次世代のイノベーションを推進する"というタイトルのプレゼンテーションで幕を開けた。 IBMのあと、Stephen Chin氏はJavaコミュニティキーノートを終了させるためステージに上がった。

  • LLVMがPDBフォーマットのドキュメント化とYAMLへの変換を実現

    LLVMがPDBファイルを生成可能になり、Windowsのデバッグツールが使用できるようになった。さらにフォーマットがドキュメント化され、分析やYAMLからPDBを生成するツーリングも開発されている。

  • Azul SystemsはJavaのLLVMをベースにした新しいジャストインタイムコンパイラであるFalconをローンチした

    Azul SystemsはZing 17.03が利用可能となったと本日発表した。これはAzulの新しいジャストインタイム(JIT)コンパイラであるFalconを完全にサポートしている。FalconはLLVMをベースにしており、Zingの前のバージョンで使われていたC2コンパイラを置き換えるよう設計されている。C2コンパイラはOracle HotSpotとOpenJDKでも使われている。FalconはC2が1997年にJavaOneで紹介されて以来、初めてのJava SEで利用できる新しいJITコンパイラ製品である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。