BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 仮想マシン に関するすべてのコンテンツ

  • LinkedInにおけるサービス過負荷の検出と回復

    LinkedInは先頃、同社がマイクロサービスで採用しているオーバーロードの検出と対処の方法を公開した。同社のソリューションであるHodorは、設定不要で機能する"適応型ソリューション"として、監視対象プロセス内部でオーバーロード検出機能とロードシェダ(load shedder)を実行し、アプリケーション処理チェーン内でロードのサンプリングと削減を行う、プラットフォーム非依存のメカニズムを提供する。

  • MicroVM仮想化ソリューションのFirecrackerが1.0へ

    Firecrackerは、AWS Lambdaを強化するために元はAWSで開発されたものである。これにより、サーバレスコンピューティング用の安全なmicroVMの作成と管理ができる。

  • GraalVM 22.0がリリースされ、ネイティブイメージが改善

    GraalVMは、多くのネイティブイメージが改善されたバージョン22.0をリリースした。GraalVMは、複数の言語で記述されたアプリケーションを実行するための共有ランタイムを提供するポリグロット仮想マシンである。ネイティブイメージビルダーユーティリティでは、ビルド時間が短縮され、イメージサイズが小さくなり、イメージのビルドと実行に使用するメモリを減らす大きな改善があった。そして、イメージ生成プロセスに関する深い洞察が得られる。

  • lldを凌駕する高速な新リンカmold

    現行のUnixリンカを置き換え可能な最新のリンカであるmoldがバージョン1.0に到達した。LLVM lldリンカのオリジナル作者が開発したmoldは、従来のリンカよりも数倍高速であることを目標としている。

  • MicrosoftはNDm A100 v4シリーズのバーチャルマシンの一般提供を発表

    先ごろ、Microsoft は、Azure の最新のバーチャルマシン (VM) シリーズ NDm A100 v4 シリーズの一般提供 (GA) を発表した。これは、NVIDIA A100 Tensor Core 80 GB GPU を搭載している。このハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) VM は、さまざまな実際の HPC ワークロードに高性能、スケーラビリティ、およびコスト効率を提供するよう設計されている。

  • Amazonが新しいEC2ファミリー、G5g、M6a、Im4gnとIs4genを発表

    先ごろの re:Invent カンファレンスで、Amazon は Arm ベースの G5g インスタンス、AMD ベースの M6a インスタンスとストレージ最適化の Im4gn および Is4gen など、さまざまなプロセッサで実行される新しい EC2 インスタンスファミリーを紹介した。

  • AWSが次世代Graviton3プロセッサを発表

    Amazon は、次世代 Graviton3 プロセッサと EC2 C7g インスタンスのプレビューを発表した。同クラウドプロバイダは、最新の Arm ベースのプロセッサを実行する新しいインスタンスタイプが、より優れたコンピューティング、より高い浮動小数点そしてより高速な暗号化パフォーマンスを提供すると主張している。

  • GraalVM 21.3がJava 17をサポート

    Oracle Labs は Java 17 とネイティブ Java で実行可能なオーバーヘッドの少ないプロダクションプロファイリング、JDK Flight Recorder (JFR) のサポートで GraalVM 21.3 をリリースした。2021年4月のバージョン 21.1 と比較して、このリリースでは Spring PetClinic JDBC で 14% 小さくネイティブ実行ファイルが作成され、ビルド時間が 20% 短縮される。このリリースで、アプリケーションがより高速に実行され、Java プラットフォームモジュールシステムのサポートが開始される。

  • GoogleがAnthos for VMのプレビューを発表

    Google Cloud Next'21バーチャルイベント中に、GoogleはAnthos for Virtual Machines(VM)のプレビューを発表した。さらに、同社は新しいAnthos Multi-Cloud APIを導入した。これは、第4四半期に一般提供される予定だ。

  • IBMがOpenJ9用のSemeru Runtimesを公開

    IBMは、OpenJDKのクラスライブラリとEclipse OpenJ9 JVM(Java Virtual Machine)を併用するSemeru Runtimesを無償公開した。OpenJ9をベースとするこのランタイムは、HotSpotべースのランタイムの代わりに使用することができる。これまではAdoptOpenJDKがOpenJ9のバイナリを提供していたが、Adoptiumという名称でEclipse Foundationに移行したことにより、今後は法的に許可されないものになる。

  • MicrosoftがAzure仮想マシンのオンデマンドキャパシティ予約のプレビュー版を発表

    最近、Microsoftは、Azure仮想マシン(VM)のオンデマンドキャパシティ予約のプレビュー版を発表した。VMのこの新機能により、顧客はより多くのコンピューティングキャパシティを予約できる。

  • RookoutがLive Loggerを発表し、ログレベルが動的に変更可能に

    Live Debuggerを開発したRookout社は、本番環境のログに隠された豊富な情報にアクセスしやすくすることを目的としてLive Loggerを発表した。アプリケーションのログレベル、ログパイプライン、ログスループットの追跡、テキストおよびコンテキストベースのフィルタリングを動的に切り替えることで、この実現を目指している。

  • MicrosoftがAzure Disk Storageのゾーン冗長ストレージを一般提供としてリリース

    今年の初めに、Microsoftは、Azureマネージドディスクのゾーン冗長ストレージ(ZRS)オプションのプレビュー版を発表した。インフラストラクチャの信頼性をさらに向上させるためのものだ。現在、一般提供(GA)としてリリースされている。

  • QCon Plusでソフトウェアロードマップを構築、Kristen O’Leary氏がトップトピックを共有

    最近のインタビューで、Googleのシニアデベロッパーリレーションエンジニアであり、2021年11月のQCon Plus委員会メンバーであるKristen O'Leary氏が、今年の11月1日から12日までのイベントで彼女が最も楽しみにしているトラックを共有してくれました。

  • Microsoft、JVM GCログを活用するGCToolkitをオープンソースとして公開

    GCToolkitをオープンソースにすることによってMicrosoftが目指すのはは、JVMのGCログに保存されたリッチな情報の活用だ。GCログファイルを解釈、解析し、ヒューマンフレンドリな形で可視化するためのツールである。

BT