BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ WinForms に関するすべてのコンテンツ

  • .NET 6では、WPFとWinFormsでBlazor WebViewコントロールが利用できるように

    .NET 6 Preview 3のASP.NET Coreは、調査すべき多くの優れた機能を提供している。そのうちの1つは、BlazorWebViewコントロールを介した、WPFとWin Formsのデスクトップアプリケーション内でのBlazorコンポーネントの利用である。

  • Windows Forms 5.0の新機能

    .NET 2.0以降初めて、Windows Forms(別名WinForms)は、High DPIに関連しない新機能を導入した。

  • WPF/Windowsフォームに関する.NET 5の大きな変更

    .NET 5 Breaking Changesシリーズの最後のトピックは、WPFとWindowsフォームである。このデスクトップテクノロジは.NET Core 3.0より前では利用できなかった。以前のバージョンの.NET CoreはASP.NET Coreを介したWebベースのアプリケーションに重点を置いていたためである。

  • .NET Core 3.0の概観:C# 8、WPF、Windows Formなど

    .NET Coreの次期メジャーバージョンが最近プレビューステージに���った。.NET Core 3.0では、Windows Presentation Foundation(WPF)、Windows Forms(WinForm)、Entity Framework(EF)、ASP.NET Core 3.0、C# 8、.NET Standard 2.1を使用したデスクトップアプリケーションの構築がサポートされる。

  • MicrosoftがWPF、WinForms、WinUIをオープンソース化

    Microsoft Connect 2018において、Microsoftが.NET Core 3.0の最初のプレビューリリースを発表した。その中には、大きな発表が含まれている。彼らはWPF、Windows Forms (WinForms)、WinUIを、オープンソースプロジェクトとしてMITライセンスでGitHubにリリースする。

  • MicrosoftがWinForms/WPFの利用コードを使った.NET Core 3.0機能投票を実施へ

    我々は5月、Microsoftが、WinFormとWPFを.NET Core 3.0で実行可能にする計画を持っていることを報告した。これを促進するために同社は、どちらのAPIを.NET Coreに移植すべきかを投票する、新たなツールを開発している。ただし直接投票ではなく、アプリケーションでどちらのAPIが使用されているかに基づくものだ。

  • WindowsデスクトップアプリケーションをXAML Islandsで最新化する

    Windowsデスクトップ開発はもはや終わりだという印象を持っているかも知れないが、Visual Studioのテレメトリーデータによると、デスクトップアプリケーション開発に積極的に携わっている開発者の数は約240万人で、20か月前に比べて50%増加している。この大規模なコミュニティをサポートするため、Microsoftは、これら資産のWindows 10への統合を支援する方法を検討している。

  • 今後の.NET Framework 4.7.2のハイライト

    注目されているのは、ほとんどが.NETコアであるが、開発はオリジナルの.NET Framework上で継続する。マイクロソフトは最近、ASP.NET、ADO.NET、WCF、WPF、さらにはWindowsフォームのアップデートと共に、.NET Framework 4.7.2のプレビュー版をリリースした。

  • Google、Dart 1.0をリリース

    最初の発表とプレビュー版リリースから2年、Devvox in Belgiumにて、Lars Bak氏がDartの最初の安定版リリースを発表した。DartはGoogleの新しいWebプログラミング言語であり、最新のWebアプリケーションを開発するためのプラットフォームだ。

  • WPF のドッキング対応 - AvalonDock

    AvalonDock は一連の WPF/WinForms コントロールをドッキングレイアウト対応に仕立て上げることのできる .NET ライブラリだ。今回リリースされた新バージョンでは MVVM と Aero Snap をネイティブサポートし,パフォーマンスの向上を実現している。

  • WinFormsの場合

    DevExpressは、2011年用のロードマップをリリースした時、WinFormsについては、ほとんど何も言わなかった。10年前の技術であり、基本的に開発元に捨てられているので、このことは、余り驚くことではない。しかし、面白いのは、多くのネガティブなフィードバックが返ってきていることである。DevExpressの顧客の多くは、WPFやSilverlightを自分たちの重要なアプリケーションの代替に使えるとは考えていない。

  • Facebook SDK 3.0でWPF、Silverlight、WinForms、ASP.NETを使ったFacebookアプリケーションを作る

    Clarity Consulting Inc. と Microsoftは Facebook SDK 3.0をリリースした。このツールキットを使えば開発者はWPF、Silverlight、WinFormsやASP.NETのアプリケーションをFacebookに統合できる

  • Crack.NET – GreasemonkeyのようなWinFormsおよびWPFアプリケーション向け

    Greasemonkeyのようなツールで、サイトのオーナーがそれを望んでいようが、いまいが、ユーザはたくさんのWebアプリケーションを拡張することができる。Crack.NETでは、ユーザ制御の同一レベルはWinFormおよびWPFベースの.NETアプリケーションで実現できる。

  • 「Service Pack」を装った新バージョンの.NET

    NET 3.5/VS 2008のService Pack1ベ��タは、ADO.NET Entity FrameworkとData Services、Frameworkのクライアント専用バージョン、および3.0と3.5のライブラリの大部分への変更を含む、多くの新機能とライブラリを提供する。その名前にもかかわらず、多くの開発者にとって、このリリースは3.5自体と同じくらい重要である。

  • Mono向けWinForms 2.0がコーディング完了

    4年に及ぶ作業の後、ついにMonoがWinForms 2.0 APIの12,776のすべてのメソッドをサポートする。115,000ラインに介入するので、バグの可能性がある。

BT