BT

InfoQ ホームページ XML に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • Webサービスのスキーマ - Part I:基本データ型

    この一連の記事では、スキーマとWebサービスのデータ・バインディング間の不整合から生じるさまざまな問題を取り上げます。最初の記事では、最も基本的なレベルから始めることとし、単純なデータ型とそこから生じる問題を考察します。

  • コントラクトのバージョニング、互換性、およびコンポーザビリティ

    Kjell-SverreとJean-Jacquesは、 サービスの再利用を促進し、Governanceを補足する、XML、XML Schema、WSDL拡張をベースにしたコントラクトの互換性を、再考する。

  • Smooksを使った構造化されたイベントストリーミング

    Smooksは「データイベントストリーム」を処理するためのオープンソースのJavaフレームワークです。最も一般的には変換フレームワークと考えられており、JBoss ESBを含め、多数のプロダクトやプロジェクトで、変換フレームワークとして使われています。

  • FlexでXMLやJSONを扱う

    プラットフォームは、相互運用性が必要である。この記事では、Flexと、JSONやXMLとの相互運用性を検討する。E4Xライブラリを使用した、チャートやグリッドコンポーネントへのXMLのマッピングを取り扱う。また、JSONメッセージをデコードするために、as3coreライブラリの使用についてもデモする。

  • Atomサーバー ~ データ分散のためのパブリッシングの力 ~ パート2

    本稿では、Bryon JacobとChris BerryによるAtomサーバーの説明の続編です。Atomサーバーは、Apache Abderaをベースとした成熟したAtomストアの実装です。

  • 消費者主導契約を使ったサービス指向開発

    この論文では、組織のサービス開発能力改善を目指した実用的な提案をします。SOAがソフトウェア開発のライフサイクルにもたらす課題をまとめた後に、消費者主導契約がどのようにしてサービス指向開発のライフサイクルを強化できるかを説明しますが、消費者主導契約は「サービスのためのストーリ」と、サービスの開発ストリーム間で交換する単体テストという形式をとります。

  • Atomサーバー ~ データ分散のためのパブリッシングの力

    本稿では、Bryon JacobとChris Berryが、Apache Abderaの成熟したAtomストアによる、オープンソースで利用可能なAtomサーバーを紹介しています。

  • XMLを越える万能なRESTful API

    Railsがバージョン1.2で確実に参加するようになったRESTfulリソースの世界では、当然のことながらXMLを共通言語として使用します。RESTfulなアプリケーションではXMLと並んで他の標準を簡単にサポートできます。

  • プレゼンテーション層を合理化する

    この記事では、Webアプリケーションが特徴となるシン・クライアントのパラダイムは"その場しのぎの解決策"であり捨て去らなければならないと考えています。なぜこのようなことを言うのか理解していただくためにインターネットが広まり始めた90年代半ばに立ち戻りましょう。

  • サービス指向アーキテクチャで医療システムの性能を改善する

    本稿では、書籍「Service Oriented Architecture Demystified」のとある章をベースとしたもので、医療分野におけるヘテロジニアスな環境にSOAを適用するメリットについて説明しています。

  • XMLをユニットテストする

    XMLUnitはBSDライセンスの下で認可されたオープンソースプロジェクトです。XMLUnitは相関クラスの小さなライブラリを提供しますが、それは、前のセクションで概説された幾つかのXMLをテストする異なった方法のそれぞれを簡素化します。

  • Javaを使ってOffice2007をクラックする

    最近の連載、「Officeのリッチクライアントアプリケーション」で、我々は、基準としてOffice2007プラットフォームを使い、様々な異なる方法でJavaテクノロジーと相互運用するリッチクライアントアプリケーションをどこから構築するかについて議論しました。その際にカバーされなかった OfficeとJavaの相互運用性の1領域は恐らく最も古びた方法になっているでしょう。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。