BT

InfoQ ホームページ Adobe に関するすべてのコンテンツ

  • Adobe、2020年でFlashのサポートを終了

    AdobeがFlashを2020年末で終了することを発表した。ブラウザベンダーはそれぞれのブラウザでFlashを段階的に廃止していくタイムラインを公表している。

  • Microsoft EdgeのアップデートはWebVRをサポートして、FlashをClick-to-Runにした

    Microsoftは2017年にWindows 10のビルド15002をエンドユーザー提供し、開発者にはMicrosoft Edgeのマルチプロセスモデルの新しUWPアーキテクチャとFlashコンテンツのclick-to-runを提供する。

  • AppleのSafari 10、Flashがないふりをする

    Appleは、Safariの次バージョンでFlashなどレガシーなプラグインを、デフォルトでブロックすると発表した。ブラウザはFlashがないふりをして、Flashをインストールするようユーザーに促すだろう。

  • Google ChromeでFlashが非主要機能に

    GoogleがChromeブラウザのFlashサポートを主要機能から外す計画であることを明らかにした。“HTML5 by Default”提案のドラフトで,Chromeのテクニカルプログラムマネージャは,“今年後半,Flash Playerの有無についてChromiumがwebサイトに提供するヒントを変更する予定です。この変更により,該当のサイトがHTML5エクスペリエンスを提供していれば,そちらがプライマリのエクスペリエンスになります。”,と述べている。

  • GoogleがFlash広告を廃止,100% HTML5に

    Adobe Flushの長く苦しい死への旅は,Googleが自社のディスプレイネットワークでのFlash実行を停止すると発表したことによってなおも続く。同社は公式記事で,"より多くの人たちとデバイスにブラウジングエクスペリエンスを拡大するため,Google Display NetworkとDoubleClick Digital Marketingは今後,HTML5 100%になります” と述べている。

  • SymantecがFlashゼロデイ攻撃の可能性を指摘

    Symantecは,HackDayのリークから発見された(攻撃対象となり得る)ゼロデイ脆弱性を利用した,リモートコード実行の可能について報告している。Adobeは近日中にFlashをアップデートする予定だが,現時点で有効な対策はFlashを無効にする以外にはないようだ。

  • MozillaはFlashをブロックしてHTML5の採用を推奨

    Mozillaは、セキュリティの問題でブラウザのプラグインをブロックした後で、開発者にFlashから離れて、HTML5とJavaScriptに向かうことを推奨している。 2つの重要な脆弱性が、攻撃者に対して影響を受けるシステムの制御を可能にする可能性があるというAdobeのアドバイスに続いて、FirefoxのサポートのヘッドであるMark Schmidt氏は、Twitterで発表した。

  • Firefox OSに対応したCordova 3.4

    HTML5だけをつかった独自のモバイル開発アプローチから方向転換し、Mozilla社はFirefox OSに向けたCordovaへのサポート追加に取り組んでいる。このサポートは、最新のCordova 3.4.0で提供された。

  • Internet Explorer 10は幅広くFlashをサポートした

    Microsoftは、Windows 8とWindows RTで実行されるIE10でFlashサポートを拡大することを発表した。このコンテンツは、現在デフォルトで有効になっており、Windows上のFlashのポジションが固まった。

  • Flash4j 3.0 - Flash開発用Java API

    Flash4jはJava API(元々Apache Flexのラッパー)で、Java開発者にFlashアプリケーションを開発するのに、ActionScriptの知識を必要とせず、純粋にJavaによる手慣れた方法を提供する。

  • Apache Flexがトップレベルプロジェクトに昇格するも、将来は不透明

    Apache Software Foundation (ASF)はApache Flexがトップレベルプロジェクトへ昇格したことを発表した。AdobeがSDKのソースコードとツールなどASFへ委託してから約1年のインキュベーションを経ての昇格だ。

  • PhoneGap 2.0 – ひとつのフレームワークで複数のプラットフォームを

    Adobe SystemsがPhoneGap 2.0をリリースした。これは開発者や企業がHTML、CSS、JavaScriptを使って、クロスプラットフォームのモバイルアプリを開発できるようにするオープンソースソリューションだ。PhoneGapフレームワークを使うと、iOS、Android、Blackberry、Windows Phone、Palm WebOS、Samsung Bada、Symbianといった幅広いプラットフォーム向けにアプリケーションを構築できる。PhoneGap 2.0にはCordova WebViewのサポートが含まれている。これはすべてのモバイルプラットフォームで利用可能なブラウザコントロールを使うことで、Webアプリをネイティブアプリとしてラップできるようにする。

  • Microsoftは考えを変えた: Windows 8 IE Metroは、Flashを描画する

    驚くべきことにMicrosoftは、x86とARMの両プラットフォームのWindows 8 Release PreviewにおけるMetroとDesktopのIE 10でFlashをサポートした。

  • AdobeがPhoneGapブランドでCordovaを提供

    Adobeは、 PhoneGapの提供を PhoneGap Build や Adobe Shadowと一緒に Cordovaディストリビューションとして続けていくつもりである。

  • Flash、AIR、Flexのロードマップ

    AdobeはFlash、AIR、Flexや関連するその他の製品の詳細を発表し、これらの技術の今後の展開を示した。AdobeはFlashをゲームや高品質なビデオのための技術として再出発させるつもりだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。