BT
前の記事 rss
人のフォロワー

Ron Jeffriesが、開発者は"Agile"を捨てるべきと発言

作者: Rui Miguel Ferreira フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年6月19日 午前3時51分

Extreme Programming (XP)の著者、講演者、考案者の一人であり、2001年のアジャイルマニフェスト(アジャイルソフトウェア開発宣言)の署名者の一人でもあるRon Jeffries氏は、開発者は"Agile"を捨てるべきと主張した自身のブログ記事をシェアした。記事ではさらに、開発者は"ニセアジャイル"や"ダークアジャイル"の形式から離れ、マニフェストの価値や原則に近付くべきだと述べている。

人のフォロワー

“正しくコトを行う”から”正しいコトを行う”へ

作者: Rui Miguel Ferreira フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月28日 午前4時7分

オランダ ING社のCIOであるPeter Jacobs氏は、Agile India 2018で講演を行なった。Agileへの取り組みの発展と実践が、組織が正しくコトを行うことにどう役立ってきたか、そして、正しいコトを行なっていると保証するために現在直面している課題について話した。

人のフォロワー

アウトソーシングのためのリーンアジャイル調達

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月7日 午前4時39分

アジャイルを導入している組織にとっての最後の障壁の1つは、調達プロセスである。最近のAgiliaカンファレンスで、Mirko Kleiner氏が調達担当者、ITチーム、サプライヤが関与するサービス契約交渉のアプローチであるLean-Agile Procurementを提案した。これは、顧客ニーズに対応するために闘争的なスタンスから協力的なアプローチに移行するためのものである。

人のフォロワー

Nexus Guideがアップデート、統合性と透明性を重視

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月13日 午前1時4分

メジャーアップデートされたNexus Guideのおもな変更点は、Nexus Integrationチームの役割の明確化、スケールアップ時の透明性に関する説明、2017年版Scrum Guideへの適合などだ。Nexus Guideは、組織がスクラムをスケールアップする際に利用するフレームワークである。

人のフォロワー

"2018 State of Testing"調査

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月22日 午前2時0分

2018 State of Testingサーベイは、テスト専門職の技能向上とテストトレンドに対する意識に関する情報提供を目的とした調査で、2018年1月に実施された。

人のフォロワー

アジャイルの導入方法を改善する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月19日 午前2時5分

アジャイル導入にはアジャイルのアプローチを採用するべきであって、ウォーターフォール的な方法でアジャイルを導入するべきではない、チームの活性化を望むリーダと、それをサポートする組織の構築が必要だ。さらには業界として、アジリティの段階的な展開の実績を積む必要がある。

人のフォロワー

ZeroStackがDevOps Workbenchの提供開始

作者: Helen Beal フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月14日 午前2時36分

プライベートクラウドプロバイダのZeroStackは、開発者が独自のワークベンチを作成できるセルフサービス機能を発表した。ZerostackのIntelligent Cloud Platformを介して、DevOps Workbenchのユーザは、オープンソースと商用のプロバイダから提供されている40の開発ツールを利用できる。

人のフォロワー

オランダ鉄道はいかにしてアジャイルとリーンを導入したか

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月14日 午前1時47分

アジャイルとリーンの哲学による考え方は極めて近い - リーンはアジャイルを強化するものであって、逆もまた然りだ。アジャイルプラクティスが複雑なプロダクトの開発に最適な一方で、リーンプラクティスはプロセスの無駄を削減する機会を教えてくれる。リーンがプロジェクトの開始からデリバリまで、成果を顧客視点で見る上で有効であるのに対して、アジャイルは最適な価値の提供をサポートする。

人のフォロワー

GitHubはコミット時に複数の著者をサポート

作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月5日 午前2時47分

GitHubはコミット時に複数の著者をサポートすることを始めた。この新機能は、同じコミットやプルリクエストで作業するそれぞれの開発者のコラボレーションを改善することを目的としている。すべての著者が、自身のコミットの貢献を、プロファイル貢献グラフや、リポジトリの統計に確実に反映させることができる。

人のフォロワー

ディジタルリーダシップをアジャイルで支援する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月5日 午前1時22分

ディジタル化はもはや止められない - ディジタル化とモバイル化のますます進む顧客にとって、重要なのはディジタルリーダシップの提供だ。ITは従来型のサービスに取って代わる、新たなディジタル接続サービスの方向を示している。ある組織では、チームの資金調達方法を変え、優れたプロダクトを市場に投入する責任を負うオーナとしてのチームを実現するため、アジャイルを採用した。

人のフォロワー

知識労働組織における革新的信念

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月24日 午後9時56分

革新的信念(Game changing beliefs)は、我々の行動を形成する上で最も強固な壁となる。我々がプロフェッショナルな仕事において取り組むと決めた信念がレバレッジポイント(作用点)だ。組織の文化や行動を変え、アジリティを高めるために必要なのは、そのような信念なのだ。

人のフォロワー

チームはそれぞれのケイデンスを持つべきか?

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月15日 午前2時29分

先日のTwitter上で、作業計画用と学習および改善用、というように、チームが複数のケイデンス(cadence)を持つことの是非に関する議論があった。ケイデンスを分離することで、最適なケイデンスを検討する余地がチームに与えられる。適応性と自立性が向上し、よりよい成果を得られる可能性がある、というのだ。

人のフォロワー

Scrum Studioによるアジャイル原則の運用と組織の自立性向上

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月10日 午前12時23分

Scrum Studioを導入し、アジャイル原則に基づいた変革アプローチを用いたことによって、オランダの年金資産運用会社は、構造的なコスト低減と反応性の向上を実現した。変革チームは、あるべき姿の特性を備えた透過的かつ反復的な変革を適応することによって、自らの主張を実践してみせた。人々が自立性を持つ文化を確立したのだ。

人のフォロワー

Ken Schwaber、Jeff Sutherland両氏に聞く - スクラムガイドのアップデートについて

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年12月27日 午後9時47分

スクラムガイドが更新された。スクラムのあり方がより反映されるとともに、スクラムに対する誤解が解消されている。スクラムはソフトウェア製品開発に使用できるだけでなく、ソフトウェア以外のさまざまな領域にも適用が可能だ。スクラムは経験主義に基づく継続的改善のためのフレームワークである。各スプリント単位、あるいはさらに高い頻度で出荷可能な製品を用意することが、スクラムの重要な要素だ。

人のフォロワー

進化的アーキテクチャと継続的デリバリを支える技術的実践

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年12月24日 午後11時9分

TDDやリファクタリング、CI、ペアプログラミングなどのXPの実践は創発的設計をサポートし、アーキテクチャの進化を可能にする。継続的デリバリに必要なのは第一にCIで、メインラインに毎日コミットすることだ。きれいでしっかり考えられた、そして、よくテストされたコードを書けることは開発者にとってもっとも重要なスキルだ。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT