BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

前の記事 rss
人のフォロワー

マイクロサービスの人間的側面

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 sasai _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年12月7日 午前6時24分

マクロサービスアーキテクチャは、純粋に技術的なソリューションではなく、チームのコミュニケーションにとってのゲームチェンジャーだ。チーム間に安定した直接的なコミュニケーションチャンネルがない場合、彼らが作るソフトウェアはひどいものになるだろう。マイクロサービス実装を成功させるのに不可欠な5つの重要な特性は、ゼロコンフィグレーション、オートディスカバリ、高い冗長性、自己修復、フォールトトレランスだ。

人のフォロワー

カスタマーサポートに人間性を取り戻す

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年11月26日 午前4時3分

サポートチームを大事にすれば、彼らは顧客を大事にしてくれる。サポートチームはトレーニングを受け、信頼される必要があり、仕事に対して自律性と所有権が与えられて然るべきである。ボットは、人々が問題を解決するのを助けるカスタマーサポートで使われるべきではない;人が人を助ける必要があるのだ。たとえそれがロボットを雇うより高くつくとしても。

人のフォロワー

英国政府のディジタルトランスフォーメーションから学んだこと

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年11月26日 午前3時42分

英国政府のディジタルトランスフォーメーション(digital transformation)は2つのメリットを実現した — 行政サービスのデザインにユーザニーズが考慮されたことで、市民は必要な情報やサービスをより早く入手できるようになり、サプライヤは、現代的なアジャイル手法で政府に協力することが可能になった。ユーザと直に接することで、プロダクトをより良くするためのチームのモチベーションも向上した。

人のフォロワー

アジャイル第二の波: アジャイルマインドセットに生きる

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年11月20日 午前3時51分

アジャイルマインドセットに生きるとは実際に行うことであって、それについて議論することではない。アジャイルに生きることへのアクセスは、大きな成長を遂げるためにイエスと言う人のみに与えられる。組織に異なる行動を求めるなら、自分の行動から変えなければならない。これはMichael K Sahota氏が”アジャイルの第二の波(Wave 2 of Agile)”と呼ぶもので、誰もが加わるように誘っている。", and invites everyone to join.

人のフォロワー

MesaグラフィクスライブラリのためのIntelの継続的インテグレーション

作者: Hrishikesh Barua フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 sasai _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年11月20日 午前3時28分

Mesa CIは、Mesaグラフィックスライブラリのビルドおよびコンプライアンス・テストスイートを実行するためのIntelの継続的インテグレーションシステムだ。200を超えるシステムで動作し、1日に数千万のテストを実行している。

人のフォロワー

複数チームによるテスト自動化ソリューションを構築する

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年11月20日 午前3時17分

自動テストを備えた堅固なテストフレームワークは、リリースの信頼性向上を可能にする。フレームワークのクロスチームペアリングにより、リリース当初からの品質確保が可能になった。チームの結束力が向上し、テスト自動化に関する担当者のスキル向上も実現できた。

人のフォロワー

Atlassian、インシデント管理ソリューションを発表

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 sasai _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年11月12日 午前8時39分

9月4日、AtlassianはJira Opsと呼ばれる新プロダクトのローンチと、彼らがOpsGenieを買収することを発表した。Jira Opsを使うことで、組織はインシデントを解決し、そこから学ぶためのポストモーテムを実施できる。OpsGenieはJira Opsに迅速かつ信頼できるアラートを追加する。

人のフォロワー

MicrosoftがAzure Pipelinesを発表、オープンソースにCI/CDを無償で提供

作者: Eldert Grootenboer フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年11月12日 午前8時27分

MicrosoftはAzure DevOpsプロダクトの一部として、CI/CDサービスのAzure Pipelinesを新たに発表した。ワークロードの構築、テスト、デプロイを可能にし、さまざまな言語やプロジェクトタイプ、プラットフォームと連携する。

人のフォロワー

Jenkinsが安定性、操作性、クラウドネイティブ対応性に注力

作者: Hrishikesh Barua フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする  人のフォロワー   投稿日  2018年11月2日 午前12時23分

Jenkinsプロジェクトチームは、安定性に関する問題と、Kubernetesなどプラットフォームの実行サポートの改善に活動の重点を分割することを決定した。前者が後方互換性のない変更の問題やリリースモデルの変更、事前構成されたインストールの拡充などを扱うのに対して、後者は既存のJenkins Xプロジェクトと同じラインで活動する予定である。

人のフォロワー

"GitOps": WeaveworksがCI/CD実践に使用する開発者モデルを公開

作者: Daniel Bryant フォローする 824 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年11月2日 午前12時18分

この1年間、Weaveworksの開発チームは、開発用ツールを運用と継続的デリバリの実現に使う、“GitOps”と名付けた彼らのプラクティスに対して、そのアイデアを洗練する作業を続けてきた。

人のフォロワー

GitHubが開発者向けのワークフローツールをリリース:Actions、Suggested Changes、.NET/Java向けのSecurity Alerts

作者: Sergio De Simone フォローする 21 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする  人のフォロワー   投稿日  2018年10月29日 午前9時7分

サンフランシスコで開催されたGitHub Universeで、GitHubは、開発者に対して、アクション、推奨される変更、.NETとJava向けのセキュリティアラートなどのワークフローをより効果的にするための、新しい多くのツールを発表した。

人のフォロワー

Portfolio for Jiraのロードマップ作り

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 sasai _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年10月29日 午前8時58分

プロダクトバックログがフィーチャーリストではなく課題の優先順位リストになっていると、変化に対応しやすくなる。フィーチャーを届けることを早いうちから約束する必要はなく、新しい技術が利用可能になれば、それを使うことができる。ロードマップを見える化し、定期的に新しい情報を取り込み、それを用いてロードマップを評価することは、アジャイルであり続けるのに役に立つ。

人のフォロワー

Arnold Egg氏がAgile Impactカンファレンスでダイナミックな環境でのアジャイルについて講演

作者: Shane Hastie フォローする 30 人のフォロワー , Hugo Messer フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年10月29日 午前8時55分

Arnold Egg氏は、ダイナミックな環境でのアジャイルをテーマに、インドネシアで開催されるAgile Impactカンファレンスで講演を行い、アジアの大手企業のひとつでCTOを務めた自らの経験を披露する予定だ。インドネシアが世界中の他の地域に製品やサービスを提供している状況や、ディジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の現状について語る。単一の解というものはなく、コピー・ペースト的な適用は失敗する。

人のフォロワー

ワールドアジリティ2018の表彰を発表

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年10月22日 午前12時55分

ワールドアジリティ2018の表彰が、World Agility Forumによって発表された。ヨーロッパ、アフリカ、アメリカの企業を表彰する地域的なもののほか、創造的アジリティ、防衛アジリティ、チームアジリティ、個人アジリティ、ライフタイムアジリティの表彰がある。

人のフォロワー

なぜ、どのように、いつ読みやすいコードを書くか

作者: Thomas Betts フォローする 54 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年10月17日 午前8時39分

ほとんどの開発者が読みやすいコードを欲している。開発チームは機能性より読みやすさを好ましいと思っているかもしれない。しかし、読みやすさを定義しようとすると、意見が割れる。Explore DDD 2018でLaura Savino氏はなぜ読みやすいコードが良いのか、読みやすさとはどういうことなのか、他の考慮点よりも読みやすさが絶対的に優先度が高い場合はどんな場合か、について話をした。

BT