BT

InfoQ ホームページ Agile に関するすべてのコンテンツ

  • DockerCon EU 2018まとめ - マイグレーションツール,Docker Desktop Enterpriseなど

    DockerCon Europe 2018では、.NETおよびJavaアプリケーションのコンテナベースのマイグレーションツーリングのプレビュー、デジタルトランスフォーメーションとテクノロジインテグレーションプロジェクトのサポート、Docker Desktop Enterpriseのローンチ、Docker Compose on Kubernetesのオープンソース化などの発表と合わせて,MicrosoftとのコラボレーションによるCNAB仕様が発表された。

  • MicrosoftがAzure Pipelinesの新機能と機能統合について発表

    先日のConnect()イベントで、Microsoftは、Azure Pipelinesに関する新機能とインテグレーションについて発表した。その中には、Visual Studio Code用Azure Pipelinesエクステンション、GitHubリリースの管理、IoTプロジェクトのサポート、ServiceNowインテグレーションなどが含まれている。

  • リーン原則を使って増員せずにデリバリを倍増する

    リーンツールは生産性の向上と顧客コミットメントの改善に寄与する。Keepeekでは、問題解析にプルフロー、PDCA、Red Binといったテクニックが使用されている。改善で最優先されるのは顧客への影響だ。その結果、同社のスループットや顧客満足度は著しく向上し、NPSが改善された。

  • 多様性を受け入れ、包容性を育むことの必要性

    テクノロジの世界にいる我々は、常に革新し、新たな領域へと進まなくてはならない。そのために、さまざまな世界の人々を雇用し、話を聞き、関係を保つことなくしては、能力を最大限に引き出すことは不可能だ。少数集団を積極的にサポートして活用しているハイテク産業は、すべての人にとって好ましい産業だ。多様性を受け入れ、包容性を備えた環境を育むことによって、企業の収益も改善される。

  • Jenkinsの現代化と'Jenkinstein'回避のための5つの取り組み

    Jenkinsの作者でCloudBees CTOのKohsuke Kawaguchi氏が先月、ニースで開催されたJenkins Worldで、人気の高いCI/CDツールを現代化するために現在行っている5つの取り組みについて講演した。この取り組みは、Jenkins Evergreen、Jenkins Pipeline(Blue Ocean)、Jenkins Configuration-as-Code、Jenkins-X、Cloud-Native Jenkinsを中心に展開されている。

  • 新しいDocker HubがDocker CloudとDocker Storeを統合

    Dockerは、Docker Store、Docker Cloud、Docker Hubの機能を1か所にまとめた新しいDocker Hubエクスペリエンスをリリースした。これにより、コンテナイメージを検索、保存、共有するための単一のエクスペリエンスをユーザに提供する。認証済みおよび認定済みの画像とプラグインがDocker Hubから入手可能になった。Dockerは自動ビルド機能の改良もリリースした。

  • リーンを使ってデジタルネイティブから何を学べるか

    Theodo UKの創業者でありCEOであるFabrice Bernhard氏は、Lean Digital Summit 2018で ”what lean can learn from digital natives(デジタルネイティブからリーンは何を学べるか)”という講演を行った。デジタルネイティブはリーンスタートアップやアジャイルプラクティスになじんでおり、彼らはアジャイルとトヨタ生産方式を結びつけ、アイデアの実験、イノベーションの展開、スケールの高速化を可能にして先へと進んでいく。

  • 手動回帰テストマニフェスト

    回帰テストを自動化することは必ずしも最適解ではない。2018 fall Online Testing Conferenceで、Brendan Connolly氏はこう主張した。彼は「手動回帰テストマニフェスト」を発表し、それを使うことで、機能テストと回帰テストを区別し、テストを自動化するかどうか決める方法を紹介した。

  • TDDの5つの前提 - GeePaw Hill氏に聞く

    TDDは単なるテクニックではない、プログラミング全般のスタイルであり、関連する行動や考え方の統合システムである。TDDの5つの前提は、我々が活動するリングを提供する。それらはTDDを行うものが呼吸する大気なのだ。

  • GitLab 11.6がサーバレス機能のデプロイをサポート

    GitLabの最新リリースでは、KnativeとKubernetesを使用して、Function as a service(FaaS)モデルを利用したサーバレス処理の構築、デプロイ、管理ができる。

  • 未来の仕事は女性である

    Agnieszka Walorska氏によると、今日の一般的な女性の仕事は、適応性、即効性、感情的な知性、暗示的な知識が中心であり将来的に優位になるという。人工知能とロボティクスは、主に男性が行っている高度な技術のある仕事を自動化する。

  • テクニカルリーディングに関する一考察

    役割のバランスを見つけるために、雇用者は流動的な人事構造を採用する必要がある。技術職と管理職の道は隣り合わせでなくてはならない。心理的安全なしに、本当の効果的な成長を遂げることはできない。問題とシナリオについて話せる良きメンターは非常に貴重だ。これらは、Redgate Softwareでテクニカルリードを務めるJulia Hayward氏が示した、テクニカルリーディングに関する一考察の一部だ。

  • AtomistがSoftware Delivery Machine 1.0をローンチ

    ソフトウェアデリバリ自動化の企業であるAtomistが、Software Delivery Machine (SDM) 1.0を発表した。Atomist SDMはクラウドネイティブなソフトウェアデリバリプラットフォームであり、特にKuberneteとSpring用には追加機能を備えている。

  • ConcouseCIによるテスト駆動コンテナ化ビルドパイプライン

    ThoughtWorksの主任開発者のひとりが、同社のあるクライアントでビルドパイプラインを書き換えた際の、自身のチームの経験談を公開している。チームは、コンフィギュレーション・アズ・コード、パイプライン駆動デリバリ、コンテナのサポート、システムの可視性といった点を重視して、JenkinsからConcourseCIへのスイッチを行った。

  • Jeff Smith氏に聞く - DevOps転向に関するDevOpsDays NZ基調講演

    InfoQはjeff Smith氏に、来たるDevOpsDays NZの基調講演で取り上げる予定である、CentroのDevOps文化への転換について話を聞いた。氏はさらに、先日のDevOpsDays Indianapolisで取り上げた、協力者が異なるレンズで世界を見ているために生ずる不整合についても説明してくれた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。