BT
前の記事 rss
人のフォロワー

なぜ、どのように、いつ読みやすいコードを書くか

作者: Thomas Betts フォローする 48 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年10月17日 午前8時39分

ほとんどの開発者が読みやすいコードを欲している。開発チームは機能性より読みやすさを好ましいと思っているかもしれない。しかし、読みやすさを定義しようとすると、意見が割れる。Explore DDD 2018でLaura Savino氏はなぜ読みやすいコードが良いのか、読みやすさとはどういうことなのか、他の考慮点よりも読みやすさが絶対的に優先度が高い場合はどんな場合か、について話をした。

人のフォロワー

内面からのリーダシップとアジリティへの展開

作者: Ben Linders フォローする 28 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年10月17日 午前8時17分

アダプティブな組織は、気付き(awareness)をリーダシップの基本的な特徴とする、水平的(horizontal)リーダシップに基づいて活動する。好奇心と共感、そして勇気を持って真摯に耳を傾ける行為、すなわちリスニング(傾聴)こそが我々の認識、我々の関係、我々の環境を変えるのだ。

人のフォロワー

GartnerがMagir Quadrantを更新、エンタープライズアジャイル計画ツールを対象に

作者: Rui Miguel Ferreira フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年10月9日 午前3時33分

Gartnerは2017年から、“アプリケーション開発ライフサイクル管理”に代えて、“エンタープライズアジャイル計画ツール”に関する調査を実施している。アナリストによると、エンタープライズアジャイル計画(EAP)ツールは、顧客中心かつビジネス成果指向のプラクティスと継続的フィードバックを合わせて活用することによって、大規模なアジャイルプラクティスの確立を支援している。

人のフォロワー

プロジェクトではなく、プロダクトで思考せよ

作者: Ben Linders フォローする 28 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年10月1日 午前4時33分

Organizations structured around products oversee their work end-to-end. Reversing Conway’s law to establish long-lived teams around the products brings stability and makes it プロダクトを中心に構築された組織は、エンドツーエンドで作業を監視する。Conwayの法則を逆転して、プロダクトに基づいた長期的なチームを確立することにより、組織が安定すると同時に、作業の管理と優先順序付けが容易になる。レトロスペクティブはプロダクト管理の強力なツールだ。継続への自信を与え、組織に対するリスクや損失の可能性のあるものを素早く見つけ出せるようにしてくれる。

人のフォロワー

Heidi Helfand氏の講演より - 影響力を最大化するための「聞く」技術

作者: Angela Wick フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月24日 午後11時21分

リーダシップは聞き取り(listening)から始まり、聞き取りは影響力を増幅する!Heidi Helfand氏がAgile2018で、よりよいリーダになるための聞き取りのスキルについて講演した。聞く耳を持つリーダは、チームに大きな影響を与える。スローダウンして注意を払って意見を聞くか、一足飛びに答を与えるかは、影響の場所に関わる。遠回りに思えるかも知れないが、その結果には永続性がある。

人のフォロワー

分散チームの同調を保つには

作者: Ben Linders フォローする 28 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月24日 午後11時13分

分散チームの最大の課題はコミュニケーションである。コミュニケーションは、コラボレーションの基本ルールを確立する上で不可欠なものだ。お互いの連絡に都合のよい勤務時間へのシフトやチームリエゾンは、コミュニケーションと作業同期を行なう上で有効な手段である。信頼と尊敬とオープン性に立脚したチームは、組織全体の人々を積極的に支援し、チーム間の同調を維持する文化を育む。

人のフォロワー

Arthur Purnama氏が語る、統合ITと組織変革

作者: Shane Hastie フォローする 28 人のフォロワー , Hugo Messer フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月24日 午後11時4分

Arthur Purnama氏は、インドネシアで近く開催されるAgile Impactカンファレンスで、企業の統合ITへの移行を支援した自らの経験と、変革プログラムの成功には変化が不可欠であるというメッセージを、人々がどのように考え、理解し、受け止めるかを認識することの重要性について講演する。

人のフォロワー

アジャイルコーチング能力の定義

作者: Angela Wick フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 sasai _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年9月20日 午後11時39分

Agile2018において、ICAgile(International Consortium for Agile)がアジャイルコーチングに関するパネルディスカッションを開催した。パネルでは、アジャイルコーチとは何か、コーチング能力、キャリアの向かう先、コーチングの今後の方向性について議論した。

人のフォロワー

マイクロサービスの通信手法

作者: Jan Stenberg フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月19日 午後9時53分

モノリスからマイクロサービスに移行することで、それまでモノリスの中の暗黙的に存在していた複雑性が明らかになり、通信に関する課題が指数級数的に増加する — Michael Plöd氏は、GeeCON 2018でのプレゼンテーションでこのように述べ、マイクロサービス間の通信に関するさまざまな手法について説明した。

人のフォロワー

リモートチームでアジャイルになる

作者: Angela Wick フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年9月18日 午前12時38分

Shane Hastie氏とShannon Ewan氏はSan Diegoで開催されたAgile2018カンファレンスで、Being Agile in a Remote Teamと題したセッションにおいて、分散アジャイルチームとうまくいく方法について講演した。彼らはICAgile(完全リモートチーム、組織)でうまくいったストーリーを紹介しながら、ハイパフォーミングチームの品質、リモートチームにおける迷信、リモートチームをうまく動かす戦略について話した。

人のフォロワー

反省会での心理的安全性

作者: Ben Linders フォローする 28 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月18日 午前12時32分

インシデントが発生すると感情が前面で出てくる。学習プロセスの中で非難なしの心理的に安全な反省会は重要だ。反省会は穏やかに行い、なるべく部外者が参加し、非難なしで皆に話す機会を与えるべきだ。本当に何が起きたのかを明確に理解するまでは、インシデントの分析を開始してはならない。

人のフォロワー

顧客が常に正しいとは限らない、あなたもね

作者: Angela Wick フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 sasai _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年9月18日 午前12時29分

Natalie Warnert氏はAgile 2018で、The customer is not always right, and neither are you!(顧客が常に正しいとは限らない、あなたもね!)というタイトルで講演し、いかにして正しいものを作るようにするかを聴衆に思い出させた。彼女は、チームがはまる3つの落とし穴、不適切な顧客(Incorrect Customer Trap)、早計な解決策(Premature Solution Trap)、データ溺れ(Drowning in Data Trap)と、その回避策を紹介した。

人のフォロワー

ヒーローは高くつく - 火消しの文化を消滅させる

作者: Angela Wick フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年9月18日 午前12時26分

Sue Johnston氏は、最近サンディエゴで行われたAgile2018カンファレンスで、”Heroes Are Expensive - Extinguishing The Firefighting Culture”と題した講演を行った。彼女はヒーローの見つけ方、チームメンバーとリーダーをヒロイックにするもの、そのインパクト、それについてできること、ヒーローの再定義のし方についてを見出した。

人のフォロワー

Agile StalwartのDavid Hussman氏が8月18日に逝去

作者: Shane Hastie フォローする 28 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年9月18日 午前12時23分

プロダクト開発のエキスパートであり、アジャイル(”小文字の方の”)実践者であり、コミュニティ構築者、そして熱烈な支持者であるDavid Hussman(”The Dude”)氏が2018年8月18日に逝去した。Hussman氏はDevJamの創設者で、プロダクトアイデアの価値を簡潔に表現したDude’s Lawの考案者として名高い。彼はその死を惜しまれるミュージシャン、父、起業家、そしてコミュニティ構築者であった。

人のフォロワー

著作者、教師、コンサルタントのJerry Weinberg氏が死去

作者: Ben Linders フォローする 28 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月17日 午後10時22分

著作者で教師、コンサルタントのGerald M. “Jerry” Weinberg氏が、2018年8月7日、84歳で亡くなった。コンピュータプログラミング、システム思考、リーダシップ、変革、コンサルティング、執筆に関する、およそ100冊の著書を持つ。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT