BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Agile に関するすべてのコンテンツ

  • デプロイメントを改善してステージング環境を無くす方法

    Squeakyは、プライバシーを侵害することなく訪問者がWebサイトやWebアプリを使用できるかを企業が理解できるよう支援する会社だ。同社は、ステージング環境を使用しない理由を概説している。彼らは、これによってより速く出荷でき、プロダクトに見つかる問題の数を減らすのに役立つと考えている。

  • アジャイルビジネスゲームを実施するには

    ゲームをビジネスオーナの観点で"面白い"ものにするためには、ビジネスニーズとの整合性を確保することが必要になる。そのようなゲームの立案は、"コンテキストを探る"、"ターゲットグループを知る"、"フォーカスを定義する"、"ファシリテーションの方法を決定する"という4つのステップで行えばよい。

  • JRelaser 1.0:アーリーアダプタに聞く

    JRelaserは、それ自体のリリースに使用することを通じて、ユーザエクスペリエンスの直接的な理解を深めてきた。その過程を通じて、他のプロジェクトにも導入されるようになった。InfoQは今回、JReleaserのエクスペリエンスと安定性について理解するべく、その開発に関わってきた開発者たちの声を聴いた。

  • Veracodeの報告書に見る、ソフトウェアサプライチェーン保護の進展の兆し

    Veracodeが先頃リリースした"State of Software Security" レポートには、サードパーティライブラリで発見された既知のセキュリティ脆弱性の数が全般的に減少傾向にあること、小規模なアプリケーションほどイシュースキャンがより定期的に実行される傾向があること、などが報告されている。さらには、業界が発展途上の段階にあることも明らかになった。

  • スタッフプラスエンジニアへの道:管理職から技術職への回帰

    技術分野の従事者には、管理職のキャリアだけが目標ではない。Fabiane Bizinella Nardon氏は、管理職から技術職に復帰してスタッフプラスエンジニアとなり、スタッフプラスフレンドリな会社を設立した人物だ。氏はQCon London 2022で、"A CTO That Still Codes: My Tortuous Path to the Staff Plus Engineer Role"と題する講演を行った。氏は2022年5月10日~20日のQCon Plusでも講演する予定である。

  • 優れたスタッフプラスエンジニアになるには

    スタッフプラスエンジニア(staff-plus engineer)としての自分の有効性を高めるためには、コミュニケーション、リスニング、技術的戦略、ネットワークのスキルを高めることが大切だ。Blanca Garcia Gil氏はQCon London 2022で、スタッフプラスエンジニアとして成功するための5つの行動指針について講演した。さらに氏は、2022年5月10日~20日のQCon Plusでも講演する予定である。

  • スタッフプラスエンジニアとして技術職に留まるには

    テクノロジに携わり続けたいと願うエンジニアには、スタッフプラスエンジニア(staff plus engineer)になる、という方法がある。スタッフプラスエンジニアは、他の人々に影響力を持たせることがその役割だ。周りの人々を巻き込むというのは難しく、コミュニケーションや影響力のあるスキルに取り組む必要がある。Nicky Wrightson氏はQCon London 2022で、"The Secret Strategy for Landing That Staff Engineer Role"と題して講演した。氏はQCon Plus May(2022年5月10日~20日)でも講演する予定である。

  • オープンソースによってどのようにしてstaff+の役割への道を開けるか

    オープンソースへの貢献と長期的なコミュニティの関与は、staff+エンジニアの役割への道を歩むのに役立つ。文面によるコミュニケーションスキルは、オープンソースで一般的な非同期的なリモートワークの鍵となる。あなたの貢献はビジネスニーズと一致している必要がある。それによって、あなたの知名度が上がり、キャリアの可能性が広がる。Alex Porcelli氏はQCon London 2022で発表した。

  • BBCの新たなサーバーレスプラットフォームによりスケーラビリティとパフォーマンスが向上

    新しいWebCoreサーバーレスプラットフォームへの移行から1年後、BBCは、アーキテクチャのメリットを享受し始めた。このアーキテクチャにより、パフォーマンスと運用上の課題を解決するエンジニアの負担を取り除くことができ、顧客に提供する価値に集中できるようになった。

  • ��タッフプラスエンジニアになる:リーダーシップとコミュニケーションのトレーニングが大切

    技術的なキャリアを追求したいエンジニアに対する業界のサポートが不十分であり、それがエンジニアに影響を及ぼしている。多くの優れた技術者が、管理職を探すことを余儀なくされている。スタッフプラスエンジニアの役割への道は簡単ではない。スタッフプラスエンジニアになるためのリーダーシップとコミュニケーションに関するトレーニングは、彼らがより優れた技術リーダーになる助けとなる。

  • CircleCIレポートにより、成功したソフトウェアチームがより大規模で、広範囲にテストを実施していることがわかった

    CircleCI(継続的インテグレーション・継続的デリバリープラットフォーム)は、2022年ソフトウェアデリバリ状況レポートの調査結果をリリースした。このレポートでは、最も成功したソフトウェアデリバリチームがより大きなチームであり、広範囲に及ぶテストを行い、デプロイの準備ができていることを優先していることが明らかになった。

  • JReleaser 1.0が自らを”リリース"

    初回リリースからちょうど1年、JReleaserがバージョン1.0をリリースした。その間、さまざまなプロジェクトに採用され、機能も向上している。この1年間の発展を振り返り、次の1年間を予測するため、作者で中心的コントリビュータのAndres Almiray氏に話を聞いた。

  • eBayで分散アーキテクチャによって複雑な依存関係を管理

    eBayエンジニアリングチームは最近、彼らがどのようにしてスケーラブルなリリースシステムを考案したかについてその概要を説明した。リリースソリューションは、分散アーキテクチャを活用して、約2時間で3,000を超える依存関係にあるライブラリをリリースする。チームはJenkinsをGroovyスクリプトと組み合わせて使って、リリースを実行する。

  • ゲーミフィケーションによるソフトウェア品質の向上

    バグハンティングやリスクストーミングゲームをプレイするBingo Bongoセッションにより、品質を向上させることができる。ゲーミフィケーションは学習を支援し、日常業務を面白くし、チームスピリットを強化することができる。ゲームをプレイすることはオフィスでの日常業務の一部であり、効果的な作業時間と見られるべきである。ゲーミフィケーションでは、創造的なプロセスによって真の価値が生み出される。

  • スタッフプラスエンジニアとして成功するための5つの行動

    スタッフプラスエンジニアは、より大きな影響を与える技術リーダーとして機能するものである。物事を成し遂げる彼らの能力は、他の人を成長させ、指導するため、彼らの個々の能力を超えたものになる。テクノロジー業界は、エンジニアが個別に作業するという考えから離れてきている。コラボレーションがスタッフプラスの役割において最も重要な行動の1つとなる。

BT