BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Agile に関するすべてのコンテンツ

  • 仕事以外の場でテストスキルを磨く

    テスト方法をゲームにする(gamify)、テストプラクティスのコミュニティにオンライン参加する、仮想旅行する — これらはいずれも、テスト技術を向上させるために仕事以外の時間で行うことのできるアクティビティの例だ。世界中のテスタたちとともに継続的な学習を実践して、学んだことを職場に持ち込み、チームのメンバたちと共有して、テスト手法を改善することが可能になる。

  • コミュニティでの議論: 継続的デプロイメントの価値とその存在まで

    HoneycombのCTOであるCharity Majors氏の投稿は、人々がCI/CD (継続的インテグレーションと継続的デプロイメント) について話すとき、彼らが継続的インテグレーション (CI) についてのみ話しており、それでは十分ではないと主張し、継続的デプロイメント (CD) に関する議論を再開した。議論では、その重要性だけでなく、実際にそれを使用している組織の数もカバーした。

  • Spotifyが実現した、Paved Pathと共通ツーリングによる生産性向上

    SpotifyのプロダクトマネージャのMaria Jernström氏とJason Palmerが、開発チームの迅速なオペレーションと連携を可能にする方法について説明した。同社のPlatform Developer Experienceトライブ(tribe)はCI/CDツール、プロダクション開発用ツール、共通プロセスの自動化に重点を置いた既定手順(paved path)を構築する部隊である。

  • Manuel Pais氏のCOVID-19の中のTeam Topologies

    Team Topologiesの共著者であるManuel Paisは、先頃、トポロジを使用して階層構造から権限を与えられたチームに移行したCapra Consultingのリーダと話をした。ジャーニーについてレポートし、COVID-19のコンテキストでTeam TopologiesについてPais氏に話を聞いた。

  • Eclipse資格情報のリークがスナップショットビルドに影響

    Nexus Repository Managerのデプロイ資格情報がGitHubにリークされた。この問題は、2月中旬に脆弱性レポートが提出されたときに広く注目された。資格情報は暗号化されていたが、マスタパスワードもリークされていた。マスタパスワードはプレーンテキストでは保存されていなかったが、デコードは比較的簡単で、他の資格情報を復号化するために使用できた。

  • Coinbaseが構築した”運用環境への道” - QCon Plus Q&Aより

    Coinbaseでは、エンジニアと顧客の数が増えるに従って、より多くのプロジェクト、早いイテレーション、増え続けるインフラストラクチャに対する多くのコントロールを必要とするようになった。開発者が何をしているかを見て、それを支援するための社内デプロイメントツールを開発していく過程において、同社は、セルフサービスの文化を構築したのだった。

  • カンバンは進化的変化をどのようにサポートできるのか

    進化的変化とは、現在の場所から始めて、一度に1つの小さな変化で改善することだ。変化を引き起こし、それを制度化するには、ストレッサー、内省メカニズム、リーダシップの行動が必要だ。共感的理解によって、変化エージェントは、誰かと共鳴するものを見つけ、抵抗に対処できる。

  • 価値 対 時間: アジャイル契約モデル

    アジャイル契約モデルは、顧客に提供する価値に重点をおくのに役立つ。そして、チームや人々に報いることを考慮し、共通の目的に向かって継続的改善を行うようにする。Zupit のアジャイル契約モデルの経験について、ZupitのCEO、Andrea Zomer氏にInfoQがインタビューした。

  • GitLab 13.9では、セキュリティアラートダッシュボード、メンテナンスモードなどが導入された

    GitLabの最新リリースでは、60を超える新機能が導入されている。主な目的は、大規模なDevSecOpsのサポートを改善し、自動化の複雑さを大規模な環境下でより適切に処理することである。

  • アジャイルリーダの特徴

    アジャイルリーダはアジャイルプラクティスに対して情熱を持っている。メンバに信頼を教授し、透明性を創出し、建設的な批判をオープンに受け入れることで、大きな成果を上げることを目指すのがアジャイルリーダだ。彼らが重視するのはビジョンと顧客である。アジャイルの意味するところを理解し、メンバに自���性を与えて自身はサポートに回り、学びと実験を通じて彼らの発展と成長を促すのだ。

  • 品質の造り込みのためのアジャイル的アプローチ

    品質の造り込み(Built-in Quality)はアジャイルの重要な柱のひとつだ。しかしながら、これを大規模に実践するには、開発ライフサイクル全体を見る必要がある。組織のさまざまな層で、品質意識を向上させることが必要だ。アジャイルコーチは、アジャイル的作業方法を活用し、品質思考を推進することによって、これを支援することができる。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年4月5日週

    4月5日週のJavaエコシステムのストーリーの総まとめ。

  • アジャイルコーチングのための倫理的行動規範の草稿が公開

    Agile Coaching Ethics Initiativeは、アジャイルコーチングに関する水準向上を目的とする行動規範の草案を公開した。この活動は、幅広いアジャイルコミュニティを独立性を持って代表するため、Agile Allianceの支援下で行われている。

  • JFrogはJCenterとBintrayを閉鎖へ

    JFrogは、GradleやAndroidビルドでよく使用されるJavaリポジトリ JCenterを含むBintrayアセットホスティングサービスを閉鎖すると発表した。 Bintrayへのアップロードは月末にブロックされ、アセットは4月末以降ダウンロードできなくなり、その後すぐに削除される。 これがJavaビルドパイプラインにとって何を意味するかを知るために読んでください。

  • Npm 7がワークスペースと決定論的ビルドをサポートで一般提供

    先頃リリースされたnpm 7には、開発者から要求されたいくつかの機能が追加されている。たとえば、ワークスペースのサポート、ピア依存関係管理のより良いサポート、決定論的に再現可能なビルドだ。npm 7は、開発者エクスペリエンス全体の改善を目的としたいくつかの重大な変更を含む大きなリリースだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。