BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Agile に関するすべてのコンテンツ

  • アジャイル原則を使ってジェンダーインクルージョンを改善する

    パキスタンは、ハイテク分野のジェンダーインクルージョン(gender inclusion、性別による非排除)で遅れている。しかしながら、コーディングブートキャンプが女性の就業機会の獲得や、金銭的な独立を支援している。プロダクト管理の専門家でコミュニティリーダのFaiza Yousuf氏は、Agile 2021で、ジェンダーインクルージョンの推進にアジャイル原則を適用した自身の経験について講演した。

  • PayPalがGraphQLを採用し、開発者の生産性向上を実現

    PayPalは先頃、近年のPayPalにおけるGraphQLの採用について解説したブログ記事を公開した。2018年のCheckoutアプリケーションひとつから始まった導入はその後、GraphQLフェデレーションを使用した統合型のフェデレーションAPIを構成するまでに至っている。組織全体に及ぶGraphSQLの採用は、開発者の生産性向上やアプリケーション提供の迅速化といった成果を生み出した。

  • アフリカにおけるアジャイルの未来 - その課題と進展

    アフリカ大陸におけるアジャイルの採用は、困難な課題と挫折に直面していることから、他の大陸に比較して遅れている。しかしながら、プロダクト開発における協調的アプローチがより生産的かつ価値重視の結果につながるという事実を、ハイテクスタートアップやSME、大企業が認識することによって、これからの20年間は、この若い大陸に大きな期待が持てるものになるだろう。

  • Litmus 2.0リリースでマルチテナンシー、カオスワークフロー、GitOps、可観測性を提供

    先月、Litmus 2.0が一般向けとしてリリースされた。カオスエンジニアリングを簡素化することを目的としており、カオスセンター、カオスワークフロー、カオス用GitOps、マルチテナンシー、可観測性、プライベートカオスハブなどの新機能を追加している。InfoQは、ChaosNativeのCEOであり、Litmusエンジニアリングプラットフォームの共同作成者および保守担当者のUmasankar Mukkara氏にインタビューした。

  • 自己不信やインポスタ症候群から脱却し、テクノロジにおける多様性のメリットを見出すまで

    Charu Bansal氏は、自身が非技術的なバックグラウンドを持っていることから、そのキャリアにおいて、自分がセキュリティに関する価値を提供できないのではないかと不安を持つ、インポスタ(詐欺師)症候群に度々陥っている。The Diana Initiative 2021で行った講演の中で氏は、非技術系のキャリアから情報セキュリティの分野に転向したことによる多様な観点を持つことが、困難なセキュリティ問題を解決する上でいかに役に立ったか、という話をした。

  • Travis CIの脆弱性が顧客の秘密を漏洩した可能性

    人気の継続的インテグレーションおよびデリバリーサービスであるTravis CIは、署名キー、アクセスクレデンシャル、APIトークンなどのセキュアな環境変数を漏洩する可能性のある脆弱性を明らかにした。この欠陥は9月10日にすぐに修正されたが、開発者コミュニティはこの問題のTravis CIの対応が不十分であることに気づいた。

  • テスト戦略によってデプロイメント作業の完成度とプロダクト品質を向上する

    テスト戦略の実践は、運用環境への"プッシュ・アンド・プレイ(push and pray)"デプロイメントから、継続的かつ確信を持って行うデプロイメントへの移行を支援する。さまざまなイネーブラ(enabler)を備えたフレームワークにマッピングすることにより、テストという強力なセーフティネットの下で、運用への移行に先立ってプロダクト全体の品質メトリクスを調整することが可能になるのだ。

  • MLOps: 機械学習システムの継続的デリバリー

    機械学習モデルの開発、導入、生産性の維持は、多くの困難を伴う複雑で反復的なプロセスだ。MLOpsとは、MLモデル、特にMLシステムの開発にシステムの運用を組み合わせることを意味する。MLOpsを機能させるには、データサイエンスの反復と探索コンポーネントと、より線形のソフトウェアエンジニアリングコンポーネントとのバランスをとる必要がある。

  • 外部ITプロバイダがDevOpsプラクティスを採用するには

    ITサプライヤは、プロダクト開発に実験的アプローチを採用して、小さなプロダクト増分を運用環境で検証するという、小規模バッチで作業することにより、"you build it, you run it"というマントラに従うことができる。サプライヤはクライアントの目標が何であるかを見つけなければならない。そして、コラボレーション開発を行うためには、それをサプライヤ自身の目標にしなくてはならないのだ。

  • レガシシステム廃止のためのパターン - ThoghtWorksが語るITランドスケープの進化

    Martin Fowler氏は先頃、"Patterns of Legacy Displacement"という一連の記事を公開した。レガシシステムのリプレースに関連した、著者らの集合的体験を要約したものだ。プロジェクトを3つのフェーズに分割し、それぞれについて列挙されたパターンに従うことで、成功の可能性は高くなる、と著者らは主張する。

  • DevOpsの4つのキーメトリクスの計測から学んだこと - 改善すべき領域の特定

    ITの4つのキーメトリクスの計測は、企業のソフトウェアデリバリプロセスのパフォーマンスを評価するための手段である。これらのメトリクスを継続的に監視することが、投資対象を判断する上での一助となり、パフォーマンス改善への指標になる。

  • チームヘルスアセスメントの促進

    チームの健全性と幸福を調査し、話し合うためのヘルスアセスメントがある。Gwenno Haf Hughes氏によると、チームに独自のヘルスチェックを作成してもらい、チェック対象のチームのヘルスがどのように見えるかを理解するのは良いことだ。私たちはファシリテーターとして、チームが何をどのように改善するかの決定を支援する。

  • GitLabがFalcoベースのツールで、悪意のあるコードを検出するた���のPackage Hunterをオープンソース化

    GitLabは、新しいオープンソースツールPackage Hunterをリリースした。このツールの目的は、サンドボックス内でプロジェクトの依存関係を実行することで悪意のあるコードを検出することである。Package Hunterは、Falcoを利用して、実行時に予期しないアプリケーションの動作を検出する。

  • 分散型DevOpsチーム:ノンストップデリバリーの実現

    連絡を取り合い、分散したチームとして団結することは、多くの人が直面する課題だ。共有バックログからストーリーを割り当てることで、分散チームがノンストップデリバリを行うことができるようになる。そして、チームのすべてのメンバーに、必要に応じてコードを本番環境に昇格させたり、昇格を取り消したりする権限を与えた。同じような、あるいは重複するマイクロサービスが作成されないように、アーキテクチャに注意する必要がある。

  • InfoQ Live 8月17日:クラウドネイティブ、CI/CD、サービスメッシュなどを深掘り

    実用において、すべての開発チームが、クラウドコンピューティングデリバリモデルの利点を利用するアプリケーションの構築・実行においてメリットを受けるであろう。今年の8月17日、InfoQ Liveのソフトウェアリーダーは、サービスメッシュ、CI/CD、クラウドネイティブのベストプラクティスと落とし穴などのトピックを深掘りする。参加しましょう。19.95ドルで今すぐ予約を。

BT