BT

InfoQ ホームページ Agile に関するすべてのコンテンツ

  • Redgateにおけるジェネレーティブな文化の構築 - QCon London Q&A

    ジェネレーティブ(Generative、生成的)な文化には、明確な目標意識、高度な協調、そして学びがある。ジェネレーティブな文化の中には、学習の時間と新たなアイデアを提案する空間がある。Redgateでプロダクトエンジニアリングの責任者を務めるJeff Foster氏はQCon London 2020で、ジェネレーティブな文化を作り上げることによってRedgateがいかに製品開発の方法を改善したか、というテーマで講演を行う予定である。

  • AmazonがCLI v2をリリース、SSOとインタラクティブなユーザビリティ機能が使用可能に

    Amazonは先頃、ブログ記事でAWS CLI (Command Line Interface) v2の一般提供(GA)を開始すると発表した。今回のバージョンのCLIには、AWS Single Sign-On(SSO)、インタラクティブなウイザード、サーバ側情報の自動補完と自動プロンプトなどが含まれている。また、Pythonの事前インストールが前提条件でなくなり、Windows、Linux、macOSがサポート対象になった。

  • サーバントリーダの孤立を避けるには

    チームの成功を祝う時、サーバントリーダ(servant leader、奉仕型リーダ)の果たした役割に対する認識あるいは理解のないことが少なくない。彼らの活動が資料に残っていなかったり、他のメンバから見えなかったりする場合があるからだ。このような孤独な状況を避けるには、サーバントリーダをサポートするネットワークを構築して、自分たちの行動を共有し、成功を称え合い、その方法についてブログを書き、自分たちの成果をマネジメントに対してアピールする、という方法がある。

  • Microsoft、Azure App Configurationを一般向けにリリース

    Azure App Configurationは、アプリケーションのコンフィギュレーションと機能設定をセキュアかつ分かりやすい方法で集中管理する、Microsoftクラウドプラットフォームの新サービスである。先日のMicrosoft Azureのアップデートで同社は、このサービスの一般供与を開始すると発表した。

  • GitHub Actions APIがパブリックベータ版としてリリース

    GitHubは、Actions APIのパブリックベータ版のリリースを発表した。Actions APIを使えば、REST APIを通じてGitHub Actionsを管理することができる。APIの公開するエンドポイントで、アーティファクト、シークレット、ランナー、ワークフローの管理が可能だ。

  • リモートワークの普及とビジネス継続性の実現

    Buffer.com and AngelListは先頃、2020 State of Remote Workの調査結果を公開した。この調査は、中国で唐突に発生したリモートワークブームを調査したWall Street Journalのレポートと同時期に行われたものだ。COVID-19ウィルスを原因とする移動制限への対応としてのリモートワークは、Alibabaなどの企業にとってビジネス継続性を実現する手段となっている。

  • 自己組織化チームにおける協調的意思決定

    自己組織化チームにおいて、メンバが持つすべてのポテンシャルを発揮する機会を与えることは、今日の企業が成功を収める上で最良の方法だ、とLorenzo Massacci氏は主張する。Agile Business Day 2019で、氏は、自らを組織化するチームが継続的かつ効率的な意思決定を可能にする方法について講演した。

  • GitLab 2020 Remote Work Reportに見るリモートワーク導入の理由

    GitHubは先頃、"2020 Remote Work Report"をリリースした。リモートワーカと雇用側の両方の視点から、リモートワークの全容が詳細に報告されている。3,000人を越える、さまざまな業界のさまざまな立場からの回答に基づいたこのレポートは、将来のリモートワークがどのようなものになるのか、その未来像を垣間見るためのものでもある。GitLabのリモート責任者であるDarren Murph氏に話を聞いた。

  • チームをデバッグするには: QCon London Q&A

    Lisa van Gelder氏はQCon London 2020で講演でチームのデバッグ方法(debug your team)について講演し、チームのデリバリペースに関する問題を診断し、対処するためのツールキットを提供した。"問題なのは、チームが専門性、自律性、目的性、心理的安全性を持っているかどうかです"、と氏は言う。チームから賛同を得られる方法でチームを変革するために、氏はそのツールキットを使用している。

  • WKSctl- GitOpsを採用したKubernetesクラスタ管理ツール

    WKSctlは、アドオンを含むKubernetesクラスタをSSH経由で立ち上げて管理するオープンソースプロジェクトだ���Cluster APII(CAPI)のプロバイダで、GitOpsアプローチを使用している。Kubernetesクラスタの設定はYAMLで定義するが、WKSctlは、Gitへのプッシュ毎にアップデートを実行することで、再現性のあるクラスタをオンデマンドで使用可能にする。

  • 組織トポロジと品質への影響

    August Lilleaas氏は先頃、Microsoftの論文を引用して、組織の複雑性とソフトウェア品質との相関関係に関する記事を書いた。Rapid Software Testing Methotologyを開発したJames Bach氏も先頃、品質のメトリクスの解釈方法について記事を書いている。さらにTeam Topologiesの著者たちは、組織構造がソフトウェアプロダクトの健全性に及ぼす好影響について意見を述べている。

  • 継続的デリバリの今後10年を予想する

    Dave Farley、Jez Humble両氏が、これからの10年間で継続的デリバリ(CD/Continuous Delivery)に期待するものについて、DeliveryConfで講演した。CDを成功させるためには、技術、組織、文化という、相互に深く関連した3つのパフォーマンス面を注視する必要がある。DORAのレポートには、技術的プラクティスは変革を推進することが可能だが、それだけでは不十分であることが示されている。

  • リモートワークで成功するには

    リモートワークを効果的に実施するには、社員と雇用主が共に計画し実行する必要がある。人々は、今まではオフィスにいれば仕事ができていたので、リモートワークは取り組みがいのあることだと気付くだろう。また、この取り組みに対して、リモートワークがうまくいった時、社員と雇用主の得るものは、費やした時間に見合うに足りるものとなる。

  • 2020年代における効率的製品開発

    Ram Sivasankaran氏は、Googleのソーシャルメディア進出、Kodak、Blockbustersの市場での失敗について検証した。氏の分析から明らかになったのは、テクノロジ採用の遅れ、データ主体による意思決定の欠如、顧客の軽視だ。Martin Reeves、Bill Lydon両氏も、競合の激化する2020年代市場についての記事を書いて、新興技術を取り入れた製品戦略を採用する必要性を説いている。

  • 新しいGitHub CLIによってコマンドラインからのイシューとPRの操作が可能に

    GitHubは先頃、GitHub CLIをベータリリースした。コマンドラインからイシュー操作やプルリクエストの可能なオープンソースツールだ。Go言語で記述されており、Linux、macOS、Windowsにインストールすることができる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。