BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Agile に関するすべてのコンテンツ

  • GitHub iOSチームがApple-Silicon Actionsランナーを活用してテスト時間を短縮した方法

    GitHub iOSチームは、GitHub Actionsを使ったアプリのビルドとテストにかかる時間を短縮するために、Apple Siliconを搭載したmacOSランナーを採用した。その過程で、GitHub Actionsの並列性をより活用できるようにアプリのリファクタリングも行った。

  • QCon London:ピープルマネジメントの危険な二分法

    ピープルマネジメントの世界では、単にタスクをこなすだけでなく、真に違いを生み出すニュアンスやインパクトのある側面を掘り下げることが重要である。経験豊富なマネージャーであり、プロダクト・ディレクターでもあるHannah Foxwell氏は、QCon London 2024の講演で、結束力のある生産的なチーム環境を育むために、重要でありながら見落とされがちな多くの要素を強調した。

  • 大規模サイバーフィジカルシステムを構築する方法

    大規模なセーフティ・クリティカル・システムを構築するには、システムを小さな解決可能な問題に分解し、既知のことを解決し、未知のことを実験によって解決する必要がある、とRobin Yeman氏はQCon New Yorkで主張した。彼女は、システムの安全性、セキュリティ、信頼性、可用性を向上させるために、早期にテスト・ドリブンを可能にするために、ソフトウェアとハードウェアの両方のテスト環境に投資することを提案した。

  • ソフトウェア組織の変革を促進させるということ:味方を見つけ、人を招き、関与を持続させる

    私たちがソフトウェア組織で経験する変化の多くは、強制的なものである。「ソフトウェア・エンジニア、アーキテクト、そして時にはソフトウェア・エンジニアリングの管理職にある人たちでさえ、正式な権限がなければ変化のきっかけを作れないと感じている」と、Eb Ikonne氏はQCon London 2024で述べた。変化を促進させるために、同氏は味方を見つけ、人々を変化に参加させ、ストーリーテリングを通じてエンゲージメントを生み出し、維持することを提案した。

  • AWS CodePipelineがMonorepos、GitFlow、Branchesを取り込む

    AWSは、アプリケーションとインフラのアップデートのために自動化されたリリースパイプラインを促進するマネージドな継続的デリバリーサービスである、CodePipelineの新機能を発表した。これらの追加機能は、様々なデリバリー戦略を採用し、パイプライン設計においてより柔軟性を顧客に提供するチームのサポートを目的にしている。今回のアップデートでは、CodePipelineにトリガーと新しい実行モードが導入され、ブランチベース開発を使用しているユーザーや、monorepo(モノレポ)内で複数のプロジェクトを管理しているユーザーのニーズに対応する。

  • QCon London:Meta社、モノリシック・アーキテクチャを用いわずか5ヶ月でThreadsをリリース

     Zahan Malkani氏はQCon London2024で、Meta社の道のりについて、すなわち市場で機会を見出し、わずか5ヶ月後にThreadsアプリケーションをリリースするまでについて語った。同社は、Instagramの既存のモノリシックなアーキテクチャを活用し、記録的な速さで新しいテキストファーストのマイクロブログサービスを作成するために迅速に反復した。

  • ソフトウェアチームの心理的安全性を高め、アジャイルを導入するということ

    アジャイル式の考え方をテストするために、あるソフトウェアチームは、キックオフエクササイズ、コーヒーブレイクの共有、「勝利」のお祝い、スタンドアップクエスチョン、1対1のトークなどで心理的安全性を高めた。ScanAgile 2023での講演で、Pirita Maarit Johnsen氏は、ソフトウェアチームの心理的安全性をどのように高めたかを共有した。

  • エンジニアリングの生産性に最適化されたアプリケーション・セキュリティ

    アジャイル・アプリケーション・セキュリティの著者であり、SafeStackの創設者でもあるLaura Bell Main氏は最近、「Decoding Dev Culture 2024」と題したウェビナーを開催し、2024年のセキュリティについて「現場からの視点」を提供した。Bell氏は、自身の経験と SafeStack の 12 か月にわたる調査から、DevSecOps 実践者が SAST やその他のツールへの過度の集中から脱却する必要性について論じた。彼女は、セキュリティプロセスとツールに関連する開発者の経験をよりよく理解することを提唱した。Bell氏は、効果的なセキュリティ・オーナーシップはコミュニケーションの改善を通じて促進され、エンジニアの生産性にプラスの影響を与えることができると説明した。

  • ソフトウェアチームにおけるテストの影響

    テスターがソフトウェアチームに貢献する方法として、品質ギャップを伝えること、良いテストのために場を整えること、自動化コードを書くことが挙げられる。Maaret Pyhäjärvi氏によれば、私たちはテスターではなく、テスト自体について考える必要があるという。チームメンバー間のコラボレーションやコミュニケーションは、製品やユーザー体験に有益な影響をもたらす。

  • ソフトウェア開発における"実験文化"の育成

    "実験文化 (Experimentation culture)"とは、新しいことに挑戦し、共に学び、複雑なソフトウェアの問題を解決し、共に価値を創造することである。Terhi Aho氏によると、ソフトウェア組織における実験文化には、強力なマネジメントのサポートと心理的安全性が必要であるという。

  • Discordのエンジニアリング・チームをクラウド開発環境に移行する

    最近、Discord内部の開発者エクスペリエンス・チームは、バックエンドとインフラ開発をLinuxベースのクラウド開発環境に移行した方法について語った。Coderとのコラボレーションにより、開発者は、MacBookの使用から、リモート開発環境のマシン上での作業に移行した。

  • 技術的負債を防ぎ、返済する方法:チームと技術リーダー、マネージャーができること

    技術リーダー、プロジェクトマネージャー、管理職は、ソフトウェア開発者に多くの時間を与えることで技術的負債を防ぐことができる。さらに、チームがコードを改善できるように、余剰時間やリファクタリングスプリントを計画することができるとNedelcho Nikolov氏は主張する。技術的負債に優先順位をつけるために、開発チームは、今投資すればどれだけの時間を節約できるか、今技術的負債を返済しなければ将来ソフトウェアがどれだけ複雑になるかを示すことができる。

  • マクドナルド社がGitHubアクションと再利用可能なワークフローでCIを効率化

    最近マクドナルド社は、GitHub Actionsを活用して可読性と保守性を重視し、コードの重複を削減した方法について語った。彼らの目標には、合理化されたCIプロセスの確立、開発者の生産性の向上、パイプラインのオブザーバビリティとモニタリングの実装などが含まれていた。

  • "Cloudflare for AI"で、サイバー脅威に対する大規模言語モデル(LLM)の保護を強化

    Cloudflareはこのほど、同社のWebアプリケーションファイアウォール(WAF)製品に、「Firewall for AI」と呼ばれる新機能を追加したことを発表した。この機能は、悪用や攻撃がLarge Language Models(LLM)に到達し、改ざんされる前に特定する新たな保護レイヤーを追加する。

  • チューリッヒ保険グループのスケーラブルなアカウント・ベンディングとTerraform 向けAWS Account Factoryの取り組み

    AWSは最近、チューリッヒ保険グループがTerraform 向けAWS Account Factoryを利用することで、3000を超えるアカウントのプロビジョニングを促進するために必要なパフォーマンスパラメータを達成したことを紹介した。チューリッヒ保険グループは、スケーラブルなアカウント・ベンディングソリューションを使うことでクラウド導入戦略を合理化し、新しいAWS環境を簡単にセットアップするプロセスを自動化した。

BT