BT

InfoQ ホームページ Agile に関するすべてのコンテンツ

  • 第13回State of Agileレポートが公開

    2019年5月7日に、CollabNet VersionOneは13番目のState of Agileレポートを公開した。 今年のレポートのハイライトには、アジャイル導入のレベルが含まれている。これは、アジャイル開発手法を実践していると回答した組織の97%に達している。アジャイル実践の習熟度はまだ低く、組織のわずか17%しか実践の習熟度が高いと主張していない。

  • アジャイルの世界にAIを適用する

    人工知能(AI)システムとアジャイルの世界の融合は,我々が構築するソフトウェアの開発方法やプロダクトのあり方に破壊的な影響力を持つ,とAidan Casey氏は言う。マシンラーニングとディープラーニングの組み合わせにより,真に人のように学習するアプリケーションの開発が可能になった。一方で,AIシステムの能力はトレーニングに使用したデータセットによって制限されるため,AIバイアスは非常に深刻な問題である。

  • NetObjectivesのAl Shalloway氏が語る,バリューストリーム管理における経営陣とマネージャの役割

    組織がアジャイルに移行する上で,経営陣の取るべき役割は,その文化やパフォーマンスの目標に最も適した効率的な組織のビジョンをデザインし,それについて語ることだ。また,最も効果的な組織においてマネージメントの負う責務は,バリューストリームを妨げる組織的ブロッカを取り除いて遅延コストを削減することだ。

  • JUnitプロジェクトがビルド環境をAzure Pipelinesに移行

    Java用のユニットテストフレームワークであるJUnitは,Java開発者が使用する最もポピュラーなライブラリのひとつである。JUnitチームは先頃,継続的インテグレーション(CI)にAzure Pipelinesを採用すると発表した。

  • New York Timesエンジニアリングチームによるスケーリング,インシデント管理,コラボレーション

    The New York Timesのエンジニアリングチームが、2018年11月の米国中期選挙でのトラフィック増加を背景とした、 スケーリングとインシデント管理への取り組みについての記事を書いている。

  • Lynne Cazalyによる手書きの図を使ったセンスメイキングについて

    作家兼グラフィック・ファシリテーターのLynne Cazalayは、最近のAgile on the Beachニュージーランド会議で、グラフィックイメージを通してアイデアを明確にするためのいくつかのテクニックに関するマスタークラスを開いた。それはあらゆる物語の重要な要素を識別し、コンテンツが意味のあるものになるようにそれらを表現できる簡単な図表である。

  • Airbnbはいかにして1,000名を越���るエンジニアのKubernetesワークフローを簡略化したか

    Melanie Cebula氏が,250を越える重要なサービスの設定とKubernetesへのデプロイを並行して実施する1,000人以上のエンジニアをサポートするために,Airbnbが社内で使用しているツールと戦略について語った。実現のために重要な役割を果たしたのは,標準化された環境とネームスペースを使って,上位のプリミティブからKubernetes設定を抽象化し,生成するためのレイヤ(および可能な限りの自動検証)を設けたことだ。

  • 高等教育におけるアジャイル: オープン大学での経験

    大学はアジャイルとプロダクトのマインドセットを受け入れる必要がある。彼らは自分たちがほとんど理解していない新しい種類のプロダクトやサービスの仮説駆動の開発に取り組んでおり、またユーザの振る舞いやニーズもほとんど理解していないからだ、Matthew Moran氏は述べた。彼はアジャイルのマインドセット、原則、プラクティスをオンライン開発コースに適用することについて、Aginext 2019で講演を行なった。

  • Airbnbにおける大規模サービスの構築 - QCon Londonでの講演より

    Airbibでは,アーキテクチャをSOAに変更したことにより,サービスのパフォーマンスとサイトの信頼性を改善することができた。ビルドとデプロイ時間の高速化によって開発生産性が,オーナシップの明確性とバウンダリの改善によって効率が,それぞれ向上している。同社のソフトウェアエンジニアであるJessica Tai氏がQCon London 2019で,"Airbnb’s Great Migration: Building Services at Scale"と題したプレゼンテーションを行った。

  • 失敗を恐れないチームを育むには - QCon London Q&A

    失敗を責めないこと(blameless failure)は,失敗を認め,共有し,調べ,修正し,予防する文化の構築から始まる – DevOpsおよびクラウドコンサルタントのEmma Button氏は,QCon London 2019でこのように述べた。CI/CDプラクティスによってシステムの健全性と状態を視覚化すれば,信頼性とオーナシップが向上するだけでなく,問題が発生した時の支援も受けやすくなる。

  • 効果的なモブプログラミングパターン

    Lisi Hocke氏はブラチスバラで開催されたTesting Unitedカンファレンスで講演し,モブプログラミングの採用が協力的な開発環境の構築に有用であった自身の経験を語っり、強いペアリングスタイルの効果的利用について説明した。Maaret Pyhäjärvi氏とJeff Langr氏も先日,モブプログラミングの効果を最大化するための独自のパターンに関する記事を書いている。

  • Ocado Technologyにおけるレトロスペクティブ3.0

    Toni Tassani氏が,陳腐化した退屈な活動やリスクの増大といった,レトロスペクティブの落とし穴について解説する - 問題をその場で解決しなかったことの釈明の場所としてのレトロスペクティブ,障害は識別しても解決行動に至らないレトロスペクティブ,ポストイット劇場と化すレトロスペクティブ。氏はレトロスペクティブの見方を根本的に変え,カンバンから取り入れた継続的改善のテクニックを活用することを提案する。

  • GitHubのPRを自動生成して脆弱性を修正するDependabot

    Dependabotは,GitHub Security Advisory APIを活用することで,依存関係のトラッキングを支援し,プログラムのセキュリティを監視し,潜在的な脆弱性を解決するためのPRを自動生成することに���って可能な限り簡単かつ確実な除去を実現する。

  • Very Fast Organizational Transformations(VFOT)の5原則

    Very Fast Organizational Transformations(VFOT)には,原則を持つ,タイムボックスを決める,システム全体,呼び掛ける,全員が参加する,という5つの原則がある。いずれもオープンソースないしオープンスペースの基礎をなすものとして証明された,理論ないし慣行に基づくものだ。開放的で権限付与性と透過性を備えたこれら原則を組み合わせ,包括的な変革戦略を形成することによって,変革の段階的な速度向上が実現する。

  • リモートモブプログラミングからの経験 - Sal Freudenberg氏に聞く

    Cucumberではモブプログラミングを,ドライバが最新コードをプルダウンして画面を共有し,チームが10分程度モブしたコードをコミットして,ドライバの役割を交代する,というサイクルによってリモートで実施している。"リモートモブは,私にはとても役立っています"と,Sal Freudenberg氏は言う。"自分の作業環境を使って,一番やりやすい方法で実施できるからです。"

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。