BT

InfoQ ホームページ アジャイル技術 に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • かんばん方式を実践する

    Lean KanbanカンファレンスにおいてInfoQはArne Roock博士に,かんばん方式がチームに相応しいツールであるかを知るにはどうすればよいか,キックオフはどうすればよいのか,などを質問しました。それに対して博士は,いくつかの規範的なアドバイスをしてくれました。

  • 継続的設計を伴う継続的デリバリ:サイクルの完了

    ソフトウェアデリバリと製品の形成過程における革新は、必ずしもお互いに影響しあうわけではない。しかし、製品寿命が短くなったのと相まって、新しい製品フィーチャへの急激に増加する欲求とビジネスモデルさえもが継続的設計と継続的デリバリのサイクルをデリバリへの総体的なアプローチに繋げることを余儀なくしている。この記事は、革新サイクルを短くすることを説明している。

  • アジャイルフィーバーによる死

    アジャイルフィーバーは、ソフトウェアを開発するために、アジャイルベースのプロセスを導入したり、応用したりすることに関して、その他の点では分別ある人々から常識を奪う1つの条件です。アジャイルフィーバーの結果は、コスト、日程、生産性の点で非常に影響が大きいので、全てのソフトウェア専門家は、この恐ろしい病気の症状を認識できるように自身を教育する義務がある。

  • ワイヤーフレーム: 開発プロジェクトを始めるためのすぐれた方法

    この記事でAndreas Wulf氏は、開発プロジェクトを開始するシンプルで効果的な方法としてワイヤーフレームを紹介します。ワイヤーフレームを使ってアイデアを具体的な形にすることで、共有したり議論できるようになります(コードを書かなくても)。グラフィックデザインの詳細を省略することによって、ワイヤーフレームは作成や変更がすばやく簡単なだけでなく、「全体像」にフォーカスするのにも役立ちます。

  • バーチャルパネル: コードとテストの比率、TDD、BDD

    ここ数ヶ月、オンライン上でテストファースト vs テストラスト、コードとテストの比率、BDDは単なるTDDなのか、という話題が取り上げられています。InfoQはTDDとBDDの著名な専門家にTDD、BDD、テスト比率の使い方について話を聞きました。

  • Jenkinsによる継続的インテグレーションのススメ(4) ~CloudBeesでJenkinsをサービスとして使う~

    前回まで、Jenkinsの幾つかの側面に注目して解説をしてきました。シリーズ最後の今回は、Jenkinsをサービスとして使う方法を紹介します。

  • Jenkinsによる継続的インテグレーションのススメ(3) ~Jenkinsで分散ビルド~

    前回は、Jenkinsを使い始める部分を紹介しました。今回は、日本語での情報が少ない分散ビルドの機能について紹介します。

  • 継続的デリバリのパターン

    あらゆる場合に有効な継続的デリバリのソリューションはありません。チームの人数の構成はどのような選択肢を取りうるか、どのようなトレードオフがあるかに大きく影響を与えます。スタッフエディタであるJonathan Allen氏が自身の15年の経験の中で見てきたパターンのいくつかを紹介します。

  • Jenkinsによる継続的インテグレーションのススメ(2) ~Jenkinsを使い始める~

    前回はJenkinsの概要について紹介したので、今回はJenkinsの導入から始めましょう。

  • Jenkinsによる継続的インテグレーションの���スメ(1)

    Jenkinsはオープンソースの継続的インテグレーション(CI)サーバです。CIサーバは最近普及しつつあるソフトウェア開発習慣・方法論の一つで、狭義にはビルド・テストの実行や品質検査を常時継続的に実行していくというものです。これによって、幾つかの具体的なメリットが得られます。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリスト像

    2010年8月に、BABOKのアジャイル拡張(Agile Extention)のドラフト版が公開された。アジャイルにおけるビジネスアナリストがリエゾン(橋渡し役)として有効に機能するには、動作するソフトウェアを実現する開発チームへ継続的に寄り添い、貢献しなければならない。そのため、アジャイルでのビジネスアナリストは、資料作成や分析の技術だけでなく、ソフトウェアの実現に関わる技能を備えることが必要となるだろう。これは逆に、開発チームがビジネスアナリシススキルを備えるべきだということも、また示唆している。

  • アジャイルアーキテクチャの相互作用

    アーキテクトがアジャイルとアーキテクチャのプラクティスを1つにまとめて、機敏にビジネスとアーキテクチャの両方を実現しつつ、実際的にこれら2つの優先順位のバランスをとる方法について、James Madison氏が論じています。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。