BT

InfoQ ホームページ アジャイル技術 に関するすべてのコンテンツ

  • Jenkinsによる継続的インテグレーションのススメ(1)

    Jenkinsはオープンソースの継続的インテグレーション(CI)サーバです。CIサーバは最近普及しつつあるソフトウェア開発習慣・方法論の一つで、狭義にはビルド・テストの実行や品質検査を常時継続的に実行していくというものです。これによって、幾つかの具体的なメリットが得られます。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリスト像

    2010年8月に、BABOKのアジャイル拡張(Agile Extention)のドラフト版が公開された。アジャイルにおけるビジネスアナリストがリエゾン(橋渡し役)として有効に機能するには、動作するソフトウェアを実現する開発チームへ継続的に寄り添い、貢献しなければならない。そのため、アジャイルでのビジネスアナリストは、資料作成や分析の技術だけでなく、ソフトウェアの実現に関わる技能を備えることが必要となるだろう。これは逆に、開発チームがビジネスアナリシススキルを備えるべきだということも、また示唆している。

  • アジャイルアーキテクチャの相互作用

    アーキテクトがアジャイルとアーキテクチャのプラクティスを1つにまとめて、機敏にビジネスとアーキテクチャの両方を実現しつつ、実際的にこれら2つの優先順位のバランスをとる方法について、James Madison氏が論じています。

  • 技術的負債、マネージャの視点

    Developers often talk about Technical Debt saying its slowing your projects down. What are they really saying? What measures can you take to reduce it before it cripples your projects?

  • スクラムアジャイルチームに必要なスキル

    高度に生産的なアジャイルプロジェクトで求められるスキルは伝統的なプロジェクトで必要なスキルとは違う。この記事では優れたチームにするための技術的なスキルや振る舞いを特定する。これらの‘デルタ’特質を獲得した人はだれでも、正しい技術的なスキルや振る舞いを身につけて、アジャイルプロジェクトで効率的に働くことができるだろう。

  • アジャイルの限界

    非伝統的な環境でアジャイルを実践しようとする試みが直面する問題は、アジャイルの原則が適用できないことでも、フィードバックのサイクルが始めからうまくいかないことでもない。アジャイルのスイート・スポットの外では、アジャイルの技術を適用するにはさらなる障壁があり、コストがかかること。これが、彼らが直面した問題だ。これらの障害物はアジャイル自体の適用を妨げるものではないが、アジャイル適用のコストを引き上げる。

  • マルチタスクで仕事は遅くなる

    個人がマルチタスクで仕事をした場合、非効率で遅くなることは今ではよく知られている。アジャイル/スクラムチームであれば、実行しなければならないプロジェクトの数が鍵となる。アジャイルはチームは一度に一つのチームに従事するべきで、そうでなければ破たんする、と示している。Roger Browns氏はなぜこのようなことが起こるのか、掘り下げて解説している。

  • アジャイルにおけるプロジェクトマネジャーの役割

    どの本もアジャイルのコーチやファシリィテーターの役割は語っているが、マネージャーの役割について語っていません。この記事では最初に一般的に産業界でのプロジェクトマネージャーの役割について説明し、それから、アジャイルにおけるコーチ/ファシリィテーターの役割にあてはめてみます。この議論の中でコーチ/ファシリィテーターの意味の範囲を広げていくつもりです。

  • Agile Japan 2009

    2009年4月22日、東京千代田区にある放送会館で「アジャイルジャパン2009」が開催されました。本イベントは「ソフトウェア開発の次世代リーダーをつくる」ことを合い言葉に、200人以上の参加者を集めてスタートしました。

  • 仮想パネル: バックログは重要な成果物とプラクティスか、それとも無駄か?

    Mary Poppendieck氏、Ron Jeffries氏、Jeff Patton氏、David West氏、Steve Freeman氏、Jason Yip氏が、バックログに関する彼らの意見とアジャイルチームを成功させるために必要な事を語った。

  • ペア・プログラミングの採用を成功させるには

    本稿は、これまでにペア・プログラミングの経験が多少あり、合理的なペア・プログラミングの採用に向けて組織の協力を求めている読者を前提としています。このアドバイスは様々な役割の人に有効ですが、主にペア・プログラミングをチームに導入しようとする開発者やチーム・リーダに向けて書かれています。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。