BT

InfoQ ホームページ Agileアライアンス に関するすべてのコンテンツ

  • Agile 2016の基調講演: モダンアジャイル

    最近アトランタで開催されたAgile 2016カンファレンスで、Industrial LogicのCEOであり"Refactoring to Patterns"の著者であるJoshua Kerievsky氏はモダンアジャイルにまつわる示唆に富む基調講演を行った。

  • Agile 2016: コミュニケーションとコラボレーション - どうすれば分散チームが成功できるのか

    David Horowitz氏とMark Kilby氏は、どうすれば分散チームが成功できるのかと題してAgile 2016カンファレンスで講演した。彼らの話の前提は、分散チームは繋がることが必要だということだ。そして、フェイス・トゥ・フェイスはコラボレーションには重要であるが、繋がり程には重要ではない。

  • Agile2016のオープニングキーノート:Managing for Happiness

    Jurgen Appelo氏はアメリカジョージア州アトランタで開催のAgile 2016カンファレンスでオープニングキーノートを務めた。タイトルはManaging for Happinessで、同タイトルで氏の最新書籍の概要となっている。

  • なぜAgile Allianceの技術カンファレンスが重要であるのか

    Agile Allianceは4月7-9日で、技術に特化したカンファレンスを初めて開催する。このイベントが開催される背景の少なくとも一部には、毎年のAgile 20XXカンファレンスがソフトウェア開発における技術的な側面にあまり重点を置いていないという認識がある。InfoQはカンファレンスの講演者に、なぜこのカンファレンスを重要と感じているのかを聞いた。

  • アジャイルの流暢性(fluency)とは - Agile Alliance & Agile Open Northwest Open Space Conferenceより

    Agile AllianceとAgile Open Northwest Open Spaceがポートランドで共同開催したイベントで,Declan Whelan氏とDiana Larsen氏が2つのセッションを指導した。その中で両氏は,Agile Fluencyモデルを技術的負債の理解と対処に応用する方法の一例として,そのモデルに基づいたゲームを紹介した。このゲームは,チームが自らの流暢性(fluency)の目標を達成する上で,採用すべきプラクティスと原則を明確化する作業を支援するものだ。

  • Agile 2015 - 業界アナリストによるパネルディスカッション: アジャイルの動向と今後の方向性

    先日のAgile 2015カンファレンスで,Agile Allianceは,業界アナリストによるパネル会議を開催した。毎年開催で5回目となるこの会議では,登壇するコメンテータのグループが,アジャイルのトレンドや今後の方向性をテーマとした質問に答える。

  • Agile 2015閉会講演 - コラボレーションをよくするには,自己防衛的にならないこと

    “Radical Collaboration”著者のJames (Jim) Tamm氏が先日,Agile 2015カンファレンスで閉会講演を行った。"Want Better Collaboration – don’t be so defensive"と名付けられたその講演では,私たち自身の恐怖心を引き起こす要素を理解することによって,より協力的な関係になるためのアドバイスが公開された。

  • Agile 2015スポンサー総まとめ #2

    今月初め、Agile2015が世界中から2300人以上を集めてワシントンDCで開催された。 これはカンファレンスを支援するスポンサーに関する2つ目の記事だ。スポンサーに3つの質問に答えてもらった。あなた方は誰なのか?、このカンファレンスで何を提供するのか?、なぜこのイベントのスポンサーになることにしたのか?

  • Agile 2015のインタビュービデオ

    ワシントンDCで開かれたAgile 2015で、2つの団体がビデオブースを用意して、参加者、スピーカー、イベント運営者とのインタビューを撮影した。そのビデオが公開されている。

  • Agile 2015スポンサー総まとめ

    Agile2015が世界中から2300人以上を集めてワシントンDCで開催された。 これはカンファレンスのさまざまな話題を取り上げる最初の記事だ。ここではカンファレンスを支援するスポンサーについて見ておこう。スポンサーに3つの質問に答えてもらった。あなた方は誰なのか?、このカンファレンスで何を提供するのか?、なぜこのイベントのスポンサーになることにしたのか?

  • Agile Executive Forumの紹介

    Agile Executive Forumが今年8月,ワシントンDCで開かれるAgile 2015カンファレンスの初日と同じ日に開催される。InfoQはカンファレンスの共同議長であるSanjiv Augustine氏に,今回のイベントについて話を聞いた。

  • Agile 2015およびAgile Executive Forumの講演者とプログラム

    Agile Allianceは2015年8月にワシントンDCで開催されるAgile 2015カンファレンスおよびAgile Executive Forumの講演者の顔ぶれとプログラムを公開した。

  • Agile 2015:発表者を募集中

    Agile Allianceは年次のカンファレンスのセッションを受け付けている。受付は2月22日まで。発表者は早めに申し込みをするほうがいいようだ。

  • Agile 2014を振り返る

    Agile 2014カンファレンスが8月1日に終了してから,カンファレンスでの体験を再検討や,今後のイベントに対するアイデアの提案をするブログ記事が多数発表されている。

  • Agile 2014閉会のキーノート

    Bjarte Bogsnes氏がAgile 2014で閉会のキーノートを行った。氏はBeyond Budgetingと題して、新しいビジネスと現実に根ざしたアジャイルのマネジメントモデルについて話した。氏の講演の前提は現在の予算のモデルや予算策定のプロセスはおかしくなっているということだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。