BT

InfoQ ホームページ Agile Manifesto に関するすべてのコンテンツ

  • Ron Jeffriesが、開発者は"Agile"を捨てるべきと発言

    Extreme Programming (XP)の著者、講演者、考案者の一人であり、2001年のアジャイルマニフェスト(アジャイルソフトウェア開発宣言)の署名者の一人でもあるRon Jeffries氏は、開発者は"Agile"を捨てるべきと主張した自身のブログ記事をシェアした。記事ではさらに、開発者は"ニセアジャイル"や"ダークアジャイル"の形式から離れ、マニフェストの価値や原則に近付くべきだと述べている。

  • プログラマーの誓い

    社会は私たちにプロフェッショナルとしての振る舞いを要求している。人生と運命がソフトウェアの適切な構築と実行に依存しているため、私たちにはプログラマーの誓いが必要である、とRobert Martin氏は主張している。彼によると、これは将来的にはプロフェッショナル組織の会員により強制されるべきである。

  • HiscoxのCTOがDevOpsについて語る

    HiscoxのCTOが、クラウド戦略、DevOpについて語った。

  • アジャイルになるための学習

    アジャイルのパラダイムは、チームメンバーを特定の開発プロセスに順応するように強制する古典的なマネジメントのアプローチとは対象的に、プロセスを人間に適応させる。Batesonの学習モデルは、私たちがアジャイルを始める、アジャイルの手法にのっとる、アジャイル的となる、自らのアジャイルのアイデンティティとビジョンを��つのに役立つ。

  • アジャイルになるための勇気

    勇敢であるということは、たとえ怖かったとしても、必要なことをする、ということだ。アジャイルの最も重要な点はうまくいっていないことを調査し思い切って変革することだ。小さな実験から始めて、解決策を見つける。もしそれがうまくいかなかったから、それをやめればいい。

  • アジャイルマニフェスト改訂に対する反論

    Alistair Cockburn氏は先日,オリジナルの著者および署名者のひとりとしての観点から,アジャイルマニフェストに対する自身の見解を投稿した。氏は読者に対して,当時の著者たちの視点に対する理解を求めると同時に,オリジナル版の署名者の多くが現在進めている活動について,その詳細を理解するように訴えている。さらにオリジナルの著者たちは,マニフェストを書き直すべきという意見に対して,真っ向から異を唱えている。

  • アジャイルマニフェスト2.0の必要性に関する調査

    Agile Manifest 2.0サーベイは,アジャイルソフトウェア開発宣言(Manifesto for Agile Software Development)が,今日の環境においてもなお適切かつ有効かどうかを調査するものだ。アジャイル/リーンコーチでスクラムトレーナであるKamlesh Ravlani氏が,アジャイルマニフェスト改訂の必要性に関する洞察を得るために作成し,アジャイルの経験とマニフェストに対する意見を持つ人すべてに対して公開されている。

  • どうアジャイルとアーキテクチャは袂を分かち、最後に友好関係を築いたか

    人々はアーキテクチャを定義すること、もしくはソフトウェア設計を行うことの必要性をアジャイル宣言の不正確な解釈のために止めてしまったと、Software Architecture for Developersの著者であるSimon Brown氏は主張した。多くのソフトウェア開発者はプラクティスの十分な工具箱を持っていると思っておらず、ソフトウェア業界にはソフトウェアアーキテクチャに対する十分な共通言語が欠落している。良いアーキテクチャはアジリティを高める。方向性を設定するための強固な基盤を構築するのに必要十分な事前設計が必要である。

  • Agile 2016の基調講演: モダンアジャイル

    最近アトランタで開催されたAgile 2016カンファレンスで、Industrial LogicのCEOであり"Refactoring to Patterns"の著者であるJoshua Kerievsky氏はモダンアジャイルにまつわる示唆に富む基調講演を行った。

  • パラダイムを克服して真のアジャイルになる

    真のアジャイルとは自分のあり方だ,アジャイルになるにはパラダイムを克服しなければならない – アジャイルマニフェスト(agile manifesto)起草者のひとりであるArie van Bennekum氏は,このような主張をする。“アジャイルを行なう”のではなく,“アジャイルになる”ことが成功を達成する上で必要だ。アジャイルは,アジャイルマニフェストの価値と原則に基づいた相互作用の概念である。テクノロジはアジャイル活動を促進するが,ツールがアジャイルを実現するのではないのだ。

  • Pragmatic Daveに質問: アジャイルよりも敏捷性

    Dave ThomasとMartin Fowlerの2人が 一連のGOTOカンファレンスでパネルディスカッションに参加した。パネルは“アジャイル宣言のやり直し”を中心としていた。これはDaveの最近のブログ記事、『アジャイルは死んだ (敏捷性万歳)』から着想を得たものである。本 Q&A は、Pragmatic Daveとして広く知られているDaveが自身の考えを説明するものである。テーマは、当パネルディスカッション、彼のブログ記事、そして、アジャイルについてあまり重点を置かず、敏捷性の実際的な適用に重点を置くべき時だと彼が信じるようになった理由についてである。

  • アジャイルにおける技術的プラクティスの重要性

    アジャイルを採用している組織は,時として,期待したメリットが得られないことに不満を訴える場合がある。考えられる理由のひとつは,アジャイルの価値観と原則を支える技術的なプラクティスの実践に対して,十分に注意を払っていないことだ。

  • アジャイルにおけるドキュメント:いつどれくらい書くべきか

    アジャイルソフトウェア開発マニフェストは「包括的なドキュメントよりも動くソフトウェア」に価値を置いている。そうだとすると、どんな種類のドキュメントが、いつどれだけ必要なのだろうか?

  • アジャイルはプロジェクトをデスマーチにするか

    Gartnerのブログがアジャイルプロジェクトがデスマーチを生んでいるという指摘をしている。各イテレーションがデスマーチを押し進めているというのだ。

  • アジャイルの柔軟性 : 短所か長所か

    “計画に従うのではなく変化に対応する”ことは実践では役に立たないアジャイルの強みなのだろうか。例えば、過度の柔軟性を期待する顧客と変化を管理しなければならないプロジェクトの難しさはどうだろう。アジャイルは期待される効果を発揮できないのだろうか。それとも、チームや組織がアジャイルを導入する方法に問題があるのだろうか。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。