BT

InfoQ ホームページ Agile Manifesto に関するすべてのコンテンツ

  • アジャイルはプロジェクトをデスマーチにするか

    Gartnerのブログがアジャイルプロジェクトがデスマーチを生んでいるという指摘をしている。各イテレーションがデスマーチを押し進めているというのだ。

  • アジャイルの柔軟性 : 短所か長所か

    “計画に従うのではなく変化に対応する”ことは実践では役に立たないアジャイルの強みなのだろうか。例えば、過度の柔軟性を期待する顧客と変化を管理しなければならないプロジェクトの難しさはどうだろう。アジャイルは期待される効果を発揮できないのだろうか。それとも、チームや組織がアジャイルを導入する方法に問題があるのだろうか。

  • アジャイルの正しい実践方法

    アジャイルの正しい実践方法に興味があるアジャイルコミュニティで議論が起こっている。アジャイルかどうか、良いスクラムを実践しているか、それとも悪いスクラムを実践しているか。このようなことが問われているが、あなたなら対処するだろうか。

  • アジャイルチームが正しい方向にスタートするのを助ける「Scrum Kickoff Planner」

    「Scrum Kickoff Planner」がAdam Weisbart氏によってリリースされた。このガイドの目的は、新しいアジャイチームやプロジェクトを始めるときに、重要なポイントに関するチームのディスカッションをうまくファシリテートすることだ。

  • アジャイル最大の課題はコミュニケーションと継続的改善 - 調査結果から明らかに

    先日テキサス州ダラスで開催されたAgile 2012 において Serena Software が新たに実施した調査から,アジャイル適用プロジェクトは成功を収めてはいるが改善の余地が大きく,上流と下流とのコミュニケーションなど重要な課題を抱えていることが明らかになった。

  • アジャイルに対するマネジメントの見方

    Steve Denning氏はForbesでの連載記事でアジャイルコミュニティが主流のマネジメントに受け入れられるために直面する困難について書いている。

  • アジャイルの次の波:ビジネスを変える

    最近のForresterリポートは、アジリティのビジネス世界への進展を証明している。この記事では、このようなトレンドと潜在的な重要性を再考する。

  • リーンスタートアップという熱狂

    リーンスタートアップムーブメントはまた一つの一時的流行なのか、それとも価値創造の真の源なのだろうか? 後者と考えることはどうも行き過ぎのようだ。もしリーンスタートアップが新しいベンチャーにおいて一貫した成功を達成するための真の方法であるなら、Eric Ries氏は持続的なベンチャーの成功と、究極には、富の創造に対する暗号を解読したのかもしれない。

  • 個人の生産性

    Tony Wong氏(プロジェクトマネジメントのブラックベルト)は個人の生産性にとって実践的なポイントをいくつか挙げている。この記事では、これらをいかにソフトウェア開発に適用するかを考え、彼のリストと他のリストを比べる。

  • 実用主義者が勝ったのか?Water-Scrum-Fallが一般的に

    Forrester社リサーチ部門ディレクタ兼ヴァイスプレジデントであるDave West氏は、「ウォータ・スクラム・フォール(Water-Scrum-Fall)」が今日のITでは当たり前になっていると主張する。 Forrester社の調査は質問を投げかける:一体誰が本当に純粋なスクラムを実行しているというのか?

  • アジャイルと緊縮財政

    西欧各国政府が対GDP比で返済困難な負債に苦しむなか、英国はもっと効率よくリスクのないITプロジェクト納入フレームワークを作るためのイノベーションとアジャイルプラクティスに取り組み始めている。

  • Agile Alliance、Learning CenterでAgile 2011のビデオを公開

    Agile Allianceが新たにLearning Centerを立ち上げた。現在Agile 2011カンファレンスのキーノートと選りすぐりのプレゼンテーションが閲覧可能になっている。

  • Agileコーチは、倫理規定を持つべきか?

    先日Agile Leadersメーリングリストにおいて、Dan Mezick氏が、Agileコーチング倫理の必要性に関して議論を始めた。

  • アジャイルはハードウエア開発でも有効か

    ソフトウエア開発でのアジャイルの普及と共に、ハードウエア開発の領域の論者がアジャイルがハードウエア開発にも適用できるかどうか論じている。最近発表されたふたつの記事はハードウエアの領域がアジャイルの利点を享受するための方法を説明している。

  • 持続可能なペースとは何か、どうやって達成するか

    近頃、アジャイルリーダーニュースグループで、持続可能なペースを確立し維持することについて議論が起こった。チームや個人は組織の圧力に直面して長く働いてしまうことはよくあることだ。議論の参加者は具体的な考えやアドバイスを書いている。また、このような状況がどのようにして起こるのかについても話題が及んだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。