BT

InfoQ ホームページ Amazon に関するすべてのコンテンツ

  • AWSが新しいセキュリティサービスの一般提供を発表:Amazon Detective

    最近、Amazon はAmazon Detectiveの一般提供を発表した。AWSのこの新しいセキュリティサービスを使用すると、潜在的なセキュリティ問題や疑わしいアクティビティの根本原因を分析、調査、および迅速に特定できる。

  • Amazon 新コマンドラインツール AWS Copilot 発表

    先頃、AmazonはAWS Copilotと呼ばれる新しいコマンドラインインターフェイスツールを発表した。これにより、顧客はAWSでコンテナ化されたアプリケーションを開発、リリース、および操作できる。1つのコマンドで、顧客はAmazon Elastic Container Service(ECS)とAWS Fargateでサービスを実行するために必要なすべてのインフラストラクチャとアーティファクトを作成できる。

  • Amazonのチームはどのように継続的デリバリーを行っているか

    Amazonデプロイパイプラインの外観と、プロダクション環境に継続的にデプロイするために実行するプラクティスについてAWSエンジニアは最近書いた。パイプラインは、ユニットテストと統合テストを実行する複数の環境での変更を検証し、ステージを使用してプロダクション環境へのデプロイを調整する。パイプラインは主要なメトリクスを監視し、必要に応じてロールバックできるため、チームはデプロイメントを積極的に調査しない。

  • AWS Serverless Application ModelがStep Functionsステートマシンをサポート

    AWS Serverless Application Model (AWS SAM) は先頃、AWS Step Functionsステートマシンをサポートした。新しいAWS::Serverless::StateMachineリソースタイプを使用すると、開発者はSAMテンプレート内または別のファイルでステートマシンを定義できるため、ワークフローオーケストレーションをサーバレスアプリケーションの統合部分としてプロビジョニングできる。

  • DockerがAWS ECSおよびFargateへのシンプルなデプロイ用プラグインをリリース

    Dockerは、DockerとAWS Elastic Container ServiceおよびAWS Fargateとの強化された統合のパブリックベータを発表した。 ECSプラグインのリリースにより、開発者はDockerエクスペリエンス内で作業して、AWS内で動作するために必要なインフラストラクチャを作成できる。

  • Amazon、監視サービスAWS IoT SiteWiseの供与開始を発表

    IoT SiteWiseは、プラントフロアで発生するデータの処理、構造化、マーキング、監視用メトリクスのリアルタイム生成を自動化する、AWSの完全マネージドサービスである。オンプレミスの産業機器を、オンプレミスのサーバをリンクするゲートウェイ経由でAWSクラウドに接続することにより、クラウド上でデータの蓄積と解析を行う手段をカスタマに提供する。

  • Amazon API GatewayのHTTP APIの一般提供開始

    Amazonは先頃、AWSのAPI GatewayでのHTTP APIの一般提供(GA)を発表した。 パブリッククラウドプロバイダーは、HTTP APIを使用して、REST APIのコア機能を低価格で提供し、待ち時間のオーバーヘッドを削減し、使いやすさを実現する。

  • Coinbaseがコンテナワークロードの運用にKubernetesを使わない理由

    Coinbaseは先頃、Kubernetesを自社のテクノロジスタックから除外した理由について記事に書いた。同社ではコンテナを採用しているが、運用はVM上で行っている。デプロイメントには、VM内でサービスを自動スケーリンググループとしてデプロイする、オープンソースソリューションのOdinを使用している。Kubenetesの採用は、現在運用しているデプロイメントパイプラインに対して不要な複雑性を追加することになるため、現時点では適切なツールではない、と同社は説明している。

  • CouchbaseがCloud DatabaseをAWSで一般供与すると発表

    Couchbaseは先頃、フルマネージドなデータベース・アズ・ア・サービス(DBaaS)Couchbase Cloudの一般供与を開始すると発表した。このCloud NoSQLサービスは、現在はAmazon Web Services (AWS)上で提供されているが、今年末までにMicrosoft AzureとGoogleでも使用可能になる予定である。

  • AppleのRosetta、再び

    Appleは将来のMacを、Apple Siliconとして知られるARMプラットフォーム上に構築する、と発表した。Macプラットフォーム上のアプリケーション開発者、さらには広く開発者コミュニティにとって、これは何を意味するのだろうか?何が新しいのか、今後どうなるのかを、この記事で読んでほしい。

  • AWSがAmazon CodeGuruの一般提供発表

    最近AWSは、機械学習を利用した開発者向けツールであるAmazon CodeGuruの一般提供を発表した。 コードの品質を改善し、アプリケーションの最も高価なコード行を識別するためのインテリジェントなリコメンドを提供する。

  • AWSオープンソースCloudFormationコンプライアンス分析ツール

    AWSは、CloudFormationテンプレートに対してコンプライアンスポリシーを適用するオープンソースのCLIツールであるCloudFormation Guardのプレビューリリースを発表した。 cfn-guardは、ルールを定義するための軽量の宣言型構文を提供する。 リスト、ワイルドカード、正規表現、変数の宣言をサポートし、CloudFormation組み込み関数を使用できる。

  • “絶大な”クラウド利用が新たな調査で明らかに

    O'Reilly Mediaが新たに発表したCloud Adoption in 2020レポートには、クラウドコンピューティングに対する"絶大な"支持が描かれている。調査にはまた、サイトリライアビリティエンジニアリング(Site Reliability Engineering)採用の増加、高いが頭打ちのマイクロサービス採用、サーバレスコンピューティングへの関心の低さ、といった結果も現れている。

  • Amazon、AWS Amplify iOSとAmplify AndroidをGAリリース

    Amazonは先頃、Amplify iOSとAmplify Androidの一般提供開始(General Availability, GA)を発表した。いずれもオープンソースのAmplifyフレームワークの一部である。Amplify iOSとAmplify Androidにはライブラリとツールが含まれており、モバイル開発者によるスケーラブルでセキュアなクラウド利用アプリケーションの開発を可能にする。

  • AWSがコードレスのモバイル&Webアプリビルダーをベータリリース: Amazon Honeycode

    AWSは最近、Amazon Honeycodeのベータリリースを発表した。これは、顧客がコードを記述せずにすばやくモバイルおよびウェブアプリケーションを構築できるフルマネージドサービスである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。