BT

InfoQ ホームページ Amazon に関するすべてのコンテンツ

  • AWSがElasticsearch Serviceに分散トレースを追加

    Amazonは、Amazon Elasticsearch ServiceにTrace Analyticsの追加を発表した。Trace Analyticsは、OpenTelemetryをサポートし、サービスに分散トレースを追加する。この新機能は、AWS Distro for OpenTelemetryとも統合される。

  • BBCの分析プラットフォームの失敗に備えた設計

    先週のInfoQ Liveで、BBCのプリンシパルシステムエンジニアであるBlanca Garcia-Gil氏が、データプラットフォームの進化する分析のセッションを行った。このセッション中、Garcia-Gil氏は、チームが「既知の未知」と「未知の未知」という2種類の障害にどのように備えて設計したかに焦点を当てた。

  • AmazonがCloud Front Security Savings Bundleを発表

    AWSは最近、Amazon CloudFront Security Savings Bundleを導入した。これは、1年間の契約と引き換えにCloudFrontを30%割引する料金プランである。この節約バンドルには、コミットされた金額の最大10%までの無料のAWS Web Application Firewallリクエストも含まれる。

  • クロスプラットフォームアプリ向けにFlutterとAWSを統合するAmplifyFlutter

    Amplify Flutterは、Google Flutter UIツールキットとAWSを使用して、iOS、Android、Web用のクロスプラットフォームアプリの作成を簡素化することを目的としている。昨年8月に開発者プレビュー版として発表されたAmplify Flutterが今は、一般向けに提供されている。そこには、新しいデータ、API、認証機能が含まれている。

  • AWS OutpostsがAmazon Elastic Block Storeのローカルスナップショットをサポート

    先頃、AWSは、OutpostsサービスがAmazon Elastic Block Store (ESB) のローカルスナップショットをサポートするようになったと発表した。OutpostsのAmazon EBS Local Snapshotsを使用すると、顧客はAmazon EBS ボリュームのスナップショットをOutpostsのAmazon S3にローカルに保存して、データの常駐とローカルデータ処理のニーズを満たすことができる。

  • AWS Lambdaを使ったサーバレスReactアプリケーション

    AWSのソリューションアーキテクトであるRoman Boiko氏は、先頃、Amazon Web Servicesを利用してReactアプリケーションをクラウドまたはエッジにデプロイするための3つのシナリオを公開した。シナリオは、Amazon S3、Amazon CloudFront、Amazon API Gateway、AWS Lambda、およびLambda@Edgeを使用した完全なサーバレス実装だ。

  • Amazonが新しいベアメタルEC2インスタンスを発表

    AWSは先頃、Amazon EC2の新しいベアメタルインスタンスを発表した。新しい M5n、M5dn、R5n、および R5dn インスタンスはすでに利用可能であり、最大100Gbpsのネットワーク帯域幅を利用できる。

  • AWSがAmazon S3のPrivatelinkを一般提供でリリース

    AWSは先頃、Amazon S3のPrivateLinkが一般提供 (GA) になったことを発表した。Amazon S3のPrivateLinkを使用すると、顧客はAmazon S3にオンプレミスリソースを安全に接続できる。

  • BBC Online は超高速なスケールのためにサーバレスを使用

    先頃公開された一連のブログ投稿で、BBC Onlineの主要なテクニカルアーキテクトが、BBC Onlineがサーバレスを使用する理由とその最適化方法について説明している。著者によると、BBC Onlineは、超高速にスケールする能力のため、コア実装のほとんどにAWS Lambdaを使用している。ニュース速報が発生すると、トラフィックは1分間に3倍に増加し、その後も増加し続けることがある。

  • AWSがプレビュー版としてHealthLakeとRedshift MLを発表

    AWSは、12月のre:Invent 2020中に、Amazon HealthLakeサービスのプレビューリリース版とRedshift MLと呼ばれるAmazon Redshiftの機能を発表した。Amazon HealthLakeは、ヘルスケア、健康保険、製薬会社がNLP(Natural Language Processing)を利用してデータから価値を引き出すためのデータレイクサービスである。Redshift MLは、SageMakerへのゲートウェイをRedshiftユーザーに提供するサービスである。

  • ノーコードアプリ開発はデジタルトランスフォーメーションに不可欠

    GoogleのプロダクトマーケティングマネージャーであるJennifer Cadence氏は、最近、ノーコードアプリ開発の現状に関する報告を公開した。Cadence氏は、Google Cloudブログでの投稿で、なぜノーコードプラットフォームがデジタルトランスフォーメーションの不可欠な要素になっているかを説明している。彼女は、スピードと機敏性、生産性とコラボレーション、ガバナンスとセキュリティが、これらのプラットフォームの重要性に関する不可欠な要素であることを示している。

  • Cockroach Labs 2021クラウドレポート:GCPがAzureとAWSを上回る

    Cockroach Labsは最近、年次クラウドレポートをリリースした。そこで、Google Cloud Platformを総合でベストプロバイダーとしている。2021 Cloud Reportでは、重要なアプリケーションとワークロードを表すベンチマークでAWS、Azure、GCPを比較されている。

  • ElasticがElasticsearchとKibanaのライセンスを変更、AWSは両者をフォーク

    Elasticは先頃、ElasticsearchとKibanaのライセンス変更を発表した。同社は、Apache 2.0から移行し、サーバサイドパブリックライセンス (SSPL) とElasticライセンスを採用する。Amazonは、以前のライセンスの下でElasticsearchとKibanaの両方のフォークを保守する計画で反応した。

  • AWSがプレビュー版でロケーションサービスを紹介

    re:Invent 2020の最新の発表の1つで、AWSはAmazon Locationのプレビュー版をリリースした。これは、開発者がジオフェンシングや組み込みのトラッキングなどのロケーションベースの機能をWebベースアプリケーションやモバイルアプリケーションに追加するための新しいマッピングサービスである。

  • AWSがAWS Iot Greengrassの新しいバージョンを発表

    最近、AWSは、毎年開催されるre:Invent中に、IoT Greengrassエッジランタイムとクラウドサービスの新しいバージョンを発表した。最新バージョン2.0は、構築済みのソフトウェアコンポーネント、ローカルソフトウェア開発ツール、そして、大規模なフリートデバイス上のソフトウェアを管理するための新機能と共に提供される。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。