BT

InfoQ ホームページ Amazon に関するすべてのコンテンツ

  • サーバレスバックエンドでWebアプリ開発のイテレーションを迅速化する

    AWSは先頃、3編からなる技術記事シリーズを公開して、Webアプリの反復開発の頻度と製品要件変更への対応能力を向上する、サーバレスバックエンド構築のアドバンテージについて説明したこれらの開発方法論とアーキテクチャによって、開発のフレキシビリティが向上する反面、クラウドベンダサービスへの結合度は高くなる。

  • Docker、AWS ECSおよびMicrosoft ACI用Composeのオープンソース化を発表

    Dockerは、Amazon ECSおよびMicrosoft ACIのComposeインテグレーションのベータ実装をオープンソース化すると発表した。Dockerは初めてComposeをクラウドで利用可能にした。

  • AmazonがECSでEC2 Inf1インスタンスのサポートを発表

    先頃のブログ投稿で、Amazonは、顧客がAmazon Elastic Container Service (ECS)でAmazon EC2 Inf1インスタンスを使用できるようになったと発表した。同社は、インスタンスのパフォーマンスが高く、予測可能なコストが低いことを約束している。

  • AWS無料利用枠は本当に無料ですか?

    The Duckbill GroupのクラウドエコノミストであるCorey Quinn氏は、AWSの無料利用枠は壊れているため、AWSはそれを変更する必要があると主張している。メインクラウドプロバイダーの無料モデルとは異なり、初心者がクラウドデプロイメントのベストプラクティスに従うのに役立たないようだ。

  • AWSがより高い耐久性とIOPS/GiBを備えた新しいEBSボリュームio2を発表

    AWSは先頃、99.999%の耐久性と、ストレージのGiBごとに最大500 IOPSをプロビジョニングする機能を提供する、高性能データベースとワークロード用の新しいプロビジョニングされたIOPSボリュームタイプ (io2) を導入した。

  • Amazon EventBridge Schema RegistryがAWSで一般向けに提供開始される

    最近、Amazonは、Amazon EventBridgeサービスのSchema Registry機能の一般向け提供を発表した。Amazon EventBridge Schema Registryを使用すると、開発者はイベント構造(またはスキーマ)を共有の中央のロケーションに保存し、それらのスキーマをJava、Python、Typescriptのコードにマップできる。ゆえに、開発者はイベントをコード内のオブジェクトとして使用できる。

  • Rancher2.4は100万のKubernetesクラスタをサポートする

    Kubernetes管理プラットフォームの作成者であるRancher Labsは、「Run Kubernetes Everywhere」戦略に沿ってRancher 2.4をリリースした。Rancherは、異種、マルチクラスタ、マルチクラウドのKubernetes管理プラットフォームである。新しいリリースは、エッジスケールでKubernetesをサポートするために必要なスケーラビリティ、管理、セキュリティ機能の提供に重点を置いている。

  • AWSがAWS Graviton2を利用した低コストのバースト可能なT4gインスタンスを発表

    AWSは、Graviton2プロセッサベースの幅広い選択肢を含む、さまざまなAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)インスタンスを提供している。これにより、パフォーマンスとコストでワークロードを最適化できる。Graviton2ベースのインスタンスへ追加された最新は、低コストのバースト可能な汎用T4gインスタンスである。

  • AmazonがAWSでのElastic Search Service向けのUltraWarmの一般向け提供を発表

    最近、AmazonはAWSでのElasticsearch Service向けのUltraWarmの一般向け提供を発表した。Ultrawarmは、低コストのウォームストレージ階層であり、Elasticsearch Serviceの拡張機能である。最大3ペタバイトのストレージを提供し、既存のオプションに比べて約90%のコスト削減になる。

  • ECSおよびAWS Fargateで実行されているコンテナがAmazon Elastic File Systemを使用できるようになった

    Amazon Elastic File System(EFS)は、シンプルでスケーラブルで柔軟なフルマネージド共有ファイルシステムを提供する。最近、Amazonは、Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)とAWS Fargateの両方で実行されているAmazon Elastic Container Service(ECS)タスクがEFSを使用できるようになったことを発表した。

  • マルチクラウドはワーストプラクティスか、パブリッククラウドの未来か?

    Duckbill GroupのクラウドエコノミストであるCorey Quinn氏は先頃、マルチクラウドは"基本的に回避すべきワーストプラクティスだ"と主張した。ただし、誰もが同意している訳ではない。

  • AmazonがAWS Controllers for Kubernetes (ACK) のプレビューを発表

    AWS Controllers for Kubernetes (ACK) は、ユーザがKubernetesから直接AWSサービスを管理できるようにするAWSの新しいツールである。ブログ投稿で、パブリッククラウドベンダは、このツールにより、AWSサービスを利用するスケーラブルで可用性の高いKubernetesアプリケーションを簡単に構築できるようになると述べている。

  • AWSのオープンソースカオスエンジニアリングライブラリ

    AWSエンジニアは先頃、AWSSSMChaosRunnerと呼ばれるPrime Videoでのフォールトインジェクションのテストに使用したオープンソースのカオスエンジニアリングツールについて書いた。チームは、 EC2インスタンスで任意のコマンドを実行できるAWS Systems Managerを使用して構築されたツールを使用してレイテンシー関連の問題を軽減することができた。

  • AmazonがAWS Deepcomposerの一般提供を発表

    先頃、Amazonは、機械学習(ML)を学ぶための独創的な方法を開発者に提供するAWSのサービスであるDeepcomposerの一般提供を発表した。Deepcomposerは、開発者向けの機械学習対応キーボードであり、購入できる。

  • AWS Wavelength 一般提供

    AWSは先頃、サンフランシスコとボストンのAWS Wavelengthゾーンを、Verizonデータセンタでコンピューティングサービスのサブセットを提供できるようにした。新しいゾーンにより、開発者はモバイルキャリアの超低レイテンシのメリットを享受できるアプリケーションを構築できる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。