BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Amazon に関するすべてのコンテンツ

  • Yugabyte Cloud: マネージド分散SQLデータベース

    先日行われたDistributed SQL SummitでYugabyteは、Postgres互換のYugabyteDBのデータベース・アズ・ア・サービス版であるYugabyte Cloudの一般供与を開始すると発表した。

  • AWSがAmazon Genomics CLIの提供開始とオープンソース化を発表

    Amazon Genomics CLIは、AWS上でペタバイト規模のゲノミクス(genomics)データを容易に処理するためのツールだ。今年始めにプレビュー版が公開されていたが、今回それがオープンソースとして一般に提供されるようになった。

  • AmazonがQuickSight Qの一般提供を発表

    Amazonは先頃、マネージドビジネスインテリジェンスサービスQuickSightのエンタープライズエディション用の自然言語による問い合わせツールであるQuickSight Qの一般提供(GA)を開始すると発表した。

  • CanonicalのAnbox CloudアプライアンスでAWS上でのAndroidアプリ実行がシンプルに

    Anbox CloudはCanonicalのソリューションで、Androidアプリを任意のデバイスに大規模にストリーミングできる。新しいAnbox Cloudアプライアンスを使うと、小規模バージョンのAnbox CloudをAWSマーケットプレイスからすぐに入手できる。InfoQは、Canonicalのエンジニアリングマネージャー兼Anbox CloudチームリーダーであるSimon Fels氏と話す機会を得た。

  • AWSがビデオトランスコーディング向けのAmazon EC2 VT1インスタンスを発表

    AWSは最近、Amazon EC2 VT1インスタンスの一般提供を発表した。これはビデオトランスコーディング用に最適化された初のインスタンスである。この新しい仮想マシンはハードウェアアクセラレーションを備えており、ライブブロードキャスト、ビデオ会議、ジャストインタイムトランスコーディングなどの処理向けに設計されている。

  • AWSがAmazon EKS Anywhereを一般提供でリリース

    Amazon EKS Anywhereは、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) のAWSが提供するオプションのサポートでありオンプレミスでKubernetesクラスタを作成および運用できるオープンソースデプロイメントオプションだ。先頃、AWSはAmazon EKS Anywhereの一般提供(GA)を発表した。

  • AWSはAmazon Elasticsearch ServiceをAmazon OpenSearch Serviceに名称変更

    先頃、AWSはAmazon Elasticsearch Serviceの名称をAmazon OpenSearch Serviceに変更すると発表した。名称の変更に伴い、同社はOpenSearch 1.0をサポートするサービスをリリースし、Amazon Elasticsearch Serviceの後継サービスになった。

  • Amazonが第4回Alexa Prize SocialBotグランドチャレンジの受賞者を発表

    Amazonは最近、第4回Alexa Prize SocialBotグランドチャレンジの受賞者を発表した。大学生が会話型AIを開発するコンテストだ。チェコ工科大学(CTU)のチームが優勝し、スタンフォード大学とSUNYバッファローのチームが2位と3位であった。

  • CIS Service CatalogとReference Architecture 2.0の一般供与が開始

    再利用可能なインフラストラクチャコードの開発を専門とする企業であるGruntworkは、CIS Service CatalogとCIS Reference Architecture 2.0の一般供与を開始すると発表した。Grunworkの既存および将来的なユーザは、実運用レベルのAWSテクノロジスタックとAWSサービスを使って、これを即座に始められるようになる。

  • クラウドプロバイダがランサムウェア軽減戦略を公開

    過去数週間で、AWS、Azure、Google Cloudから、クラウドでのランサムウェア軽減手法に関する提案の記事とドキュメントの投稿があった。主な保護方法とリカバリ準備のアクションに焦点を当てている。

  • AWSがS3とEFS用の新しいインテリジェントティアのオプションを導入

    AWSは、直近のAWS Storage Day中に、S3およびAmazon Elastic File System(EFS)のストレージアプローチに対する機能と変更を発表した。これは、オプションのインテリジェントティアリングに関するものだ。更新と変更により、顧客はS3とEFSをより効率的かつ費用対効果の高い方法で活用できるようになる。

  • AWSがAmazon FSx for NetApp ONTAPを発表

    AWS Storage Day 2021において、データ管理ソフトウェアONTAP用マネージドファイルシステムのAmazon FSx for ONTAPが発表された。企業ユーザがすでに運用しているファイルアクセスやストレージ機能をサポートするこのサービスがターゲットにするのは、ハイパフォーマンスONTAPストレージを必要とするアプリケーションやワークロードの、クラウドへのマイグレーションだ。

  • Amazon AuroraがPostgreSQL 13をサポート

    AWSは先頃、Amazon AuroraがPostgreSQLのメジャーバージョン 13をサポートすることを発表した。最新のメジャーPostgreSQLバージョンとの互換性により、パフォーマンスの高いパーティションテーブルクエリやB-treeインデックスエントリの重複排除などの改善が追加される。

  • AWSがAmazon MemoryDB for Redisの一般提供を発表

    最近、AWSはAmazon MemoryDB for Redisの一般提供を発表した。Redisと互換性があり耐久性のある新しいインメモリデータベースだ。この新しいデータベースサービスは、データの耐久性と高可用性を備えた、マイクロ秒の読み取りと1桁のミリ秒の書き込みパフォーマンスを必要とするアプリケーションを対象としている。

  • CVEはクラウドの脆弱性の解決策か?

    先頃のBlack Hat USA 2021で、クラウドインフラストラクチャ企業のWizのセキュリティ専門家は、クラウドの脆弱性に関するCVEデータベースが必要であると主張し、クラウドとサイバーセキュリティのコミュニティで議論を始めた。

BT