BT

InfoQ ホームページ アーティクル

アーティクル

RSSフィード
  • The EconomistにおけるGoを用いたマイクロサービス構築のふりかえり

    Goで書かれたマイクロサービスは、The Economistの新システムの重要コンポーネントだ。これにより、スケーラブルでハイパフォーマンスなサービスを提供し、新プロダクトをすばやくイテレーションできるようになった。Goに組み込まれた並行処理とAPIサポート、および静的コンパイル型言語としての設計のおかげで、大規模にスケール可能な分散イベントシステムを実現できる。全体として、Goを用いたチームの体験はポジティブなものだった。

  • 何がKubernetes Podを動かすのか - コンテナランタイムの過去、現在、未来

    コンテナランタイムの選択範囲は時とともに拡大し、一般的なDockerエンジン以外の選択肢を持つに至っています。OCI(Open Container Initiative)がコンテナの概念とコンテナイメージの標準化に成功したことにより、ランタイム間の相互運用性が保証されるに至りました。この記事では、コンテナエンジン実装の過去、現在、そして未来を論じます。

  • RSocketでRESTに安息(Rest)を

    REST(Representational State Transfer)は、マイクロサービス間の通信におけるデファクトスタンダードになっています。これは望ましいことではない、と著者は主張します。現代的なサービスを開発するには、現代的な素材でHTTPを置き換える必要があります。オープンソースのRSocketはサービスのために設計されました。アプリケーションレベルのフロー制御を組み込んだ、コネクション指向でメッセージ駆動のプロトコルです。

  • JavaScriptとWeb開発に関するInfoQトレンドレポート

    このInfoQトレンドレポートでは、JavaScript、HTML、CSS、およびWeb開発に関する現在のトレンドを取り上げ、採用がさらに進んでいるテクノロジとオプション、そして寿命が近づいているものについて説明する。新しいJavaScript、CSS、HTML、WebAssembly標準、ならびにフレームワークやその他Webテクノロジの普及は、引き続き大幅に加速している。

  • マネージャの視点からのアジャイルの実践

    “完璧は善の敵”、それならなぜうまくいっていることを変えるのだろうか? この記事はアジャイルの実践についての実話に基づいており、あなたは以下の質問に対する答えを見つけるだろう: なぜマネージャはウォーターフォールチームがアジャイルになることを恐れているのか? ウォーターフォールの環境で働くとき、あなたのマネージャはどんなジレンマを抱えるか?さて、変化するべきか、しないべきか?

  • Apache Kafka: デプロイメントを最適化するための10のベストプラクティス

    筆者のBen Bromhead氏が、データストリーミングプラットフォームをより効率的に管理するための、開発者のKafkaのベストプラクティスとして、ログ設定、適切なハードウェア利用、ZooKeeper設定、レプリケーション係数、パーティション数などについて論じます。

  • MongoDBを始めた頃に知っていたら、と思う14のこと

    私は語るのも恥ずかしいほど長くデータベースに携わっていますが、MongoDBを扱い始めたのは最近のことです。MongoDBを始めた頃に知っていたら、と思うことがいくつかあります。一般的な経験として、データベースはどんなものなのか、何をするものなのか、という先入観は必ずあります。みなさんがMongoDBを簡単に使えれば、という思いで、よくある過ちをいくつか紹介しましょう。

  • スタートアップの視点から見たマイクロサービス

    マイクロサービスへの旅を始めると、何を考えるべきなのかを知って呆然とするかもしれません。簡単にあてはまる黄金律は存在しません。旅はすべて異なり、どの組織も別の状況に直面します。この記事では、スタートアップの視点から学んだこととチャレンジ、そして、次にマイクロサービスを導入する時にどのようにするかを共有します。

  • C# 8の非同期ストリーム

    非同期プログラミングは、現代的なアプリの多くにおいて、応答性を向上させるための重要なテクニックです。C# 8で導入された非同期ストリームは、複数の値を返す非同期メソッドを可能にするものです。この新しいテクニックについて、Bassam Alugili氏が詳しく紹介します。

  • Kubernetes時代のマイクロサービス

    マイクロサービスアーキテクチャは現在もなお、分散システムにおける最もポピュラーな設計方法です。しかしながら、Kubernetesとクラウドネイティブのムーブメントは、アプリケーション設計と大規模開発をある面で再定義しようとしています。現代の開発者はビジネス機能を実装するためにプログラム言語に精通するだけでなく、クラウドネイティブテクノロジにも同じように習熟しなくてはなりません。

  • あなたはイノベーションの障害か

    SOAやマイクロサービスを導入して将来を見越したインフラを維持していて、なぜ、イノベーションを起こすのに苦労するのでしょうか。技術の問題ではなく文化の問題です。Rob Zazueta氏は、最新のアーキテクチャのトレンドを導入するより、アジャイル文化に注力する方がメリットがあることを説明します。

  • Javaの新JITコンパイラ、Graalを解説

    オラクルがGraalをリリースした。これはJava用の新しいJITコンパイラであり、次世代のpolyglot仮想マシン、GraalVMにおける主要なコンポーネントでもある。この取り組みは完全なpolyglot、つまり単一のVM内での複数言語技術を解放することだけでなく、スタートアップ時間の改善、Javaアプリケーションのフットプリント削減を目指している。初期リリースにはJVMとJSに加えベータとしてLLVM、Ruby、Rが含まれる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。