BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ アーティクル

  • .NET 6によるHTTP Client SDKの作成と利用

    この記事では、.NET 6でHTTP Client SDKを開発するまでのプロセスを説明します。現実のシナリオに合わせたさまざまなアプローチを紹介した上で、.NET 6を使って独自のSDKを開発する方法について、ステップバイステップで解説しています。

  • データベースシャーディングアーキテクチャの新たな進化

    今回の記事では、筆者のJuan Pan氏が、分散データベースシステムにおけるシャーディングアーキテクチャのパターンについて論じます。記事の中で氏は、Apache ShardingSphereプロジェクトがデータシャーディングの課題にいかに対処しているかを説明した上で、DistSQLを使って分散データベースと暗号化テーブルを生成する方法の実例2つを論じています。

  • Java InfoQ トレンドレポート — 2021年12月

    この記事では、InfoQ Java 編集チームとさまざまな Java チャンピオンにより、2021年の Java および JVM 分野のテクノロジーの採用と新たなトレンドを現在どのように見ているかについてまとめます。

  • Java 12から17までのエキサイトな6つの機能!

    Oracle は、Java の新しいバージョンの挑戦的なリリーススケジュールを維持しています。6か月ごとに1つのフィックスされたリリースがあります。頻繁なリリースですが、一部のバージョンだけが長期サポートと見なされます。これは、3年間のプレミアムメンテナンスがあることを意味します。この記事では、Java 11 以降に何が起こっているかに関心がある人のために、Java 12 と 17 の間で言語に追加されたいくつかを確認します。

  • KivaKitフレームワークの紹介

    今回の記事では、オープンソースのJavaマイクロサービスアプリケーションフレームワークであるKivaKitを簡単に紹介します。KivaKitは共同動作するように設計されたミニフレームワークの集合体です。各ミニフレームワークの詳細はhttps://www.kivakit.orgの他、Jonathan Locke氏のブログ"State of the Art"にも記載されています。

  • Microservices — 字義と精神

    「分離サービス」のパターンになるマイクロサービスは、パターンを理解 (「スモール」と「分離」) し、開発者が目的と一致する特定の設計上の決定を行うことで、最大限に活用することができました。記事では、適切な実装と不十分な実装について説明します。「スモールサービス」と「分離サービス」または「字義 (Letter)」と「精神 (Spirit)」です。

  • サーバレスシステムのデザインパターン

    さまざまな抽象化レベルのデザインパターンを簡単に紹介した後、この記事では、パイプとフィルタのパターンなど、サーバレスシステムに特に適したいくつかのパターンを紹介し、AWS EventBridgeを使用したPOCの実装を示します。

  • C#のsealedメソッドをオーバーライドする

    今回の記事では、C#のsealedメソッドの動作を変更する方法を紹介しています。オペレーティングシステムのメカニズムと、.NETプラットフォームによるコード生成とコンパイル処理の方法を理解すれば、これが可能になります。筆者はこれらのテクニックを、WinAPIラッパの変更など現実的なシナリオで使用する方法を使って概説しています。

  • プロセス改善と組織が変化するためのデザイン思考ロードマップ

    組織と組織の人々が改善したい問題を理解し、問題の解決策を見つけ、長年の組織の運営方法を大きく変える実行可能で価値の高い推奨事項を提供する方法とは? この記事では、NASAでデザイン思考手法を使用して、組織の変化とプロセスの改善を推進し、組織に影響を与える方法を示します。

  • ローコードソフトウェアによって職を失わないためには

    ローコードの普及の勢いは極めて強力です。いずれあなたの会社にも浸透するであろうことは間違いないでしょう。しかしながら、大部分のソフトウェアエンジニアは、これを心配する必要はありません。ローコードソフトウェアがまだ得意でない部分において優位であるからです。この変革を生き延びて成功を続ける上で重要なのは、ローコードにはまだできない責務を自分の役割に含めておくことです。

  • AIはDevOpsに取って代わるのか?

    AIツールは開発者の役割をゆっくりと - DevOpsがかって行ったように - 置き換えています。そして最終的には、DevOpsに完全に取って代わるでしょう。この予測の正しさを評価するのは難しいのですが、この記事では、AIが開発プロセスにもたらすものは何かを確認した上で、それが人間である開発者の作業を本当に引き継ぐことができるのか、数十年後のDevOpsがどのようなものになっているのかを見ていきます。

  • サービスメッシュ必読ガイド - 第2版: 次世代のマイクロサービス開発

    この第2版のサービスメッシュ必読ガイドの記事では、マルチクラウド、マルチクラスタ、マルチテナントモデル、サービスメッシュ拡張、およびサービスメッシュのプロダクションでの運用面などのサービスメッシュテクノロジーの最新の開発について説明します。

BT