BT

InfoQ ホームページ アーティクル

  • マイクロサービスアーキテクチャのためのアプリケーション統合:サービスメッシュはESBではない

    サービスメッシュは、サービス間の通信のためのインフラストラクチャとしての使用のみを目的としています。開発者はサービスメッシュ内にビジネスロジックを構築するべきではありません。クラウドネイティブのエンタープライズアプリケーション統合パターンを実装するために他のフレームワークおよびライブラリを使用することができます。

  • API Gatewayとサービスメッシュがアプリケーション最新化へのドアを開く

    アプリケーションの動作する下位インフラストラクチャからアプリケーションを切り離す”最新化”には、イノベーションの実現、コスト削減、セキュリティ向上などのメリットがあります。API Gatewayはアプリケーションの外部ユーザからの分離を、サービスメッシュは内部ユーザ相互の切り離しを、それぞれ可能にします。

  • DevOpsのためのAWS CodePipelineを使用したDockerコンテナのデプロイ

    このチュートリアルでは、AWS CodePipelineとAmazon Elastic Container Service(ECS)を使用して、ダウンタイムなしでDockerコンテナーを継続的に統合およびデプロイする方法を学びます。

  • MySQLデータベースと共にTypeScriptを使用

    TypeScriptはWebアプリケーションをオーサリングするための強力な環境として浮上しており、言語との整合性を保ちながら、標準のJavaScriptよりも大幅に改善されています。この記事では、Node.js、MySQL、TypeORMでTypeScriptを使用して、サーバーサイドのTypeScriptでデータベースアクセスを管理するための強力なソリューションを作成するために必要な詳細について詳しく説明します。

  • iOS開発者のためのKotlin Multiplatform

    SwiftとKotlinの類似性を活用したKotlin Multiplatformは、クロスプラットフォームコンポーネント開発を容易にすることで、iOSとAndroidプロジェクト間の再利用を可能にします。 今回の記事では、Android Studioをセットアップして、Xcodeにインポート可能なフレームワークを構築するために必要な、すべてのステップを紹介します。

  • 本番環境の卓越性を備えた複雑システムでの持続可能な運用

    本番環境の所有権とDevOpsに対する長期的なアプローチを成功させるには、本番環境の卓越性という形で文化の変化が必要です。信頼性を明確な定義に基づいて測定し、新しい問題をデバッグする機能、知識の普及を促進する文化、およびリスクを軽減するための積極的なアプローチがあれば、チームはより持続可能です。

  • テストの自動化は予防か、治療か?

    開発チームの多くは、テストの自動化を、ソフトウェアデリバリをスピードアップする手段と考えています。チーム内のボトルネックがそこにある、と思われることが多いためですが、開発プラクティス全体をより深く検討すれば、もっとよい結果を得ることができます。

  • テスト駆動開発:実はそれは設計技術です

    この記事では、Javaでステップバイステップの例を使用して、テスト駆動開発(TDD)を使用して、コーディング時に大きな問題を分割、テスト、および克服する方法の実践的な例を示します。

  • マルチクラスタにすべきか、そうではないか - サービスメッシュを使ったクラスタ間通信

    Kuberenetesクラスタ内部の通信はすでに解決された問題ですが、クラスタ間の通信には設計上の配慮と運用上のオーバーヘッドが伴います。マルチクラスタのサポートを実装すべきかどうか判断する前に、自身の通信のユースケースを理解する必要があります。

  • Java 8からJava 12へのアップグレード

    昨今のJavaの変化スピードには驚くべきものがあり、現在でも多くのアプリケーションが実行基盤とするJava 8からJava 12へのマイグレーションは、一般的には非常に難しいものと捉えられています。この記事では、アップグレードによって得られるメリットと潜在的な問題、アップグレードのヒントなどを紹介します。

  • Linkerd v2 - 実運用から学んだ教訓を活かして再構築されたサービスメッシュ

    Linkerd 2.0は、広く普及したサービスメッシュを、Go言語とRust言語に分割して大幅に書き直したものです。今回の記事では、”運用投入という大釜”の中で学んだ教訓と、その教訓がLinkerd 2.xの哲学、設計、実装の基礎になった方法について議論します。

  • アジャイルアンチパターン:システム思考アプローチ

    アジャイルアンチパターンは、「ソリューション」や「回避策」のように見せかけることがある。この記事では、システム思考アプローチを使用して新世代のアジャイルアンチパターンを認識および分類することの重要性について説明する。アジャイルチームとより幅広いビジネスの間でシステム思考の文化を築くための効果的な手段として、バリューストリームを使用して共有言語を作成および促進する方法を示す。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。