BT

BackboneとAngularを比較する

| 作者 Victor Savkin フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2013年12月23日. 推定読書時間: 10 分 |

原文(投稿日:2013/11/26)へのリンク

アイディアやツールは比較をすることでより理解が深まります。

この記事では、日々のウェブアプリケーション開発で行っていることを一覧し、BackboneとAngularがそれぞれどのように役に立つのかを示します。

どのようなことを解決したいのか

ウェブ開発者としてやらなければならないことは、ほとんど次に挙げるカテゴリに分類されます。

  • ビジネスロジックを実装する

  • DOMを構築する

  • ビューのロジックを実装する(宣言的かつ命令的)

  • モデルとビューをすりあわせる

  • UIのインタラクションの複雑さを管理する

  • 状態とルーティングの管理

  • コンポーネントの作成と組み込み

ほとんどのクライアントサイドフレームワークはこれらの課題に対処します。

Backbone

Backboneがどのように課題を解決してくれるのか見てみましょう。

ビジネスロジック

Backbone ModelとCollection

DOMの構築

Handlebars

宣言的なビューロジック

Backbone View

命令的なビューロジック

Backbone View

ビューとモデルの同期

StickIt

UIのインタラクションの管理

JS ObjectsまたはMarionette Controllers

状態とルーティングの管理

Backbone.Router

コンポーネントの作成と組み込み

手動で行う

For visual people:

Backboneについて言うなら...

BackboneとAngularを比較するのは公平ではありません。なので、この記事ではBackboneはBackbone + Marionette + アドインを示すことにします。

ビジネスロジック

アプリケーションの巨大なビジネスロジックの固まりはBackboneのモデルとコレクションになります。これらのオブジェクトはバックエンドのリソースに対応します。このモデルとコレクションでビューをバックアップします。

Backbone.ModelとBackbone.Collectionを拡張しなければならないので少し複雑になります。

まず、すべてのドメインオブジェクトをPOJOとBackboneモデルに分離します。POJOは普通、テンプレートの描画とサーバとの通信に使われます。Backboneモデルはオブザーバルプロパティが必要なときに使われます(例えば、データバインドをセットアップ)。

また、Backboneはオブザービングファンクションをサポートしないので、すべてのプロパティはソースとなるプロパティが変わるとリセットされます。これによって複雑さが増します。読みにくくテストしにくいコードになってしまいます。また、すべての依存物は明示的に定義されなければなりません("change:sourceProperty, this.recalculateComputedProperty)。

DOMを構築する

Backboneはテンプレートエンジンを使ってDOMを構築します。理論的には、好きなエンジンを使えます。しかし、実際に大規模なアプリケーションで使われるのは、MustacheとHandlebarsです。その結果、Backboneのテンプレートはロジックが少なくなり、文字列ベースになってしまいます。しかし、そのようにする必然性はありません。

ビューロジック

ビューロジックを宣言的と命令的に分けるというアイディアは古い(オリジナルのMVCパターンまでさかのぼります)です。イベントハンドリングの構成とデータのバインディングは宣言的です。イベントハンドリングそのものは命令的です。Backboneはこのふたつを明確に区別しません。Backbone.Viewに混じっています。

モデルとビューの同期

Backboneは最小限の機能しか提供しないので、データバインディングを組み込みでサポートしません。小さなプロジェクトでは問題ありません。ビューにモデルとDOMの同期を任せればいいのですから。しかし、アプリケーションが成長するに従って、管理できなくなります。

いくつかのアドオン(Backbone.StickItのような)を使ってビューとモデルの同期に関わる負荷を低減できます。モデルとビューの同期のような些細な問題よりも、複雑なインタラクションを管理することに注力できます。これらのアドオンのほとんどは普通のJavaScriptを使って構成できるので、アプリケーションに合うかたちで抽象して設定することができます。

Backboneのデータバインディングの欠点はオブザーバルプロパティに依存しているにも関わらず、テンプレートエンジンはPOJOを使うことです。DOMをこのふたつの方法で扱うのはコードが重複することになります。

複雑なUIインタラクションを管理する

すべてのUIインタラクションは単純なもの(Observer Synchronizationを使って管理する)と複雑なもの(Flow Synchronizationが必要)に分けられます。

上述したように、単純なインタラクションはBackbone.Viewでデータバインディングとイベントハンドラを使って処理できます。Backboneは複雑なUIインタラクションを制御するためのソリューションを持っていませんので、自分のアプリケーションに一番合うものを選ぶ必要があります。Backbone.Viewを使う人もいますが、私のおすすめは反対です。Backbone.Viewは機能が大きすぎるのです。Supervising Presenterは私が複雑なインタラクションを管理するときによく使うパターンです。

状態とルーティングの管理

Backboneはとてもシンプルなルータの実装を提供します。ビューの管理とアプリケーションの状態の管理のための仕組みは提供しません。すべて手動で行う必要があります。それゆえ、実際にはほかのライブラリ(router.jsなど)が必要になります。

コンポーネントの作成と組み込み

Backboneでは、自由にコンポーネントを作成し組み込むことができます。繰り返し同じコードを書かなければならず、さらに、コードをしっかりと構成するために守る必要のある原則も多いです。

Angular

同じ課題をAngularではどのように解決するか見てみましょう。

ビジネスロジック

JSオブジェクト

DOMの構築

指示的

宣言的ビューロジック

指示的

命令的ビューロジック

コントローラ

ビューとモデルの同期

組み込みの仕組み

UIインタラクションの管理

コントローラ

状態とルーティングの管理

AngularUI Router

コンポーネントの作成と組み込み

依存性注入

For visual people:

ビジネスロジック

Angularはオブザーバルプロパティを使いませんので、モデルの実装には制約はありません。拡張する必要のあるクラスや従う必要のあるインターフェイスもありません。やりたいようにできます。実際には、多くの開発者はPOJOを使います。次のような利点があるからです。

  • すべてのドメインオブジェクトがフレームワークに依存しないので、アプリケーションをまたいで再利用できます。
  • データに近いので、クライアントとサーバの間の通信をシンプルにします。
  • ビューを描画するのに使えので、toJSONを実装する必要はありません。
  • コンピュートプロパティは関数としてモデル化されています。

テンプレートとビュー

Angularのテンプレートはコンパイルされる前のDOMの一部です。コンパイルの間、AngularはDOMのサブツリーを変換し、JavaScriptをアタッチします。コンパイルの結果は別のDOMのサブツリーになり、これがビューになります。言い換えれば、ビューそのものを作成する必要はないのです。Angularはテンプレートをコンパイルすることでビューを作成します。

DOMを構築する

BackboneはDOMの構築とビューロジックを明確に分離します。Angularの場合、このふたつを別けていません。DOMの構築にもビューの振る舞いを定義するのにも同じ仕組みを使います。

ビューロジック

Angularは宣言的と命令的なビューロジックを明確に別けます。宣言的なロジックはビューによって実現され、命令的なロジックはコントローラで実現されます。

この分離は恣意的に見えます。しかし、とても重要です。

まず、何を単体テストの対象にするべきかを特定できます。テンプレート内でエンコードされた宣言的なロジックはテストする必要はありません。コントローラのためにテストを書くのは良いアイディアです。

また、ビューからコントローラまで、すべての依存物は同じ方向に向かいます。コントローラはビューもDOMも意識しません。なので、コードを再利用し、テストも簡単にできます。

モデルとビューの同期

Angularはデータバインディングを組み込みでサポートします。ほとんどのクライアントサイドフレームワークと比べ、Angularはオブザーバルプロパティに依存しません。そのかわり、ダーティチェックを行います。

Angularのダーティチェックはいくつかの優れた属性を持っています。

  • モデルは監視されているということを意識しません。
  • オブザーバルプロパティの間の依存関係を定義する必要はありません。
  • 関数もオブザーバルです。

しかし、欠点もあります。

  • サードパーティのコンポーネントやライブラリと統合するとき、Angularがモデルに行われた変更をわかるようにする必要があります。
  • 状況によっては性能に悪影響が出ます。

複雑なUIインタラクションを管理する

上述したように、コントローラはUI要素の宣言的なロジックを実装することに責任を持ちます。コントローラをSupervising Presenterとして使い、複雑なUIのインタラクションを管理することもできます。

状態とルーティングの管理

Backboneと同様に、Angularの組み込みルータはとてもシンプルですが、現実のアプリケーションの実装には不十分です。ありがたいことに、AngularUI Routerプロジェクトがあります。これは、アプリケーションの状態、ビューを管理し、ネストをサポートします。つまり、ルータに期待することはすべてできます。また、Backboneと同様、ほかのライブラリ(例えばrouter.js)も利用できます。

コンポーネントの作成と組み込み

AngularにはIoCコンテナがあり、依存性注入と同様に、モジュール化されたコードを書くことを強制します。これによって、再利用しやすくなり、テストしやすくなり、繰り返し同じことをする必要もなくなります。欠点は、複雑になりやすいこと、コンポーネントを制御しにくくなることです。

おわりに

BackboneとAngularがどのようにウェブアプリケーション開発の課題を解決するのかを簡単に見てきました。このふたつのフレームワークは異なる解決策を持っています。Backboneはテンプレートの描画、データバインディングの準備、コンポーネントの組み込みについて多くの選択肢を提供します。Angularはこれらの問題に対して定型的なソリューションを提供しますが、モデルやコントローラを構築する場合は柔軟です。

著者について

Victor SavkinNulogyのソフトウエアエンジニア。関数型言語、ウェブプラットフォーム、ドメイン駆動設計に関心を持っている。JavaScriptを使って大規模なアプリケーションを作っている。言語オタクになるため、Smalltalk、JS、Dart、Scala、Haskell、Clojure、Iokeで遊ぶのに時間を費やしている。ブログではvictorsavkin.comRubyとJSで大規模なアプリケーションを作成することについて書いている。Twitterアカウントは@victorsavkin

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT