BT

InfoQ ホームページ アーティクル 3つの一般的なエンジニアリングの神話を打ち破る

3つの一般的なエンジニアリングの神話を打ち破る

Leia em Português

ブックマーク

キーポイント

  • Examine yourself to determine if you believe in any common engineering myths
  • Accepting common myths can hold you back from growing your skills in new ways
  • Be intentional about taking action to progress, especially when it is uncomfortable
  • Always question and adapt your thinking to be in-line with what your goals are
  • Avoid thinking engineers must be a "certain way"

原文(投稿日:2020/03/11)へのリンク

次のような古くて有害なエンジニアリングジョークがあります:

「内向的なエンジニアと外向的なエンジニアの違いをどのように見分けますか? 外向的な人は、自分の靴ではなくあなたの靴を見ます」

時間の経過とともに、これらのジョークやステレオタイプは、私たちができると感じることに対して、その信念を制約する可能性があるため害を及ぼすかもしれません。たとえば、私は多くのエンジニアのように自然と数学と科学が得意だったのでこの分野に参入しました。私は「正しい」答えが好きで、この分野のトピックで見つけました。やがて、私はこの欲求、つまり客観性への愛情を強く抱き始めたので、主観的、創造的、または芸術的であると見なされる主題やスキルを完全に避けました。私はその側面をほぼ完全に抑制しました。今は追いついているような気がしますが、それでもスキルをまだ伸ばすことはできます。良いニュースは、エンジニアが優れた教師、コミュニケータ、リーダになることができるし、そうなることです。私たちは、抑圧されていたスキルを成長させ、発展させるマインドセットにシフトすることで、これらのステレオタイプを打ち破ることができます。

特に現在または将来のエンジニアリングリーダーである場合は、可能性を最大限に引き出せない可能性があるため、真実を暴露する必要があるエンジニアを悩ませる3つの一般的な神話があります:
 

  1. エンジニアには優れたコミュニケーション能力がない
  2. エンジニアは「自然に」リーダにならない
  3. エンジニアは非常に論理的ではあるが創造的ではない

以下では、これらの神話のそれぞれについて詳しく説明します。制限された信念から離れて人生のシフトを開始するためにすぐに実現できるいくつかの実用的なアイデアを提供します。

神話: エンジニアには優れたコミュニケーション能力がない

この神話は、ほとんどのエンジニアは内向的であるという信念と、内向的は悪いコミュニケータであるということに対応する信念に沿っています。真実は、内向的と外向的のどちらも、時間をかけてスキルを学び発達でき、素晴らしいコミュニケータになる可能性があるということです。全世界で聞いたり話したりする私の好きな人々の一部は内向的です。おそらく近年で最も有名なのは、Susan Cain氏で、騒々しい世界で内向的な人々の力を世界が認識できるようにする「静かな革命」と彼女が呼ぶ発達です。彼女は内向的であるため、人前で話すことに関する大きな不安を克服し、多忙なスピーカになりました。エンジニアリングの世界では、Bill Gates氏 (Microsoft) 、Steve Wozniak氏 (Apple) 、Larry Page氏 (Google) などの優れたリーダを見つけられます。

内向的か外向的であるかの自然な行動タイプは、コミュニケーションの実際の能力とは関係ありませんが、対人関係の相互作用から人々がどのようにエネルギーを獲得するか (そしてそれらがスペクトルのどこに存在するか) を認識します。人は本来社会的な存在であり、他者とのつながりを深めることに目的を感じます。したがって、誰もが幸せで健康になるためには、さまざまなコミュニケーションスキルを身に付けることが必要です。

リスニング訓練

コミュニケーションスキルの開発は、多くの分野をカバーする幅広いアイデアです。まず、エンジニアはリスニングのスキルに集中することで、コミュニケーション能力を開発することができます。覚えておくべき重要な引用:

まず理解に徹し、そして理解される

-Stephen R. Covey氏

実践するために重要なことは、他の人が私たちに伝えようとしていることを本当に理解しようとすることです。本当のリスナになりたいのであれば、返答を得るためだけに耳を傾けることはできません。違いがわかりますか? 私たちがとる行動の下では、他の人と彼らが言わなければならないことを本当に気にしなければなりません。誰かがあなたの言うことを気にしないかどうかはよくわかります。他の人があなたと話しているのと同じことが当てはまります。

リスニング活動: 同僚との会話を開始し、自由回答式の質問をしてください。質問は「週末はどうでしたか?」や「この問題をどのように解決できると思いますか?」のように簡単なものにできます。次に、単純な確認の応答以外を行わずに、2分間真っ直ぐに聞きます。質問のために中断しないでください。ただ聞いて。学んだことを理解してください。

コミュニケーションの簡素化

エンジニアリングコミュニケーションにおける一般的な問題の1つは、詳細で複雑なアイデアを詳細で複雑な方法で説明することです。エンジニアは全体像を理解し、知っていることを共有することに興奮しています。明確さとコラボレーションの代わりにしばしば混乱を招きます。Albert Einstein氏の引用を振り返ってください:

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。

特に、技術者以外の人々とコミュニケーションをとり、チーム全体で作業する場合、専門用語を排除し、他の人が簡単に理解できる概念を使用してアイデアを共有します。多くの場合、これには関連するであろう類推または比較の使用が含まれます。

テクニカルコミュニケーション活動: 6歳テストを受けてください。よく知っている複雑なアイデアや概念を見つけて、それにまったく通じていない子供や他の人に説明してみてください。彼らが理解し、あなたにそれを説明できるかを確認します。少なくとも3人の異なる人々に同じアイデアを教えてみて、あなたがどのように向上するかを確認してください。

神話:エンジニアは「自然に」リーダにならない

この神話は、リーダは作られるのではなく生まれるという、より一般的な神話に従っています。リーダシップ開発に関する研究は、これは単に真実ではないことを示唆しており、実際、リーダシップ能力の70%は、人生経験を通じて学んだ教訓の結果です。

リーダシップ育成の基本的な概念は、しばしば「リーダシップレディネス」と呼ばれます。彼らが本当に準備ができ、望み、リーダになることができるというのは誰かの中の信念です。自分自身についてこれを信じている人ははるかに早く成長する可能性があり、これは驚くことではありません。この考えは、「成長」マインドセットと「固定」マインドセットの比較についてCarol Dweck氏が行った他の研究と非常に一致しているため、私たちは自分の人生を通じて発展し、変化し続けることができると信じています。

あなたの強みを評価する

リーダシップを発揮できることを発見する方法の1つは、私たちが持つ強みを特定し、活用する方法を見つけることです。GallupのCliftonStrengthsなど、これを支援する無料および有料の評価がたくさんありますが、非常に簡単なアプローチは、あなたをよく知っている人に尋ねることです。

先に進みましょう – あなたの人生の中で、誰よりもあなたをよく知っている10人に、あなたの3つの個人的な強みは何だと思うか尋ねてください。おそらく、あなたは彼らが言うことの多くに同意するでしょう。彼らはまた、あなたが現在信じていないことをあなたに言うかもしれませんが、他の人がそれを言っているので、あなたはほんの少し信じ始めるかもしれません。

限定的な信念を打破する活動: これは少し奇妙に見えるかもしれませんが、私と一緒にいてください。約5分かけて、自分の弱点と思われるものの簡単なリストを書き留めます。次に、1枚の紙またはメモをつかみ、実際には限定的な信念であると特定した「弱点」をそれぞれ書き留めます。限定的な信念のリストが記載された紙を取り上げ、それを引き裂きます。空中に投げます。ちらかします。受け入れない信念を示してください。たとえば、私の弱点は、自分の感情を抑制しがちであることが原因で、関係のつながりを少なくする可能性でした。私がかつて受け入れていた限定的な信念は、私は良い作家ではなかったというものでした。あなたはそれに同意するかもしれませんし、同意しないかもしれませんが、少なくとも私はスキルを押し進め、実践しています! 私はそれをメモに書いて、それを引き裂きます。お約束します、気持ちいいです。

内側を見る

問題は、人々が自分の人生に大きな変化をもたらすことはめったにありませんが、人々は変化するということです。それは、私たちが自己認識を高め、「ah-ha」の瞬間や直感を持ち、私たち自身と私たちの状況を新しい光の中で見るのを助けるときに起こります。それが考え方を変える方法であり、それが私たちの行動を新しい道へと進めます。

他人を非難することに熱中し、中毒になり、解雇されようとしている人々を見てきました。しかし、彼らは問題の一部であることを認識するのに十分なスペースを作成して、他の全員を非難するのではなく、変化できることに焦点を合わせ始めることができました。それは変革的です。

マインドセット調整活動: 現在直面している最大の仕事上の課題を特定します。問題の根本的な原因は何だと思うかを書き留めてください。次に、自分を改善するために個人的にできることを2〜3つ書き留めます (これは、他の人を修正するために行動を起こすことではありません。自分に焦点を当ててください) 。次に、他の人が行っていることや行っていないことではなく、原因から救う自分自身の能力に集中し続けます。

神話:エンジニアは非常に論理的ではあるが創造的ではない

これは理にかなっているようです。– エンジニアが創造的だったとしたら、彼らは芸術家、作家、またはその他の「美術」の職業になることを決心したのではないでしょうか。違います! 創造的であることのキーワードはまさにそこにあります – 創造することです! エンジニアは、人々に毎日影響を与える製品、サービス、およびプロセスを作成します。あなたの仕事が消費者向けアプリケーション、デバイス、またはマシンに行くかどうかにかかわらず、エンジニアリング作業の最終製品は他の人々によって使用されます。エンジニアが創造性を抑えた場合には、問題を解決する方法についての多くの洞察を、そうでない場合よりも見逃してしまいます。

エンジニアは毎日、新しい課題に取り組むために、既成概念にとらわれずに考える新しい方法を見つける必要があります。彼らには、世界を違ったのものにできる方法を想像し、それを実現する方法を作りだすという素晴らしい機会と責任があります。それが創造性の核心であり、エンジニアにとって感動的で刺激的なものでなければなりません。たとえば、エンジニアリングの革新は、長年にわたってヘルスケアの改善の大きな部分を占めてきました。データ分析から効率的なソフトウェアシステム、手術機械、治療の追跡と推薦の提供まで、エンジニアリングは本当に毎日の命を救います。

好奇心をそそる

私たちが創造性を我慢するとき、それは私たちが直面している問題を解決するための正しい答えやアプローチをすでに持っていると感じるためです。しかし、さまざまな人々とその視点は、まったく違った方法で物事を見ることができます。これはいい!

創造的なアイデアを検討し始め、私たちのやり方に固執しないようにする1つの方法は、好奇心をそそることです。誰かがあなたに同意しない場合は、その問題について彼らがなぜ、どのように感じているのかについて興味を持ってください。誰かが問題を抱えてあなたのところに来た場合は、解決策を急いで提供する前に、質問することにもう少し時間を費やしてください。好奇心は、エンジニアが非常に重視する合理的な考え方を受け入れ続けながら、新しいアイデアに私たちの心を開くことができます。

好奇心活動: 次回チームとのブレーンストーミングセッションを行うときは、「はい、そして…」を活用してください、アイデアとオープンマインドな思考を促進するために全力を尽くしてほしいと思います。「いいえ」、「うまくいくとは思わない」、「はい、でも…」などの言葉の応答を排除してください。誰かがアイデアを提案した場合は「はい、そして[アイデアを拡張する]」と応答して、そのアイデアを受け入れ続けます。この原則は即興コメディの世界から来ており、デザイン思考の世界で多く教えられており、コラボレーションを促進するためにチームを前向きで協力的に保つ能力があります。

失敗を受け入れて再試行する

創造との闘いは、私たちがしばしば「失敗」することであり、この失敗への恐れは、私たちがさまざまなアプローチや可能性を探求することを妨げることがあります。次の引用を検討してください:

失敗はエンジニアリングの中心です。エンジニアが行うすべての計算は失敗を計算することです。
-Henry Petroski氏

 

失敗した解決策やアイデアを提供することを恐れるのではなく、それぞれの失敗を新しいことを学ぶ機会と見なす必要があります。これは新しいデータポイントです。それは新しい経験です。そして、私たちが優れた学習者であれば、同じ過ちを繰り返すことはありません。確かに、失敗に固執し、それぞれを学習経験として扱うならば、速く失敗することが成功するための最良の方法であることがよくあります。

恐怖を克服する活動: あなたの快適ゾーンの外にある、あなたがいつも望んでいた何かを作ってください。やってみてください。別の言語でコードを書くことであれば、それを行います。図面、絵画、小さな建設プロジェクトなど、手を使って物理的なものを作成したい場合があります。ここでのポイントは、これまでに行ったことのないことを行い、自分の核心が本当に創造者であることを理解することです。個人的には、最近、自分のマーケティング活動のためにビデオを作成し始めました。これまでに行ったことがなく、非常に不快ですが、有益なフィードバックを受け取り、プロセスを通じて多くのことを学びました。

前進

神話、ステレオタイプ、限定的な信念は、私たちの成功に大きな打撃を与える可能性があります。これらのことであなたを定義する必要はありません。あなたが誰であると思うか、そしてあなたが打撃を与える信念を手放し、将来のための新しい考え方を受け入れるにつれて、大きく変わる可能性があることを知っておくことが重要です。別のお気に入りの引用:

今までに達成したことのない目標を達成するには、これまでに達成したことのないことをしなければなりません。
-Richard G. Scott氏

 

あなたが現在これらの神話やステレオタイプを受け入れたり、屈服したりすることに苦しんでいるなら、今が変える時です。何らかの行動と考え方の変化を起こすでしょうが、それは十分可能です。

上述の神話を信じるのではなく、代わりに受け入れるべきエンジニアについての3つの真実を共有したいと思います。
 

 

  1. エンジニアは、卓越したコミュニケーションスキルを身に付けることができる (まだ持っていない場合)
  2. エンジニアには優れたリーダーになる能力がある (すでに多くの人がそうです)
  3. 成功したエンジニアは創造的である (彼らが作成したものを見てください!)

この解決策で提案されたアクションを実行し、活動を実践して、何が起こるかを確認してください。自分の能力に驚くかもしれません。

著者について

Jeff Perry氏には、技術組織の人々の成長を支援する珍しい能力があります。文化やチームを革新的なハイテクイニシアチブに合わせるためのエンジニアリングスキルを持っています。彼は、文化、創造性、エンジニアリング、テクノロジー、そして優れたビジネスへの情熱を熱心に共有しています。Perry氏は、技術的およびビジネス上の経験/教育とトレーニングおよびコーチングのコツを独自に組み合わせることで、人々が以前は見ることができなかったものを自分自身で見て、考えられる以上のことを達成できるように支援します。関係と状況に関する彼の成熟した見通しにより、Perry氏はすぐに上に上がり、人々とプロジェクトが直面している衰弱させる問題を解決する機会を認識するために全体像を見ることができます。Perry氏は最近、エンジニアリングのリーダシップに移行するために必要な5つのシフトに関する新しい無料トレーニングを開始しました。登録して視聴するにはこちらにアクセスしてください。LinkedInまたはjeff@morethan-engineering.comでPerry氏に連絡してください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。