BT

Your opinion matters! あなたのご意見でInfoQが変わる!

無料で使えるWindows Azure Webサイトの新モードを試す

| 作者 照山 聖岳 - (株)ネクストスケープ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年9月27日. 推定読書時間: 6 分 |

A note to our readers: As per your request we have developed a set of features that allow you to reduce the noise, while not losing sight of anything that is important. Get email and web notifications by choosing the topics you are interested in.

2012年9月17日に発表されたWindows Azure Webサイトのアップデートでは、いくつかの新しい機能が追加された。本稿では、”Freeモード”と呼ばれる無償で利用できるモードの特徴と制限を確認し、Webサイトを実際に展開するところまで紹介する。

Windows Azure Webサイトの無償版

Windows Azure Webサイトは、Windows Azure上でWebサイトをホスティングすることに限定したサービスである。従来からあるWebロールとは異なり、ユーザーがインスタンスの起動や管理を行う必要はなく、Webアプリケーションを配置するだけでよい。
本機能には、以前より”共有(Shared)モード”と”予約(Reserved)モード”があったが、これに”無償(Free)モード”が新たに加わった。”無償(Free)モード”では、Webサイトで利用できるリソースに上限はあるが、課金を気にすることなく利用できるようになっている。

各モードの特徴と制限について

以下の表に、”Freeモード”、”Sharedモード”、”Reservedモード”の特徴と制限をまとめた。なお、Windows Azure Webサイトは、現在はプレビュー期間中のため、制限や価格は今後、変更される可能性がある。
 

比較項目 無償(Free) 共有(Shared) 予約(Reserved)
ホスティング環境 共有
マルチテナント型
共有
マルチテナント型
インスタンス占有
カスタムドメイン 利用不可 利用可 利用可
サイト数 最大10サイト 最大100サイト 最大100サイト
ストレージ 1GB 1GB 10GB
MySQL DB 20MB 20MB< 20MB
データ転送(受信) 無制限 無制限 無制限
データ転送(送信) 上限165MB/日 5GB/月まで無償
以降は従量課金
5GB/月まで無償
以降は従量課金
CPU時間 上限60分/日
2.5分/5分
上限240分/日
2.5分/5分
占有のため制限なし
インスタンス数 最大3インスタンス 最大3インスタンス 最大3インスタンス
インスタンスサイズ 選択不可 選択不可 S, M, Lから選択
費用 無償 1.14円/時間
※プレビュー期間中
7.00円/時間
※プレビュー期間中

※参考:Pricing Details
http://www.windowsazure.com/en-us/pricing/details/

“Sharedモード”は、サイト数の上限が増加し、通信量の上限もなくなっているが、無償期間はなく課金が行われる点が以前とは異なる。代わりに、”Freeモード”では、上限はあるが完全に無償で利用できるのが特徴となっている。

”Freeモード”のWebサイトを作成

Windows Azure Webサイ トにPHPで開発されているオープンソースCMSであるWordPressを展開するところを一例として紹介する。わずかなステップでWebサイトが展開できることを確認してほしい。

Windows Azure管理ポータル
にアクセスし、左下の[New]ボタンからメニューを開く。

 
図1:Windows Azure管理ポータルから新規作成メニューを開く

表示されたメニューから[Compute] – [Web Site]を選択する。 


図2:Webサイトの新規作成

Webサイトは現時点では、Previewの機能であるため、事前に利用したいPreviewに申し込みを行う必要がある。プレビュー機能のページから[Web Sites]の[try it now]ボタンをクリックし、画面に従って申し込みを行うと上記の画面から[Web Site]が選択可能となる。

[Web Site]を選択すると次のメニューが表示されるので、[From Gallery]を選択する。 


図3:ギャラリーからWebサイトを作成

ギャラリー画面では、Windows Azure Webサイト上ですぐに展開可能なオープンソースのWebアプリケーションを選択することができる。ここでは、[WordPress]を選択し、次へ進む。 

図4:ギャラリーからWordPressを選択

WebサイトのURLを入力し、次へ進む。 

図5:WebサイトのURLを設定

WordPressではMySQLを使用するため、MySQL Databaseの名前を確認し、[I agree to ClearDB’s …]にチェックを入れ、完了をクリックする。 

図6:ClearDBが提供するMySQL Databaseを構成

Webサイトの一覧画面に戻り、新規サイトの生成と展開までが数十秒で完了する。


図7:Webサイトのステータスを確認

Webサイトのステータスが[Running]と表示されれば、そのWebサイトは正常に稼働している。

Webサイトのモードの確認

Windows Azure Webサイトでの新規サイトの立ち上げまでを見てきたが、Webサイトのモードを意識する手順は特になかった。もう一度、Windows Azure Webサイトの一覧画面を確認してみよう。


図8:Webサイトのモードを確認

[Mode]を確認すると”Free”と表示されていることが分かる。
つまり、作成したWebサイトはデフォルトでは”無償モード”になるということだ。

WordPressサイトの確認

最後に、WordPressの初期画面が表示されるところまで見ていきたい。先の画面からWebサイト名をクリックするとWebサイトの管理画面が表示される。 


図9:サイトURLおよびFTP接続先の確認

[Site URL]がリンクになっているので、ここから作成したWebサイトにアクセスできる。Webサイトのドメイン名は、「[Webサイト名].azurewebsites.net」という形式になる。

ちなみに、FTPでアクセスする場合は、事前に[Reset deployment credentials]からユーザー名とパスワードを設定しておくことで、FTPで接続することができる。

WebサイトのURLにアクセスするとWordPressの初期設定画面が表示されるので、必要事項を入力し、[Install WordPress]をクリックする。 

図10:WordPressの初期設定

WordPressの初期設定が完了すると、設定したユーザー名とパスワードでログインできるようになる。 


図11:WordPressのホームページ

今回は、Windows Azure Webサイトの”無償モード”について紹介し、実際にWebサイトを立ち上げるところまでを確認した。次回は、”無償モード”について、もう少し掘り下げてみていきたい。

参考

Announcing: Great Improvements to Windows Azure Web Sites
http://weblogs.asp.net/scottgu/archive/2012/09/17/announcing-great-improvements-to-windows-azure-web-sites.aspx

Pricing Details
http://www.windowsazure.com/en-us/pricing/details/

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT