BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Artifacts & Tools に関するすべてのコンテンツ

  • IT運用のための人工知能(AI) - その概要

    IT運用における人工知能(AIOps)の活用は、ディープラーニング、データストリーム処理、ドメイン知識に由来する高度な手法を組み合わせ、内外のソースから取得したインフラストラクチャデータを分析することによって、運用を自動化し、異常(通常と異なるシステム挙動)がサービス品質に影響を与える前に検出しようというものである。

  • 分散DevOpsチーム: デジタルコネクションチームのサポート

    グローバルに分散したチーム内でデジタルコネクションを確立するために、組織はチームメンバにコラボレーションツールと視覚化ボードを備えた追加のモニターの両方を提供した。オンラインチャットとホワイトボードを使用したコラボレーションは、ボードをチームのニーズに合わせる調整のため、当初は課題があった。

  • CNCFはGitOps Fluxをインキュベーションプロジェクトに昇格

    CNCFは、Fluxプロジェクトをサンドボックスレベルからインキュベーションレベルに昇格させた。これは、Fluxが広く使用されていることの証明であるだけでなく、GitOpsファミリーのプロジェクトに参加し、継続的デリバリに対して統合されたツールキットアプローチを提供していることの証明でもある。

  • Coinbaseが構築した”運用環境への道” - QCon Plus Q&Aより

    Coinbaseでは、エンジニアと顧客の数が増えるに従って、より多くのプロジェクト、早いイテレーション、増え続けるインフラストラクチャに対する多くのコントロールを必要とするようになった。開発者が何をしているかを見て、それを支援するための社内デプロイメントツールを開発していく過程において、同社は、セルフサービスの文化を構築したのだった。

  • JFrogはJCenterとBintrayを閉鎖へ

    JFrogは、GradleやAndroidビルドでよく使用されるJavaリポジトリ JCenterを含むBintrayアセットホスティングサービスを閉鎖すると発表した。 Bintrayへのアップロードは月末にブロックされ、アセットは4月末以降ダウンロードできなくなり、その後すぐに削除される。 これがJavaビルドパイプラインにとって何を意味するかを知るために読んでください。

  • mvnd: Mavenを速くするDaemon、Peter Palaga氏とGuillaume Nodet氏との対談

    ほぼ20歳のMavenは、依然としてJavaの世界ビルドツールであり、最大の市場シェア (60%以上) を誇っている。敏捷性とリリースサイクルの短縮という今日のニーズに適応するため、Maven Daemonは、TakariまたはGradleによって普及した手法を使用して、必要な速度を実現する。

  • リモート文化の意図的な創造と育成

    企業文化は短期間に��構築できないし、押し付けることもできない。企業文化は創業者のイデオロギや、仕事に関わる振る舞いに深く根差している。そこから成長し、価値観を共有する個人が雇用されることで独自に進展すると同時に、個人の持つアイデンティティが文化の中に織り込まれていくのだ。

  • レポートでテスト自動化に対するVisual AIの影響を検証

    101か国の288人の品質エンジニアからの経験的データは、テスト自動化の分野におけるVisual AIの利点を示すレポートの裏付けとなる洞察と信頼性を示している。このレポートは、Visual AIを使用した機能テストツールとビジュアルテストツールを販売しているApplitoolsからのものである。

  • Spring Bootのプロジェクト生成ツールSpring Initializrがアップデート

    Spring Initializrに、これまで要望の高かったプロジェクトエクスプローラなど、いくつかのアップデートと機能追加が行われた。プロジェクト生成APIのリファクタと再設計、デザインを刷新したUIも含まれている。

  • デザインシステムはいかにチームのコミュニケーションとコラボレーションをサポートするか

    デザインシステムを使用することによって、デザインチームのワークフローを改善し、知識を再利用し、一貫性を向上させることが可能になる、とStefan Ivanov氏は言う。より早く失敗することで反復サイクルをスピードアップすると同時に、製品設計の初期段階において、ユーザのフィードバック収集により多くの時間を費やすことにより、製品市場のスイートスポットにはるかに早くフィットすることが可能になる。

  • IoTセマンティクステストのためのオープンソースのテストウェア: Eclipse IoT-Testware

    プロジェクトEclipse IoT-Testwareは、モノのインターネット(IoT)ソリューションを開発する業界と企業向けに、オープンソースのテストツールとプログラムを無償で提供している。TestCon Moscow 2019では、Fraunhofer FOKUSのシニアサイエンティストであるAxel Rennoch氏が、IoTの品質保証について講演した。

  • ElasTestで実現するテスト時の可観測性

    分散アプリケーションでは,非分散アプリケーションで一般的に使用されているデバッグテクニックを使うのは困難である。テスト環境においても運用時のような可観測性を実現すれば,バグの検出が容易になる,とFrancisco Gortázar氏は,European Testing Conference 2019で主張し,可観測性を使って複雑な分散システムのテストと評価を行うツールとして,ElasTestを紹介した。

  • AtlassianとSlackの戦略的提携

    Atlassianは2018年7月26日に、Slackとの戦略的提携を発表し、今後はリアルタイムコミュニケーション製品を提供しない、と発表した。この提携によって両社の既存のツールの間の統合が進み、新製品を一緒に開発するようになる。

  • 人工知能でソフトウェアをテストする

    コンピュータビジョンアルゴリズムと現代の人工知能(AI)技術の適用が進歩し、ビジュアルテストを書くことは現実的になった。テストでAIを使えば、自律テストは可能になる。退屈で機械的なタスクはAIに任せて、テスタは考えることができる。

  • Appraiseでビジュアルテストを自動化する

    ルックアンドフィールが成功の鍵を握るアプリケーションの開発においては、自動化されたビジュアルテストが有効な場合がある。GitHub上でMITライセンスで公開されているオープンソースツールのAppraiseは、“例示による仕様”というアプローチを採用することにより、視覚検査によってWebページの変更を検証し、承認する作業を支援する。

BT