BT

InfoQ ホームページ Artifacts & Tools に関するすべてのコンテンツ

  • データ準備のパイプライン:戦略、オプション、ツール

    データ準備は、データ処理および分析ユースケースの重要な1側面である。ビジネスアナリストやデータサイエンティストは、データの分析や機械学習モデルの開発ではなく、データの収集と準備に約80%を費やしている。Kelly Stirman氏は先週、Enterprise Data World 2017 Conferenceでデータ準備のベストプラクティスについて講演した。

  • グラフィック関連のニュース: XamarinのKimono、GoogleのGuetzliとDraco

    XamarinはSkiaSharpオブジェクトの編集ツールをオープンソースとして公開した。またGoogleは、2D JPEGと3Dグラフィックのサイズの縮小を実現した。

  • Yahoo! Screwdriver - スケールするCDツール

    Yahoo!はScrewdriverをオープンソース化した。その内部で使われるCDツールは開発中である。

  • 英国政府のオープンソース開発

    GOV.UK向けに開発される新しいコードはデフォルトで公開される。オープンな状態でのコーディングは再利用を可能にし透明性を高める。英国政府は、人々が使いたくなるような良いデジタルサービスを提供したいと考えている。それはすなわち、政府と市民の間の交流をより良いものとしていくサービスである。

  • JetBrains Rider: IntelliJとReSharperをベースとした新しい.NET IDE

    JetBrains Riderは、今年の1月に提供されたが、今年の大部分をプライベートの早期アクセスプレビュー(Early Access Preview)に費やしてしまった。現在、EAPはIntelliJプラットフォーム上での .NET開発に向けたものがなにであるかを見たい人が誰でも利用可能になっている。一版リリースされるまでに修正されるべき問題がいくつか残っているが、ツールは非常に安定している。

  • ThoughtWorks Radarアップデート

    いつものように、ThoughtWorks Technology Radarは、Language & Frameworks、Platforms、Techniques、Toolsという4つの領域をカバーする。それぞれの領域は、Adopt、Trial、Assess、Holdという4つの推奨レベルに分かれている。この記事では、各領域で新しく注目すべきものだけを取り上げる。

  • Microsoft、インタラクティブなデータ探索とモデリングのためのデータサイエンスツールをリリース

    Microsoftが、インタラクティブなデータ探索、モデリング、レポーティングのための2つの新しいデータサイエンスツールをリリースした。これらのツールは、プロジェクトにおける特定のタスクをデータサイエンスチームが再利用できるようにする。目標は、組織のさまざまなプロジェクトを横断して、データサイエンスタスクにおける一貫性と完全性を確保することだ。

  • Blisk、開発者向けの新しいブラウザ

    BliskはChromiumベースのブラウザで、ChromeのパフォーマンスとFirefox Developer Editionにあるような開発者サポートを兼ね備えている。

  • MicrosoftがTeamsを発表、タブ、ボット、コネクターで拡張可能

    MicrosoftがTeamsを発表した。これはチャットベースの、Office 365に統合されたグループコラボレーションワークスペースだ。開発者はタブ、ボット、コネクターを使ってTeamsを拡張することができる。

  • OracleがNetBeansをApache Foundationに提供

    NetBeans Communityのブログに,OracleがApache Foundationに対して,NetBeansプラットフォームと IDE開発の委託を提案していることが発表された。プロジェクトのコミットメントである“管理モデルの開放”を再確認することが目的だという。

  • Android Studio 2.2: 新しいLayout、Firebase、OpenJDK、Java 8

    Android Studio 2.2がリリースされた。設計、開発、ビルド、テストと、開発フェーズ全体にわたって改善されている。新しいConstraint Layout、Layout Editor、Firebaseプラグイン、コードサンプルブラウザ、Java 8サポート、OpenJDK、GPUデバッガーなどが含まれる。

  • DevOpsの次フェーズ

    DevOpsの次フェーズは、エンジニアリングチームと非エンジニアリングチームとの間のコラボレーションを伴うだろう。

  • Android Studio 2.0の新機能: Instant RunとCloud Test Lab

    Android Studio 2.0がリリースされた。Instant Run、実機上でテストするGoogleサービスとのインテグレーション、エミュレータの高速化、ビルドの高速化、GPUプロファイラとデバッガ、ディープリンクのサポートなど、複数の新機能と改善が含まれている。

  • JetBrainsがDataGrip 1.0をリリース

    JetBrainsはスケジュールから1年遅れで、DBAツールであるDataGrip 1.0をリリースした。以前は0xDBEという名で知られていたこのツールは、SQLデータベースの管理者や開発者向けのツールだ。

  • Android Studio 2.0がホットコードスワッピングをサポート

    Android Studio 2.0がカナリアチャネルに登場した。今回のリリースで注目される改良点は,開発手順がさらに合理化されたことだ。コードのスワッピングやビルドの高速化,エミュレータの速度向上,GPUプロファイラとデバッガ,複数タイプのテストの同時実行などが可能になっている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。