BT

InfoQ ホームページ Atlassian に関するすべてのコンテンツ

  • Atlassian、インシデント管理ソリューションを発表

    9月4日、AtlassianはJira Opsと呼ばれる新プロダクトのローンチと、彼らがOpsGenieを買収することを発表した。Jira Opsを使うことで、組織はインシデントを解決し、そこから学ぶためのポストモーテムを実施できる。OpsGenieはJira Opsに迅速かつ信頼できるアラートを追加する。

  • Portfolio for Jiraのロードマップ作り

    プロダクトバックログがフィーチャーリストではなく課題の優先順位リストになっていると、変化に対応しやすくなる。フィーチャーを届けることを早いうちから約束する必要はなく、新しい技術が利用可能になれば、それを使うことができる。ロードマップを見える化し、定期的に新しい情報を取り込み、それを用いてロードマップを評価することは、アジャイルであり続けるのに役に立つ。

  • アジャイルの世界におけるコンプライアンスとは

    コンプライアンスとは、自分が正しいことをしていること、そして、それを証明できることだ。アジャイルの頻繁なデリバリでは、デリバリプロセス内にコンプライアンスを構築することが必要になる。コンプライアンス義務をDevOpsチームの責務の一部とすることで、その成功の可能性を高めることができる。

  • 分散チームの同調を保つには

    分散チームの最大の課題はコミュニケーションである。コミュニケーションは、コラボレーションの基本ルールを確立する上で不可欠なものだ。お互いの連絡に都合のよい勤務時間へのシフトやチームリエゾンは、コミュニケーションと作業同期を行なう上で有効な手段である。信頼と尊敬とオープン性に立脚したチームは、組織全体の人々を積極的に支援し、チーム間の同調を維持する文化を育む。

  • AtlassianとSlackの戦略的提携

    Atlassianは2018年7月26日に、Slackとの戦略的提携を発表し、今後はリアルタイムコミュニケーション製品を提供しない、と発表した。この提携によって両社の既存のツールの間の統合が進み、新製品を一緒に開発するようになる。

  • 反省会での心理的安全性

    インシデントが発生すると感情が前面で出てくる。学習プロセスの中で非難なしの心理的に安全な反省会は重要だ。反省会は穏やかに行い、なるべく部外者が参加し、非難なしで皆に話す機会を与えるべきだ。本当に何が起きたのかを明確に理解するまでは、インシデントの分析を開始してはならない。

  • Jiraのエコシステムを拡大するAtlassian

    Atlassianは、Jiraのエコシステムの拡大を発表した。BitbucketとJiraのよりしっかりとした統合、OpsGenieの買収、インシデント管理システムのプラットフォームであるJira Opsの発表などだ。

  • BitBucket、Git V2サポートと検索機能を改善

    アトラシアンはBitBucket Server 5.13をローンチした。Git v2をサポートしリポジトリの検索方法を改善した。リポジトリのラベル機能とコミットに対応するプルリクエストをたどる機能を追加している。

  • AtlassianがBamboo 6.0とBitbucket Server 5.0を発表

    AtlassianがBambooとBitbucket Serverの新バージョンを発表した。いずれも企業内のDevOpsサポートを目的としたツールである。Configuration as Code、ビルドコントロールの強化、ビルドプロセスの監視などが新機能だ。

  • AtlassianがTeam Health MonitorとTeam Playbook Blueprintの提供を開始

    Summit 2016でTeam Health Monitorsのツール非依存バージョンを紹介したAtlassianが、先日リリースしたConfluence Server 6.1に、新たにTeam Playbookブループリントをバンドルした。Health Monitorワークショップは、形式張らない(low-ceremony)“プレイ(play)”の実施を通じて、問題点の指摘と弱点に対処する計画を策定することを目的とした、“チーム全体の状態を改善する”ためのチームの自己診断だ。

  • Trello買収に関するJay Simons氏とのインタビュー

    2017年1月9日、チームのコラボレーションと生産性向上のためのソリューションプロバイダーであるAtlassianが、Trello買収に合意したことを発表した。Trelloはボードを利用したビジュアライゼーションツールで、チームや個人がプロジェクトやタスクを管理するのに役に立つ。

  • AtlassianのBitbucket Cloudで継続的デリバリを提供するBitbucket Pipelines

    AtlassianがバルセロナのAtlasCamp 2016でBitbucket Pipelinesのベータ版をリリースした。Bitbucket Cloudで継続的デリバリパイプラインを提供する。それに合わせて,現在のクラウドベースのCI/COソリューションであるBamboo Cloudについては,2017年1月31日をもってサポートを終了すると発表した。ただしBamboo Serverについては,今後も引き続きBitbucket Server(旧Stash)用のオンプレミスCI/CD製品として継続する,と同社では強調している。

  • AtlassianがPortfolio for JIRA 2.0をリリース

    AtlassianのPortfolio for JIRAの新リリースには,リアルタイムのポートフォリオ計画機能が備えられている。チームとプロジェクトに関する情報をJIRAから引き出して,製品ポートフォリオ計画に導入することにより,リリース計画に自動的に従うことが可能になる。

  • Atlassian Bamboo 5.11で大規模な継続的インテグレーションが可能に

    JIRAやConfluenceなど開発ツールを手掛けるAtlassianが,継続的デリバリツールBambooのバージョン5.11をリリースした。チームのスケールアップやコラボレーションに有用な新機能を多数備えている。今回のリリースで注目されるのは,エラスティックビルドエージェントの最大数が100から250に拡張されたことだ。

  • AtlassianがJIRA 7プラットフォームを3つのスタンドアロンJIRAエディションとして発表

    開発とコラボレーションのソフトウェアを開発するAtlassianは、プロジェクトトラッキングアプリケーションのJIRAのバージョン7を、新しい3つのスタンドアロン製品として発表した。JIRA Core、JIRA Software、JIRA Service Deskの3つだ。この3つの製品は共通のプラットホーム上に構築され、非技術者のビジネスチーム、開発チーム、ITやその他のサービスチームが、それぞれのチームのニーズに合うエディションを使えるようにすることで、より良いサービス提供を実現する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。