BT

InfoQ ホームページ Atom に関するすべてのコンテンツ

  • Atomがリアルタイムコラボレーションに対応

    QCon San Francisco 2017においてGitHubのNathan Sobo氏はAtomの新しいリアルタイムコラボレーションプラグイン、Teletypeを発表した。Teletypeは、2人の開発者が同時にコードを書くことができるようになる。

  • GitHubがデスクトップクライアントをElectronで再実装

    GitHubはmacOSとWindowsクライアントのアプリをネイティブの実装からElectronベースに書き換えた、と同社でクライアントアプリケーションのディレクターをしているPhil Haack氏が発表した。GitHub Desktop Betaに加えて、GitHubはGitとGitHubとの統合が最初からサポートされている新しいAtomのベータ版も発表した。

  • Atom 1.13ではベンチマーク、プロジェクト履歴、キーストロークリゾルバAPIを提供

    Atomは、GitHubのElectronベースのオープンソースのテキストエディタであり、バージョン1.13ではユーザと開発者にとって新しい機能追加と改善がされている。例えば、ベンチマークツール、Reopen ProjectメニューオプションとAPI、ChromeのキーボードイベントをAtomスタイルのキーストロークにマッピングするカスタムキーストロークリゾルバが追加されている。

  • Atom 1.9ベータがパフォーマンス向上とドラッグアンドドロップによるタブレイアウトを実現

    GitHubのAtomテキスト��ディタのバージョン1.9ベータ0がバージョン1.8と同時に発表された。再設計されたバッファディスプレイレイヤ,ドラッグ・アンド・ドロップによるタブのレイアウト,Electronのアップグレードなどが注目点だ。

  • MRUタブ切り替えを採用したAtomテキストエディタ1.7がリリース

    テキストエディタのAtomがバージョン1.7をリリースした。MRUタブ切り替えなどの注目すべき変更の他,Windowsユーザ向けの多数の改良が含まれている。ブログ記事”Atom 1.7 and 1.8 beta”でソフトウェアエンジニアのMichelle Tilley氏は,v1.7ではctrl-tabによって“現在のタブの右側ではなく,Atomウィンドウ内で最も最近使用した(MRU)タブ間の切り替え”ができることを説明している。

  • MuleSoft、RAML 1.0とAPI Workbenchを発表

    RAMLコミュニティがRAML 1.0とAPI Workbench、そしてJavaScriptとJavaのRAMLパーサのリリースを発表した。

  • Ionide - F#で記述されたAtomベースのF#用IDE

    IonideはAtom Editorをベースに,フル装備とクロスプラットフォームを実現した,現代的なF#開発用オープンソースIDEのパッケージスイートだ。InfoQは作者であるKrzysztof Cieślak氏に話を聞いた。

  • OData サービスとクライアントで使用可能な認証機構

    WCF データサービスチーム (Data Service Team) は最近,クライアント/ODataサービス認証で使用可能な認証機構に関するシリーズを続けている。

  • マイクロソフトは、OData SDKと“Dallas”CTP 2をリリースした。

    マイクロソフトは、.NET、Java,PHP、Objective-C(iPhoneとMac) 、JavaScriptに対応したOData SDKをリリースした。これは開発者が、ODataベースの情報を処理する手助けをする。そしてコードネーム“Dallas” CTP 2は、そのデータを売買するマーケットプレースである。

  • GETだけのREST統合パターンにより同期化と統合の境界が曖昧になる

    Duncan Cragg氏が完全なGETベースのREST統合の考え/パターンを説明する。このパターンは、MicrosoftのFeedSynの仕様の考え方と非常に似ていることが分かっている。

  • Web、ブラウザおよびAtomPub

    Joe Gregorio氏による、ブラウザがAtompubプロトコルの導入を弱体化させている理由という投稿記事に対して、Sean McGrath氏はWebアプリケーションの構成要素に対する概念の変化について、興味深い見解を示した。

  • Atom Publishing Protocolは出来損ないか?

    「Atom Publishing Protocolは出来損ないだ」Joe Gregorio氏は「その日のブログ誇張ノルマ」を達成するためにこのように述べている。この記事の大半はAtomPub採用の展望が予想よりかなり低いことについて書かれている。氏は「日々開発が続けられている新しいプロトコルは数多くあります。それらはAtomPubを使うこともできたはずです。しかしそうはなっていません。」と書いている。

  • Microsoft Sync Frameworkの紹介(再掲)

    8月に、我々はMicrosoft Sync Frameworkのリリースについて報告した。妙な話だが、Microsoftは最近これを再びリリースした。この奇妙な出来事に敬意を表して、我々はこの混乱したフレームワークについて持っている情報を引き続き紹介することにする。

  • Atomの真価?

    最近のInfoQ記事で、Bill Burke氏はAtomの価値、具体的にはSOAPの「魅力的な代替」であるかについて尋ねている。Bill de hOraはその質問に答えようとしている。

  • .NET世界でのAtomPub

    .NET 3.5 SP1の出現およ���MicrosoftがLive Platformで提供されるサービス向けにAtom Publishing Protocol(AtomPub)をサポートする決定をしたことで、.NETの世界でAtomPubは勢いをつけている。また、WCFおよび.NET向けのAtomPubサーバであるBlogSvc.netは、プロバイダーモデルに基づいたAtomPubプロトコルの実装を特色にしている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。