BT

InfoQ ホームページ 予算 に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • プロジェクトからプロダクトへの移行に伴う課題

    Nationwide Insuranceの元DevOpsテクノロジディレクタであるCarmen DeArdo氏と、Tasktop製品管理担当副社長のNicole Bryan氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで、プロジェクトベースからプロダクトベースの組織に移行することの重要性について講演した。

  • ディジタルリーダシップをアジャイルで支援する

    ディジタル化はもはや止められない - ディジタル化とモバイル化のますます進む顧客にとって、重要なのはディジタルリーダシップの提供だ。ITは従来型のサービスに取って代わる、新たなディジタル接続サービスの方向を示している。ある組織では、チームの資金調達方法を変え、優れたプロダクトを市場に投入する責任を負うオーナとしてのチームを実現するため、アジャイルを採用した。

  • 見積もりなしの意思決定戦略

    Debbie Madden氏とVasco Duarte氏が見積もらないことに関する意見を述べている。

  • 実践のための透明性と自己統制型管理の展開

    Lean Kanban France 2014カンファレンスでBjarte Bogsnes氏は,"脱予算(Beyond Budgeting)"をテーマとした基調講演を行った。プレゼンテーションの中で氏は,従来の管理方法の問題点,透明性と自己統制型管理による問題解決,予算編成より優先すべき原則とプラクティスについて語った。

  • プロジェクトはすべてやめるべきか?

    XP Days Beneluxカンファレンスで行った"Kill all projects"と題するセッションの中で,Paul Kuijten氏は,すべてのプロジェクトを廃止することを提案した。InfoQでは氏にインタビューして,アジャイルにとって価値のあるプロジェクト管理や製品開発の資金について話を聞いた。

  • ウォーターフォールからアジャイルへの移行によるムダの削減

    組織がアジャイルを採用するのは,変化への対処を可能にするためだ。アジャイルは開発チームにとって,顧客ニーズを満足する製品を提供する上で有効な手段であると同時に,必要のない(使用されない)機能を含まない製品を提供する手段でもある。リーンソフトウェア開発は言う:ユーザに価値を提供しないものは,すべてムダとみなされると。ならばウォーターフォールからアジャイルへのソフトウェア開発の移行は,開発組織のムダ削減に役に立つのだろうか?

  • 公共部門におけるアジャイル導入: FBIとロッテルダム港の事例

    公共部門にはアジャイルソフトウェア開発手法を導入するニーズがある。FBIとオランダのロッテルダム港の事例は、アジャイルがどのように使われているかを示している。

  • TargetProcessがフリーの5ユーザ用コミュニティエディションを提供

    TargetProcessは、アジャイルプロジェクト管理ソフトウェアの、フリーの5ユーザ用コミュニティエディションをリリースした。コミュニティエディションには製品の完全版と同じ機能が含まれており、2つの制限がついている。最大で5ユーザまでであることと、サポートがないことである。フリー版に有効期限はない。

  • ビジネスバリューを理解する

    最近、Joe Little氏は、もっともよく利用されるが同時に広く誤解されてもいる、アジャイルのコアとなる概念「ビジネスバリュー」に関する自分の考えを投稿した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。