BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Business Value に関するすべてのコンテンツ

  • アジャイルな振る舞いを可能にするための契約

    InfoQはMartin Kearns氏にインタビューし、アジャイル契約がウォーターフォールプロジェクトの契約とどう違うのか、契約がスコープの変更や、開発中の大きな障害や遅延をどう扱えるのか、契約がアジャイルな振る舞いを可能にし、アジャイルマインドセットに基づき、全員を巻き込んで仕事をするのにどう役立つか、そして組織がアジャイルに契約を使いたい場合に、弁護士が持てる役割について聞いた。

  • ビジネスマッピングを使用したアジャイル組織の構築

    Dan North氏が,ブリュッセルで開催されたScaling Agile for the Enterprise 2016会議で,ビジネスマッピングについて講演を行なった。InfoQでは,組織のIT部門がアジャイルを導入する際の,ビジネス的な見地から見た問題点について氏にインタビューするとともに,ビジネスマッピングとは何か,組織のアジリティ向上にどのように役立つのかを聞いた。

  • 高品質のソフトウェアを開発するには

    Tarcio Saraiva氏とAdam Crough氏が,オーストラリアのメルボルンで開催された第1回のカンファレンスで,品質の高いソフトウェアの開発について講演した。InfoQは両氏に,ソフトウェアの品質についての見解とビジネス上のメリット,品質を管理する方法,テストの持つ役割や継続的インテグレーションが品質に持つ意味,さらには高品質のソフトウェア製品についてのアドバイスなどを聞いた。

  • 21世紀型のリーダーシップ: アジャイルでの挑戦

    この記事は21世紀型のリーダーシップについての連載の最初の記事だ。今回はINGのHendrik Pothof氏とAxis into ManagementのMichael Bres氏のアジャイルの環境でのリーダーシップチャレンジについての話を取り上げる。

  • DevOpsのためのIT,文化,プラクティス

    Nicole Forsgren氏とのインタビューから,企業がDevOpsメソッドの採用に動き始めた理由,迅速なデプロイがITの安定性向上に与える影響,リーン管理によるパフォーマンス向上などを聞くとともに,パフォーマンス向上の手段としてのDevOps導入を望む企業へのアドバイスを得ることができた。

  • “テストオートメーション”ではなく”オートメーション利用テスト”を

    Agile Testing Days 2015でRichard Bradshaw氏は,“テストオートメーション(test automation)”という用語の使用が,開発チームにとって,オートメーションのメリットを活用する上での制約となっている状況について説明した。InfoQはBradshaw氏にインタビューして,テストとチェックの違い,それらが共に重要である理由,オートメーションはテストをどのようにサポートするのか,オートメーションフレームワークの活用,テストの問題に常に注目すべき理由,などについて話を聞いた。

  • アジャイルチームにおける価値の提供とは

    今回のインタビューではRalph Jocham氏が,アジャイルチームが価値を提供する方法,スクラムマスタとプロダクトオーナにとって最も重要なスキル,提供するソフトウェアの品質を把握することの重要性,より多くの価値を提供するためにチームにできること,などについて語っている。

  • アジャイルチームを評価する

    Agile Tour London 2015でDoug Talbot氏が,“Do you know how fast you’re going?”と題した講演を行った。InfoQは氏にインタビューして,見積と計画の難しさ,アジャイルチームが採用している計測手法,生産性を測ることの意味,#NoEstimates運動に対する氏の見解などを聞くとともに,チームが有意義な計測を行う上で役立つアイデアを求めることにした。

  • Vodafone Turkeyにおける大規模アジャイル導入事例

    Agile Greece Summit 2015で,Erhan Köseoğlu氏が,Vodefone Turkeyでのアジャイルスケーリングに関するケーススタディのプレゼンテーションを行った。InfoQは氏にインタビューして,Vodafoneがアジャイル導入を決定した理由,抵抗のある状況への対処方法,アジャイル転向とユーザとの関係,Cレベル幹部へのアドバイスなどを聞いた。

  • 第10回アジャイル実態調査

    第10回のアジャイル実態調査が,2015年10月2日まで実施される。 世界的なアジャイルの採用について探るための調査だ。

  • インタラクティブなプロトタイプを用いた要求事項の定義と管理

    近年の開発における要件定義と要件管理,アジャイルチームでの要件の扱いと開発業務で直面する問題点,顧客要求の伝達という面でのインタラクティブな図やプロトタイプの利用,インタラクティブなプロトタイピングのリーンスタートアップへの応用,要件定義および要件管理の将来に関するインタビュー。

  • スイス郵政におけるスケールド・スクラム

    スイス郵政はレガシーシステムのリプレイスのため、7つのチームでスケールド・スクラムを利用した。InfoQはRalph Jocham氏にインタビューを行い、完了の定義を使ってどのようにスクラムをスケールしてレガシーな問題に対応したか、どうやって計画より3ヶ月前倒しでシステムを納品できるようにしたか、そしてプロジェクトで主に学んだことを伺った。

  • 組織における多様性のビジネス事例

    多様性と企業業績には正の相関関係がある。多様性に対して寛大な作業環境の作業者は,業務に対してより強い熱意を持つことができる。これは定着率やパフォーマンスの面で非常に重要だ,とRegina Chien氏は言う。思想や人生経験の多様性は,技術者が最高の製品を作り上げる上で必要なものなのだ。

  • コアワークシステムによる転換行動の促進

    Mike Orzen氏はLean IT Summit 2015で,コアワークシステムを利用した転換行動(transformational behavior)の促進について講演を行う。この記事では,リーンITに組織が期待するメリット,継続的改善を構築する上で新たな行動の適用と強化が不可欠な理由,IT組織にとってのコアワークシステムとワークプロセス,リーンIT移行を目指す上での誤りとそれを防ぐ方法についてのインタビューを紹介する。

  • Jørn Larsen氏に聞く; チームワークとユーザ協力

    Tirforkの共同設立者でCEOのJørn Larsen氏がGOTO Amsterdam 2015カンファレンスで,“Waste Is a Crime: Don’t Waste Your Team”と題したプレゼンテーションを行った。InfoQはLarsen氏にインタビューして,ソフトウェア製品開発のための“Perfect World(パーフェクトワールド)”とは,多数のユーザの意向を調整するには,ソフトウェアチームにとってなぜ“Waste is a Crime(無駄は罪)”なのか,フローが重要なのはなぜか,フローを確立するために何ができるのか,などを聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。