BT

InfoQ ホームページ C# に関するすべてのコンテンツ

  • C#機能: ラムダ属性

    属性は.NETのメタデータ処理機能の重要な部分である。属性は、コンパイラ、スタティックアナライザ、ランタイムライブラリによってさまざまな目的で使用される。通常の関数/メソッドは属性を持つことができるが、この提案以前はラムダと無名関数は持つことができなかった。

  • Visual Studio Preview 1の第1印象

    MicrosoftがConnect 2018で、Visual Studio 2019 Preview 1のリリースを発表した。このプレビューでは、IDEの起動からコードリファクタリング機能、大規模なソースツリーのナビゲーションを改善する検索機能の改善まで、多くの変更点が強調されている。

  • Xamarin.EssentialsはiOS、Android、UWPのネイティブ機能に対するクロスプラットフォームアクセスを簡素化する

    Xamarin.Essentialsは、ネイティブのモバイル機能をクロスプラットフォームAPIセットに抽象化することで、簡単に使えるようにすることを狙っている。数ヶ月のプレビューを経て、コミュニティからコントリビュートされた機能強化とともに公式リリースされた。

  • C# 8の小さな機能

    デフォルトインターフェイスメソッドとnull許容参照のような大きなチケットアイテムに注意されがちだが、C# 8では小さな機能も検討されている。このサンプルはC#の将来バージョンになる可能性もある。

  • Studio 3T:MongoDBのためのSQLによる探索

    Studio 3Tは、MongoDB用のSQLベースのユーザーインターフェイスを提供する。これには、インプレースデータ編集、クエリのパフォーマンス情報、そして、JavaScript(node.JS)、Java、Python、C#向けのSQLからコードへのコンバータが含まれる。

  • C# 7.3の新機能

    比較的小さなリリースだが、C# 7.3では、overload解決や、enumやdelegateが動作するジェネリック制限などのC# 1と2から長い間残った苦情に対応している。

  • Build 2018: 将来のC#

    C#の将来機能のリストの中で第一位は、Null許容参照型である。しかしテーブルには、パターンマッチング、配列スライシング、非同期イテレーター、デフォルトインターフェイスメソッド、場合によってはレコードの拡張もある。

  • GPUをターゲットとしたC#の利用

    新しいHybridizerテクノロジーによって、C#開発者はCUDAプラットフォームをターゲットにして、パフォーマンスを向上させるためにGPUを活用できるようになった。Hybridizerのおかげで、開発者は高性能なGPUコードを書くためにCやC++を使用する必要はない。

  • RealmはRealm .NETで.NETスタックをサポートする

    昨年の夏、C#を使ってモバイルアプリケーションを構築するために.NET Coreのサポートを紹介したあと、Realmはより統合された.NETスタックに統合された新しいコンポーネントのセットであるRealm .NETを発表した。

  • MicrosoftはC# 8でNull許容参照型をプレビューする

    Microsoftは、新しい機能を試して、フィードバックを提供したい開発者向けのプレビューとしてNull許容参照型(Nullable Reference Types)を提供している。

  • C# 7.1 と C# 7.2 をキャッチアップする

    8月に遡って Visual Studio 15.3 とともに C# 7.1 がひっそりとリリースられたが、まだ準備が整っていない。このレポートでは微妙なコンパイラーバグと、間もなくリリースされる C# 7.2 で準備されていることを見ていく。

  • C# 7.1 の早期情報: Part 2

    昨日、我々は非同期 Main とデフォルト式を取り上げた。C# 7.1 の案内は、タプル名の推測、およびジェネリクスを用いたパターンマッチング、というタイトルの提案によって続く。

  • C# 7.2 と 8.0 のロードマップ

    Null許容参照型と制限付き多重継承を含む、C# 7.2 と 8.0 のための機能がすでに準備されている。

  • Enterprise Conference 2017に見る新たなテクノロジ - 第2日目まとめ

    第12回Emerging Technologies for the Enterprise Conferenceカンファレンスの第2日がフィラデルフィアで開催された。この2日間のイベントは、Blair MacIntyre氏(拡張現実の第一人者)とScott Hanselman氏(ポッドキャスタ、Microsoftプリンシパル・プログラムマネージャ)の基調講演に始まり、Kyle Daigle(GitHubエンジニアリングマネージャ)、Holden Karau(IBMプリンシパル・ソフトウェアエンジニア)、Karen Kinnear(Oracle JVMテクニカルリーダ)各氏による講演が行われた。

  • C#の将来機能 - オーバーライドの制約緩和

    .NETで一般的に求められている機能のひとつに、共変戻り値型を使用可能にすることがある。例えば“virtual object Clone()”を“override Widget Clode()”でオーバーライドするような場合だ。型安全性の観点から言えば、これは完全に受け入れらるものだが、現在のC#では許可されていない。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。