BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ キャリア に関するすべてのコンテンツ

  • 自己不信やインポスタ症候群から脱却し、テクノロジにおける多様性のメリットを見出すまで

    Charu Bansal氏は、自身が非技術的なバックグラウンドを持っていることから、そのキャリアにおいて、自分がセキュリティに関する価値を提供できないのではないかと不安を持つ、インポスタ(詐欺師)症候群に度々陥っている。The Diana Initiative 2021で行った講演の中で氏は、非技術系のキャリアから情報セキュリティの分野に転向したことによる多様な観点を持つことが、困難なセキュリティ問題を解決する上でいかに役に立ったか、という話をした。

  • マインドフルネスによって技術者のプロフェッショナルキャリアを拡大する

    ソフトウエア開発の生産性を高めるには、集中力に注意し、継続することが必要だ。特にロックダウン期間において、技術者たちはストレスや集中力の欠如、その他の精神的な問題に直面しており、それに伴う注意力やモチベーション低下に苛まれている。技術者がプロフェッショナルとしてのキャリアを広げていくための方法のひとつが、テストとマインドフルネスを組み合わせることだ。

  • 仕事以外の場でテストスキルを磨く

    テスト方法をゲームにする(gamify)、テストプラクティスのコミュニティにオンライン参加する、仮想旅行する — これらはいずれも、テスト技術を向上させるために仕事以外の時間で行うことのできるアクティビティの例だ。世界中のテスタたちとともに継続的な学習を実践して、学んだことを職場に持ち込み、チームのメンバたちと共有して、テスト手法を改善することが可能になる。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリストの役割

    アジャイルな組織においても、ビジネスアナリストにはその役割がある — プロダクトオーナになることも、チームに参加することも、あるいはプロダクトの枠を越えてプロダクトオーナやチームとコラボレーションすることも可能なのだ。フレームワークが代わろうとも、BAの役割には非常に大きな価値があるのだから、自分のスキルに自信を持つことが重要だ。

  • リーダへのキャリアチェンジ

    チームリーダになるための移行期間をメンタと共に持てたことで、Dan Persa氏は、シニアソフトウェアエンジニアからエンジニアリーダへと、スムーズに移行することができた。Codemotion Amsterdam 2019で氏は、他の開発者にもリーダへのキャリアパス選択を動機付けるべく、自身の経験や学んだことを公開した。

  • モバイルテスト自動化の失敗を避けるには

    モバイル開発におけるテストの自動化はスクラムチームが行うべきだ,独立したテスト自動化チームを置くべきではない,とNadya Denisenko氏は言う。モバイルテストのテストピラミッドに従って、開始時からテスタが関与するべきだとアドバイスする氏は,テスタは品質指向の開発者として、他の開発者が高品質のソフトウェアを提供するのを指導し支援することのできる存在であり,手動テストは将来的になくなっていくだろう,とも述べている。

  • ”2019 State of Testing”調査

    "2019 State of Testing"調査は,テスト専門職の発展に関する洞察の提供を目的とする調査である。調査に回答すると,State of Testing 2019レポートの無償コピーを公開時に受け取ることができる。

  • スキル開発とキャリアのためのフィードバックの重要性

    自己啓発と専門能力開発には、フィードバックと継続的学習が不可欠だ。創造的問題解決、批判的思考、起業家精神といった非技術的スキルは、キャリアを前進させるのに重要だ。あなたは自らのキャリアの舵を握り、次のステップを決めるために最終的にどうなりたいか知る必要がある。

  • The Linux Foundationの新たなレポートでDevOpsスキルの需要の高さが明らかに

    The Linux FoundationとハイテクキャリアハブのDiceによる2017年のOpen Source Jobs Reportでは、2,000以上のITオープンソース専門家とIT採用マネージャのうち、DevOps人材に対する需要が60パーセントを占めている。DevOpsのスキルは、クラウド/仮想化(60パーセント)とアプリケーションプラットフォーム(59パーセント)とともに、求められるオープンソーススキル(57パーセント)のトップ3を構成する。

  • "2018 State of Testing"調査

    2018 State of Testingサーベイは、テスト専門職の技能向上とテストトレンドに対する意識に関する情報提供を目的とした調査で、2018年1月に実施された。

  • "2017 State of Testing"調査

    “2017 State of Testing”調査は,テスト専門職の進展に関する洞察の提供を目的とする調査である。この調査は2017年1月を通して実施された。

  • ロイズ銀行でのビジネスマッピングによるアジャイルの促進

    Tony Grout氏とChris Matts氏がビジネスマッピングとスキルの流動性についてQCon London 2016で語り、彼らのロイズ銀行での実践例を示した。講演では、ふたりはロイズ銀行でこの手法をどのように導入したかについて語った。彼らが説明したのはビジネスの戦略と人の能力と願いを組み合わせ、ビジネスサイドと技術者の協力を改善する方法だ。InfoQは彼らにインタビューした。

  • 従業員のモチベーションと成果を第一に考える

    個々人のモチベーションのフォーカスするのはパフォーマンスに良い影響を与える。また、キャリアを自分自身の手で握らせるようにもでき、優秀な人材が組織に集まるようになる。InfoQはPeter van Oevelen氏にインタビューをして、動機付けについて、チームのムードに影響を与えることについて、急進的なマネジメントを実践することについて、動機付けの経済、独自のアイディアと選好と動機を持った個人による効率的なチームについて、話を聞いた。

  • 学習する組織における自己啓発のサポート

    組織は従業員を通して学習する。アジャイルなやり方を仕事に導入するには、組織は従業員の自己啓発をサポートする必要がある。

  • 個人の生産性

    Tony Wong氏(プロジェクトマネジメントのブラックベルト)は個人の生産性にとって実践的なポイントをいくつか挙げている。この記事では、これらをいかにソフトウェア開発に適用するかを考え、彼のリストと他のリストを比べる。

BT