BT

InfoQ ホームページ クラウドコンピューティング に関するすべてのコンテンツ

  • Deep Java Library(DJL)の紹介

    Amazonは、ディープラーニングモデルをJavaで開発するためのオープンソースライブラリDJLを発表しました。この記事では同ツールキットの導入方法を紹介します。このライブラリは、PythonやRといった新たなテクノロジを導入することなく、Javaによるエンドツーエンドのディープラーニング開発を可能にすることで、ソフトウェア依存性の数を削減することを目的としています。

  • サーバーレス時代のKubernetesワークロード:アーキテクチャ、プラットフォーム、トレンド

    マイクロサービスアーキテクチャがクラウドネイティブアーキテクチャにどのように進化したかを調べましょう。Kubernetesや、サービスメッシュ、サーバーレスフレームワークで提供される抽象化と組み合わせによって多くのインフラストラクチャの問題が生まれました。さらに、サーバーレスエコシステムは、標準およびオープンパッケージ、ランタイム、イベントフォーマットを探求することで進化しています。

  • パイプライン駆動型組織 - 真の継続的デリバリの実現

    多くの組織は、継続的インテグレーションまたは継続的デリバリを実装しようとしますが、そのプロセスで行き詰まります。パイプラインの間に存在する人間のボトルネックが多すぎるためです。より良い意思決定を行うようにパイプラインを指導し、人間の判断をパイプラインにオフロードすることで、パイプラインに本番までの意思決定を行わせ、真の継続的デリバリメカニズムを作成することができます。

  • API Gatewayとサービスメッシュがアプリケーション最新化へのドアを開く

    アプリケーションの動作する下位インフラストラクチャからアプリケーションを切り離す”最新化”には、イノベーションの実現、コスト削減、セキュリティ向上などのメリットがあります。API Gatewayはアプリケーションの外部ユーザからの分離を、サービスメッシュは内部ユーザ相互の切り離しを、それぞれ可能にします。

  • DevOpsのためのAWS CodePipelineを使用したDockerコンテナのデプロイ

    このチュートリアルでは、AWS CodePipelineとAmazon Elastic Container Service(ECS)を使用して、ダウンタイムなしでDockerコンテナーを継続的に統合およびデプロイする方法を学びます。

  • マルチクラスタにすべきか、そうではないか - サービスメッシュを使ったクラスタ間通信

    Kuberenetesクラスタ内部の通信はすでに解決された問題ですが、クラスタ間の通信には設計上の配慮と運用上のオーバーヘッドが伴います。マルチクラスタのサポートを実装すべきかどうか判断する前に、自身の通信のユースケースを理解する必要があります。

  • Linkerd v2 - 実運用から学んだ教訓を活かして再構築されたサービスメッシュ

    Linkerd 2.0は、広く普及したサービスメッシュを、Go言語とRust言語に分割して大幅に書き直したものです。今回の記事では、”運用投入という大釜”の中で学んだ教訓と、その教訓がLinkerd 2.xの哲学、設計、実装の基礎になった方法について議論します。

  • アーキテクチャと設計 InfoQトレンドレポート - 2019年1月

    InfoQ編集チームが、基本的なアーキテクチャパターン、フレームワークの使い方や設計スキルに注目し、2019年に進化している「アーキテクチャと設計」(A&D)トピックをどのように見ているかを概説する。

  • DevOps and Cloud InfoQ Trends Report - February 2019

    InfoQの編集チームが”クラウド”や”DevOps”といったトピックの2019年の発展をどのように見ているのかを,デファクトスタンダードや新興テクノロジであるプラットフォームやプラクティスに注目しながら要約します

  • サーバーレスによる大変革

    この記事では、サーバーレスが他のアプリケーションアーキテクチャとどう異なるのかを定義して説明する。次に、サーバーレスアプリケーションのアーキテクチャは(適切に用いれば)非サーバーレスアーキテクチャよりも優れていることを示す。最後に、アーキテクトや開発者がサーバーレスのメリットを実現するのに役立つ経験則で締めくくる。

  • 何がKubernetes Podを動かすのか - コンテナランタイムの過去、現在、未来

    コンテナランタイムの選択範囲は時とともに拡大し、一般的なDockerエンジン以外の選択肢を持つに至っています。OCI(Open Container Initiative)がコンテナの概念とコンテナイメージの標準化に成功したことにより、ランタイム間の相互運用性が保証されるに至りました。この記事では、コンテナエンジン実装の過去、現在、そして未来を論じます。

  • Kubernetes時代のマイクロサービス

    マイクロサービスアーキテクチャは現在もなお、分散システムにおける最もポピュラーな設計方法です。しかしながら、Kubernetesとクラウドネイティブのムーブメントは、アプリケーション設計と大規模開発をある面で再定義しようとしています。現代の開発者はビジネス機能を実装するためにプログラム言語に精通するだけでなく、クラウドネイティブテクノロジにも同じように習熟しなくてはなりません。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。