BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ クラウドコンピューティング に関するすべてのコンテンツ

  • QuarkusによるKubernetes Native Java

    Quarkusは、ネイティブとJVMベースの両方のJavaアプリケーションにおける起動時間とメモリ使用率に関して、業界のリーダーです。これにより、クラウドのコストが削減されます。Kubernetesは、Quarkusにとって第一級のデプロイプラットフォームであり、そのプリミティブと機能をサポートします。開発者は、Jakarta EE、MicroProfile、SpringなどのAPIに関するJavaの知識を使うことができます。アプリケーションは、命令型あるいはリアクティブ、あるいはその両方にとることができます。

  • Dockerのセキュリティは十分ですか?セキュアなコンテナイメージとランタイムを構成するためのアドバイス

    自身のユースケースに合わせてセキュリティアプローチを詳細に調整することで、Dockerの十分な安全性を確保することが可能になります。DockerイメージとDockerランタイムの違いに加えて、それぞれのセキュリティの意味や優先順位について理解しておくことが重要です。今回の記事では、Dockerで適切なセキュリティを実現するためのさまざまなテクニックを紹介します。

  • Java InfoQ トレンドレポート — 2021年12月

    この記事では、InfoQ Java 編集チームとさまざまな Java チャンピオンにより、2021年の Java および JVM 分野のテクノロジーの採用と新たな��レンドを現在どのように見ているかについてまとめます。

  • サーバレスシステムのデザインパターン

    さまざまな抽象化レベルのデザインパターンを簡単に紹介した後、この記事では、パイプとフィルタのパターンなど、サーバレスシステムに特に適したいくつかのパターンを紹介し、AWS EventBridgeを使用したPOCの実装を示します。

  • AIはDevOpsに取って代わるのか?

    AIツールは開発者の役割をゆっくりと - DevOpsがかって行ったように - 置き換えています。そして最終的には、DevOpsに完全に取って代わるでしょう。この予測の正しさを評価するのは難しいのですが、この記事では、AIが開発プロセスにもたらすものは何かを確認した上で、それが人間である開発者の作業を本当に引き継ぐことができるのか、数十年後のDevOpsがどのようなものになっているのかを見ていきます。

  • DevOpsとCloudのInfoQトレンドレポート - 2021年7月

    この記事では、2021年の「クラウドコンピューティングとDevOps」領域の概要を説明します。この領域では、基本的なインフラストラクチャと運用パターン、テクノロジーフレームワークでのパターンの実現、ソフトウェアアーキテクトまたはエンジニアが育成する必要のある設計プロセスとスキルに焦点を当てています。

  • Microsoftのローコード戦略、ターゲットはUIPathなどのRPA企業

    Microsoftはローコードに多額の投資をして、さまざまなプロダクションをまとめ上げました。他社を引き離すこれらのコレクションに加えて、先日さらにPowerFXが発表されています。その視野にあるのは、UIPath、Automation Anywhere、Blue Prismといった、大企業相手に大きな取引を行うRPA(Robotic Process Automation)企業です。

  • 2021年のDevopsとDevsecopsの普及を左右する9つのトレンド

    DevOpsとDevSecOpsの価値を理解することは重要ですが、しかしこれらは、あらゆる規模に適合するような、堅牢かつ不変のパラダイムという訳ではありません。この記事では、DevOpsとDevSecOpsにおける現在進行中の発展について見ていきます - その採用を推進し、影響を与える9つの重要なトレンドを探し出し、そのそれぞれについて、開発や管理に関わる数多くのアプローチとともに説明します。

  • クラウドできめ細かいアクセスマネジメントのためのリファレンスアーキテクチャ

    この記事では、SSHホスト、データベース、データウェアハウスから、メッセージパイプライン、クラウドストレージエンドポイントまで、クラウドリソースの簡素化されたアクセスマネジメントソリューションを探しているクラウドネイティブ企業向けの新しいリファレンスアーキテクチャを定義します。

  • エンタープライズのためにAWS Lambdaの価格を変更しなければならない理由

    AWS Lambdaユーザは、コードが実行されたときにのみ支払いを行います。これにより、長時間実行されるワークロードに比べて大幅なコスト削減が可能になります。AWS Lambdaをバッチ処理に使用すると、利点はすぐに消え始めます。企業はFaaSのスケーラビリティから大幅に利益を得ることができますが、EC2、Lambda、およびAWSが管理するコンテナサービスであるFargateの価格比較は、醜い真実を明らかにしています。

  • シリーズ記事: Javaによるマイクロサービスの構築

    このシリーズの記事では、Java言語を使用してマイクロサービスベースアーキテクチャを構築する最先端の技術について説明します。Spring BootやDropwizardなどの人気のある大物と並んで、Quarkus、Micronaut、Helidonなどの新しいフレームワークが勢いを増しています。これらのフレームワークは、2016年にMicroProfileがJavaコミュニティに導入された後に登場しました。

  • Kubernetesでの分散システムの進化

    3月のQConで、RedHatのプロダクトマネージャであるBilgin Ibryam氏が、Kubernetesを使用した分散システムの進化について講演しました。あなたはそれに対する答えを持っているかもしれません、そしてIbryam氏もそれを持っています。記事の終わりに、あなたは彼の答えがどのようになるかを知るでしょう。

BT