BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ クラスタリング&キャッシング に関するすべてのコンテンツ

  • iOSアプリのビルド時間を短縮することを目的としたXCRemoteCacheとは

    SpotifyはXcodeのコンパイル時間を短縮するためにXCRemoteCacheを開発した。最近オープンソース化されたXCRemoteCacheは、クリーンビルド時間を70%短縮できるとSpotifyは言っている。

  • PlanetScaleがMySQLをスケールアップするManaged Cloudを導入

    オープンソースのVitessデータベースクラスタリングシステムを支援するPlanetScaleは先頃、既存のパブリッククラウドアカウントから同社のデータベースと管理機能を実行するオプションのPlanetScale Managed Cloudを発表した。

  • Pinterestが広告配信アーキテクチャをどのようにスケールアップしたか

    Nishant Roy氏は、Pinterest Engineering Blogに、広告コーパスのスケーリング問題を克服するための戦略を書いている。彼らの既存のソリューションはスケーリングの限界に達していた。そのため、さらなる成長が必要であった。再設計により、広告インデックスがKey-Valueストアにオフロードされ、Goアプリケーションのガベージコレクションが最適化されて、広告コーパスのサイズが60倍に増加した。

  • Karmada 0.7: 次世代マルチクラウドとマルチクラスタのKubernetesオーケストレーション

    ハイブリッドクラウド時代の有望なKubernetes管理システムのKarmada (Kubernetes Armada) 0.7は、2021年7月12日に利用可能になった。これにより、マルチクラスタサービスの検出、正確なクラスタステータス管理、クラスタリソースに基づくレプリカのスケジューリング、重みリストによるレプリカを分割するためのより便利なAPIが実現した。

  • AWSがAmazon MemoryDB for Redisの一般提供を発表

    最近、AWSはAmazon MemoryDB for Redisの一般提供を発表した。Redisと互換性があり耐久性のある新しいインメモリデータベースだ。この新しいデータベースサービスは、データの耐久性と高可用性を備えた、マイクロ秒の読み取りと1桁のミリ秒の書き込みパフォーマンスを必要とするアプリケーションを対象としている。

  • AWSがAmazon ECS Anywhereの一般向け提供を発表

    最近、AWSはAmazon ECS Anywhereの一般向け提供を発表した。これは、仮想マシン(VM)、ベアメタルサーバ、その他の顧客が管理するインフラなどのコンテナベースのアプリケーションをオンプレミスで素早く実行し、管理できるようにするAmazon ECSの新機能である。

  • GitHubがRedisを使用してレートリミットをスケールアップ

    GitHubのエンジニアであるRobert Mosolgo氏は昨日、Redisのシャーディングとレプリケーションを使用したレートリミッタを使ってGitHub APIをスケールアップした方法について、詳細に説明した記事を投稿した。GitHubは以前のMemcachedベースのレートリミッタから、Redisベースのものに移行した。Mosolgo氏によると、新しい実装では信頼性の向上、クライアントの問題解決、GitHubのサポート負荷の低減が実現されている。

  • GoogleがMemorystore for Memcachedを一般提供でリリース

    先頃のブログ投稿で、Googleは、オープンソースのMemcachedプロトコルと互換性のあるフルマネージドサービス、Memorystore for Memcachedの一般提供を発表した。Memorystore for MemcachedのGAリリースにより、同社はGoogle Cloudのキャッシュ機能を探している顧客向けに2つの一般利用可能なマネージドキャッシュサービスオプションを利用できるようにする。

  • Microsoftがプレビュー版でAzure Cache for Redisのゾーン冗長性を発表

    最近、Microsoftは、Azure Cache for Redisが複数のアベイラビリティーゾーンでサポートされ、可用性と復元力が拡張されると発表した。このサービスの更新により、顧客はAzure Cache for Redisインスタンスを利用できる機会が大幅に向上させることができる。

  • UXパターン: Stale-While-Revalidate

    Stale-while-revalidate(SWR)キャッシング手法は、Webアプリケーションのユーザにより迅速なフィードバックを提供すると同時に、結果整合性も可能にする。フィードバックを早くすることでスピナの表示が不要になり、より印象のよいユーザエクスペリエンスが得られる可能性がある。

  • AWSがRedis 6と互換性のあるAmazon ElastiCache for Redisを発表

    先頃、AWSはRedis 6と互換性のあるAmazon ElastiCache for Redisを発表した。これにより、マネージドロールベースのアクセス制御、クライアント側のキャッシュ、いくつかの重要な運用上の改善など、いくつかの新機能がもたらされる。

  • Rancher2.4は100万のKubernetesクラスタをサポートする

    Kubernetes管理プラットフォームの作成者であるRancher Labsは、「Run Kubernetes Everywhere」戦略に沿ってRancher 2.4をリリースした。Rancherは、異種、マルチクラスタ、マルチクラウドのKubernetes管理プラットフォームである。新しいリリースは、エッジスケールでKubernetesをサポートするために必要なスケーラビリティ、管理、セキュリティ機能の提供に重点を置いている。

  • AmazonがAWSでのElastic Search Service向けのUltraWarmの一般向け提供を発表

    最近、AmazonはAWSでのElasticsearch Service向けのUltraWarmの一般向け提供を発表した。Ultrawarmは、低コストのウォームストレージ階層であり、Elasticsearch Serviceの拡張機能である。最大3ペタバイトのストレージを提供し、既存のオプションに比べて約90%のコスト削減になる。

  • AmazonがRedis用ElastiCacheの新機能を発表: Global Datastore

    先頃、AmazonはGlobal Datastoreを発表した。これは、フルマネージの、高速で信頼性が高く、セキュアなクロスリージョンレプリケーションを提供するAmazon ElastiCache for Redisの新機能だ。

  • Redis LabsはMicrosoftと提携し、開発者向けに新しいRedisキャッシュを提供

    Microsoftは最近のブログ投稿で、Redis Labsとの新しいパートナーシップを発表した。これは、Redis Enterpriseを、Azure Cache for Redisの完全に統合された新しい層として提供するためのものである。現在非公開のプレビュー版である拡張サービスは、顧客に2つの新しいエンタープライズ階層を提供する。

BT