BT

InfoQ ホームページ クラスタリング&キャッシング に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoftがプレビュー版でAzure Cache for Redisのゾーン冗長性を発表

    最近、Microsoftは、Azure Cache for Redisが複数のアベイラビリティーゾーンでサポートされ、可用性と復元力が拡張されると発表した。このサービスの更新により、顧客はAzure Cache for Redisインスタンスを利用できる機会が大幅に向上させることができる。

  • UXパターン: Stale-While-Revalidate

    Stale-while-revalidate(SWR)キャッシング手法は、Webアプリケーションのユーザにより迅速なフィードバックを提供すると同時に、結果整合性も可能にする。フィードバックを早くすることでスピナの表示が不要になり、より印象のよいユーザエクスペリエンスが得られる可能性がある。

  • AWSがRedis 6と互換性のあるAmazon ElastiCache for Redisを発表

    先頃、AWSはRedis 6と互換性のあるAmazon ElastiCache for Redisを発表した。これにより、マネージドロールベースのアクセス制御、クライアント側のキャッシュ、いくつかの重要な運用上の改善など、いくつかの新機能がもたらされる。

  • Rancher2.4は100万のKubernetesクラスタをサポートする

    Kubernetes管理プラットフォームの作成者であるRancher Labsは、「Run Kubernetes Everywhere」戦略に沿ってRancher 2.4をリリースした。Rancherは、異種、マルチクラスタ、マルチクラウドのKubernetes管理プラットフォームである。新しいリリースは、エッジスケールでKubernetesをサポートするために必要なスケーラビリティ、管理、セキュリティ機能の提供に重点を置いている。

  • AmazonがAWSでのElastic Search Service向けのUltraWarmの一般向け提供を発表

    最近、AmazonはAWSでのElasticsearch Service向けのUltraWarmの一般向け提供を発表した。Ultrawarmは、低コストのウォームストレージ階層であり、Elasticsearch Serviceの拡張機能である。最大3ペタバイトのストレージを提供し、既存のオプションに比べて約90%のコスト削減になる。

  • AmazonがRedis用ElastiCacheの新機能を発表: Global Datastore

    先頃、AmazonはGlobal Datastoreを発表した。これは、フルマネージの、高速で信頼性が高く、セキュアなクロスリージョンレプリケーションを提供するAmazon ElastiCache for Redisの新機能だ。

  • Redis LabsはMicrosoftと提携し、開発者向けに新しいRedisキャッシュを提供

    Microsoftは最近のブログ投稿で、Redis Labsとの新しいパートナーシップを発表した。これは、Redis Enterpriseを、Azure Cache for Redisの完全に統合された新しい層として提供するためのものである。現在非公開のプレビュー版である拡張サービスは、顧客に2つの新しいエンタープライズ階層を提供する。

  • オラクル オープンソース Coherence インメモリデータグリッド

    オラクルは、Coherence インメモリデータグリッド(IMDG)製品の中核を自由なオープンソースのソフトウェアとしてリリースした。

  • New Relic リアルタイムJavaプロファイリングの紹介

    Java 14の正式リリースと同時に、New Relicは、Javaアプリケーションのパフォーマンス・ボトルネックをより効果的に問題解決するためのリアルタイムJavaプロファイリングとJVMクラスタ・タイムライン表示ユーティリティのリリースを発表した。New Relicの主任ソフトウェアエンジニアであり、JVMテクノロジーアーキテクトでもあるBen Evans氏は、これらの新しいツールについてInfoQに語った。

  • Cloudflare。エッジ用のサーバレス・キーバリューストアWorkers KVをリリース

    アプリケーションとクライアントのブラウザの間にあるのは何か?その答が"インターネット"である時、Cloudflareは、彼らのWorkersプラットフォームが役に立つことを願っている。同社は先日、180以上のエッジロケーションで利用可能な、分散形式で結果整合(eventualy-consistent)型のキーバリューストアであるWorker KVによって、自社のプラットフォームを拡張した。

  • Rancher Labs,Kubernetesクラスタ間のネットワークを可能にするSubmarinerをリリース

    Rancher Labsは、Kubernetesクラスタ間のネットワーク接続を可能にするオープンソースプロジェクトのSubmarinerを新たにリリースした。このプロジェクトは,Kubernetesクラスタ個々のオーバーレイネットワークを接続して,"マルチクラスタ"を形成するものだ。これにより,クラスタ間の通信や,アプリケーションと分散データストア間の同期が簡単にできるようになる。

  • Orchestrator、Consul、HAProxyを使用したWePayの高可用性MySQLクラスタリング

    WePayのエンジニアリングチームが,HAProxy,Consul,Orchestratorで構築された新しい高可用性MySQLクラスタについて語っている。ダウンタイムを30分から40~60秒に短縮することで,それまでのアーキテクチャを改善している。

  • Amazon DynamoDB Accelerator (DAX)がプレビューに

    AWSはAmazon DynamoDB Accelerator (DAX)のプレビューを発表した。これは、完全にマネージドなライトスルーキャッシュサービスであり、論理的にはDynamoDBの前に置かれ、読み込みの激しいワークロードのパフォーマンスを改善する。DAXはDynamoDBとAPIの互換性があるため、既存のアプリケーションはコードを変更することなくDAXを使うことができる。プレビューはJava SDKのみサポートしている。

  • NGINX Plus R12が実現するマスタ-ピア間の構成共有、スクリプティング改善などの新機能

    Nginxは、人気の高いNGINXオープンソースWebサーバの有償バージョンであるNGINX Plusのリリース12を発表した。クラスタリングを簡略化するための設定共有機能を新たに提供し、nginScript言語を公式サポートするとともに、監視と計測、キャッシング、信頼性の向上を実現している。

  • IntelによるOptane SSDの立ち上げ

    Intelは最近Optaneというブランド名のもとで3D XPointという不揮発性メモリー(NVM)を立ち上げた。謳い文句の中にSSDのラベルがあることは、これが耐久性のあるストレージの異なる形態であることを暗示しているが、この技術は通常RAMを使用するであろうアプリケーションに向けられている。この出来事はメモリと永続化の間の妥協の終わりの始まりを示している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。