BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ クラスタリング&キャッシング に関するすべてのコンテンツ

  • AWSがAmazon ECS Anywhereの一般向け提供を発表

    最近、AWSはAmazon ECS Anywhereの一般向け提供を発表した。これは、仮想マシン(VM)、ベアメタルサーバ、その他の顧客が管理するインフラなどのコンテナベースのアプリケーションをオンプレミスで素早く実行し、管理できるようにするAmazon ECSの新機能である。

  • GitHubがRedisを使用してレートリミットをスケールアップ

    GitHubのエンジニアであるRobert Mosolgo氏は昨日、Redisのシャーディングとレプリケーションを使用したレートリミッタを使ってGitHub APIをスケールアップした方法について、詳細に説明した記事を投稿した。GitHubは以前のMemcachedベースのレートリミッタから、Redisベースのものに移行した。Mosolgo氏によると、新しい実装では信頼性の向上、クライアントの問題解決、GitHubのサポート負荷の低減が実現されている。

  • GoogleがMemorystore for Memcachedを一般提供でリリース

    先頃のブログ投稿で、Googleは、オープンソースのMemcachedプロトコルと互換性のあるフルマネージドサービス、Memorystore for Memcachedの一般提供を発表した。Memorystore for MemcachedのGAリリースにより、同社はGoogle Cloudのキャッシュ機能を探している顧客向けに2つの一般利用可能なマネージドキャッシュサービスオプションを利用できるようにする。

  • Microsoftがプレビュー版でAzure Cache for Redisのゾーン冗長性を発表

    最近、Microsoftは、Azure Cache for Redisが複数のアベイラビリティーゾーンでサポートされ、可用性と復元力が拡張されると発表した。このサービスの更新により、顧客はAzure Cache for Redisインスタンスを利用できる機会が大幅に向上させることができる。

  • UXパターン: Stale-While-Revalidate

    Stale-while-revalidate(SWR)キャッシング手法は、Webアプリケーションのユーザにより迅速なフィードバックを提供すると同時に、結果整合性も可能にする。フィードバックを早くすることでスピナの表示が不要になり、より印象のよいユーザエクスペリエンスが得られる可能性がある。

  • AWSがRedis 6と互換性のあるAmazon ElastiCache for Redisを発表

    先頃、AWSはRedis 6と互換性のあるAmazon ElastiCache for Redisを発表した。これにより、マネージドロールベースのアクセス制御、クライアント側のキャッシュ、いくつかの重要な運用上の改善など、いくつかの新機能がもたらされる。

  • Rancher2.4は100万のKubernetesクラスタをサポートする

    Kubernetes管理プラットフォームの作成者であるRancher Labsは、「Run Kubernetes Everywhere」���略に沿ってRancher 2.4をリリースした。Rancherは、異種、マルチクラスタ、マルチクラウドのKubernetes管理プラットフォームである。新しいリリースは、エッジスケールでKubernetesをサポートするために必要なスケーラビリティ、管理、セキュリティ機能の提供に重点を置いている。

  • AmazonがAWSでのElastic Search Service向けのUltraWarmの一般向け提供を発表

    最近、AmazonはAWSでのElasticsearch Service向けのUltraWarmの一般向け提供を発表した。Ultrawarmは、低コストのウォームストレージ階層であり、Elasticsearch Serviceの拡張機能である。最大3ペタバイトのストレージを提供し、既存のオプションに比べて約90%のコスト削減になる。

  • AmazonがRedis用ElastiCacheの新機能を発表: Global Datastore

    先頃、AmazonはGlobal Datastoreを発表した。これは、フルマネージの、高速で信頼性が高く、セキュアなクロスリージョンレプリケーションを提供するAmazon ElastiCache for Redisの新機能だ。

  • Redis LabsはMicrosoftと提携し、開発者向けに新しいRedisキャッシュを提供

    Microsoftは最近のブログ投稿で、Redis Labsとの新しいパートナーシップを発表した。これは、Redis Enterpriseを、Azure Cache for Redisの完全に統合された新しい層として提供するためのものである。現在非公開のプレビュー版である拡張サービスは、顧客に2つの新しいエンタープライズ階層を提供する。

  • オラクル オープンソース Coherence インメモリデータグリッド

    オラクルは、Coherence インメモリデータグリッド(IMDG)製品の中核を自由なオープンソースのソフトウェアとしてリリースした。

  • New Relic リアルタイムJavaプロファイリングの紹介

    Java 14の正式リリースと同時に、New Relicは、Javaアプリケーションのパフォーマンス・ボトルネックをより効果的に問題解決するためのリアルタイムJavaプロファイリングとJVMクラスタ・タイムライン表示ユーティリティのリリースを発表した。New Relicの主任ソフトウェアエンジニアであり、JVMテクノロジーアーキテクトでもあるBen Evans氏は、これらの新しいツールについてInfoQに語った。

  • Cloudflare。エッジ用のサーバレス・キーバリューストアWorkers KVをリリース

    アプリケーションとクライアントのブラウザの間にあるのは何か?その答が"インターネット"である時、Cloudflareは、彼らのWorkersプラットフォームが役に立つことを願っている。同社は先日、180以上のエッジロケーションで利用可能な、分散形式で結果整合(eventualy-consistent)型のキーバリューストアであるWorker KVによって、自社のプラットフォームを拡張した。

  • Rancher Labs,Kubernetesクラスタ間のネットワークを可能にするSubmarinerをリリース

    Rancher Labsは、Kubernetesクラスタ間のネットワーク接続を可能にするオープンソースプロジェクトのSubmarinerを新たにリリースした。このプロジェクトは,Kubernetesクラスタ個々のオーバーレイネットワークを接続して,"マルチクラスタ"を形成するものだ。これにより,クラスタ間の通信や,アプリケーションと分散データストア間の同期が簡単にできるようになる。

  • Orchestrator、Consul、HAProxyを使用したWePayの高可用性MySQLクラスタリング

    WePayのエンジニアリングチームが,HAProxy,Consul,Orchestratorで構築された新しい高可用性MySQLクラスタについて語っている。ダウンタイムを30分から40~60秒に短縮することで,それまでのアーキテクチャを改善している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。