BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Arc Visual Studio Code Extensionのパブリックプレビュー

Arc Visual Studio Code Extensionのパブリックプレビュー

ブックマーク

原文リンク(2024-02-04)

Microsoft社はこのほど、Arc Visual Studio Code Extensionをパブリック・レビュー段階に導入した。この拡張機能は、Edge上で実行されるワークロードと、Azure Marketplaceで公開するために構築されるサービスの両方について、開発者のエクスペリエンスを向上させている。

同社は、新しい技術の習得やアプリケーションの開発・テストに多くの時間がかかることを理解している。この経験を簡素化するために、これらのリソースをVisual Studio Codeに導入した。Azure Arc VS Code Extensionのおかげで、開発者はArc対応環境をデプロイし、サンプル・アプリケーションを使ってArcテクノロジーを学び、テストのためにAKSクラスタにデプロイできる。

Microsoft社の上級マイグレーションGBBスペシャリストであるJoachim Gomard氏は、このエクステンションを紹介した。

Arc を使い始めたばかりでも、すでに Arc 対応アプリケーションを本番稼動させている場合でも、我々のエクステンションは開発者のエクスペリエンスを効率化するのに役立ちます。Arc VS Code エクステンションは、エンタープライズと ISV の開発者のためのホームです。

Arc対応環境のデプロイとインストールを行うには、Edge Essentialsのシングルノード導入の前提条件を満たす必要がある。さらに、VPN接続、インストール時の静的無線LAN設定、システム上に既存のeFlowや他のKubernetesのセットアップがないことも条件となる。

AKS Edge Essentialsクラスタのインストールが完了すると、クラスタがNative K8s Clusterビューに表示され、Arcに接続できるようになる。さらに、connectedk8sエクステンションを追加し、3つのネームスペースを登録する必要がある。

az extension add --name connectedk8s

az provider register --namespace Microsoft.Kubernetes

az provider register --namespace Microsoft.KubernetesConfiguration 

az provider register --namespace Microsoft.ExtendedLocation

この環境は、開発およびテスト目的でのみ使用することを意図している。ユーザーはArcに接続すると、この環境を30日間無料で使用できる。

サンプルアプリケーションはJumpstart Agora repositoryで入手できる。このリポジトリには、様々な"cloud-to-edge"のシナリオに用いることができる、アプリケーションのコレクションが含まれている。

拡張が提供するものについての情報は、チュートリアルに記載されている。アクセスするには、「F1」 キーを使ってコマンドパレットを開く必要がある。次に「Welcome:Open Walkthrough "コマンドを入力し、それをクリックしてリストから "Get Started with Azure Arc in VS Code "チュートリアルを選択する。

VS Codeのコマンドパレット(出典:Microsoftブログ)

前述のハードウェア要件とは別に、この拡張のいくつかの機能は、AZとAZD CLI、そしてAzureアカウントとサブスクリプションを必要とする。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

BT