BT

InfoQ ホームページ コラボレーション に関するすべてのコンテンツ

  • チームがキュービクルと引き換えにコミュニケーションスキルを得る手助けをせよ

    アジャイルの「自己組織化チーム」のパラダイムでは、チームのメンバに新しいスキルが要求されます。この記事では、発展しつつあるチームの自己組織化を壊さずに、新たなスキルを伝えるためのいくつかの戦略を提案します。そして、新しいスキルを身につけるのに役立つ資料のありかを提示しています。

  • 人に愛されるリモートミーティングの手引き

    テレカンファレンスとデスクトップを共有するツールを使いこなすことは、現在のビジネスにおいて重要なスキルになっています。本稿は、これらの情報と裏技を提供します。

  • より良いベストプラクティス

    この記事ではベストプラクティスを単純に適用するやり方に疑問を投げかけるためドレフュス学習モデルを紹介します。そして単純なベストプラクティス適用が役立たないだけでなく、一番力のある人たちにとって重い悪影響を与えることをお見せします。

  • 「コンサルティング」契約

    Michael Spayd氏が「コンサルタント」に関する、契約者と非契約者について語ります。身近なシステム開発シナリオの中での一般的なITナレッジワーカーの役割を展開し、仕事の開始と合わせたその行動をたどってみましょう。途中、クライアント (内部または外部を問わない) との契約の要素と、計画的な関係への取り組みを開始することの重要性について検証します。

  • コミュニケーションの失敗のスパイラルをコントロールせよ

    私たちは毎日コミュニケーションに失敗している。失敗は取るに足りないものから悲惨な結果をもたらすものまで様々だ。残念なことに、私たちには口論やケンカやもっとひどいことになるまで、コミュニケーションの失敗の本質について注意を向け自分たちのやりとりを分析しようとしない傾向がある。コミュニケーションの失敗はチームワークが重要な今日の世界のビジネスにおいて競争上の優位を得るための最も大きな障害である。この記事では J. B. Rainsberger 氏が祝日の挨拶を例に、効率的なコミュニケーションと信頼の構築、そしてチーム作業を行うための秘密兵器のひとつを教えてくれる。

  • かんばんボードによるプロジェクトの見える化

    アジャイル開発でプロジェクトを進めている現場では、やるべき作業を表す付箋や、進行状況を示すチャートをプロジェクトルームの壁に貼って状況を見える化し、共有している光景をよく見かける。 本稿では、昨今のアジャイル開発プロジェクトで広く浸透している見える化の手法を見ていく。その中で、チーム全体がプロジェクトの今の状況を把握し、開発者の自律的な作業を可能にし、協調作業を促進する、三つの視点(とき、こと、ひと)をうまく使うかんばんボードの利用法を提案する。そして最後に、三つの視点によるプロジェクトの見える化を実現している、かんばんボードのソフトウェアによる実装 “TRICHORD” を紹介する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。