BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ コラボレーション に関するすべてのコンテンツ

  • モブプログラミングの集団的習慣は技術品質を高めるための土壌になり得る

    モブ(mob)プログラミングは、プロダクトをアジャイル手法で開発する上で、古い習慣を新しく効果的な習慣に変えるための有効な手段だ。周りを人に囲まれた環境において集団で培われた習慣は、簡単に忘れることはない。モブプログラミングは各メンバに対して、新たな習慣を定常的に実践させることによって、それらを取り入れやすくする。チームは同じ作業の繰り返しを容認しない。仕事を行うためのよりよい方法を探しているのだ。

  • 企業文化と心理的安心感が創造性を育む

    企業が将来にわたってその関係性と競争力を維持して存続するためには、創造に適した環境と文化を作り上げることが求められる。燃え尽き症候群(バーンアウト)への依存や生産性への固執は、創造性を阻害する可能性がある。必要なのは心理面での安心感、インクルージョン、実験、成長の思想、思考時間の許容なのだ。

  • ”セーフ・トゥ・フェイル”アプローチによってチームに心理的安全性を確立する

    企業は、従業員の中に"心理的安全性(psychological safety)"の文化 — 失敗が非難の対象ではなく、誰にも起こり得るものとして受け入れられる文化を確立することができる。"セーフ・トゥ・フェイル(safe-to-fail)"を企業文化の一部にするべきである。成功に対するイメージの転換は、失敗の所在をより深く理解することを可能にし、恐れを克服する勇気を我々に与えてくれる。

  • アフリカにおけるアジャイルの未来 - その課題と進展

    アフリカ大陸におけるアジャイルの採用は、困難な課題と挫折に直面していることから、他の大陸に比較して遅れている。しかしながら、プロダクト開発における協調的アプローチがより生産的かつ価値重視の結果につながるという事実を、ハイテクスタートアップやSME、大企業が認識することによって、これからの20年間は、この若い大陸に大きな期待が持てるものになるだろう。

  • 外部ITプロバイダがDevOpsプラクティスを採用するには

    ITサプライヤは、プロダクト開発に実験的アプローチを採用して、小さなプロダクト増分を運用環境で検証するという、小規模バッチで作業することにより、"you build it, you run it"というマントラに従うことができる。サプライヤはクライアントの目標が何であるかを見つけなければならない。そして、コラボレーション開発を行うためには、それをサプライヤ自身の目標にしなくてはならないのだ。

  • 分散型DevOpsチーム:ノンストップデリバリーの実現

    連絡を取り合い、分散したチームとして団結することは、多くの人が直面する課題だ。共有バックログからストーリーを割り当てることで、分散チームがノンストップデリバリを行うことができるようになる。そして、チームのすべてのメンバーに、必要に応じてコードを本番環境に昇格させたり、昇格を取り消したりする権限を与えた。同じような、あるいは重複するマイクロサービスが作成されないように、アーキテクチャに注意する必要がある。

  • ハイブリッドリモートワーク設定のリモート従業員エクスペリエンスのアセスメント

    雇用主と従業員は、オフィスに戻る準備を始めている。オプションの1つは、場所、時そしてどのように働くかに関して、個人の好みをサポートすることを目的としたハイブリッドリモートワーク設定だ。Kaleem Clarkson氏によると、リモートの従業員の経験を評価することは、職場の柔軟性ポリシーの決定を下すのに役立つとのことだ。

  • 分散DevOpsチーム: デジタルコネクションチームのサポート

    グローバルに分散したチーム内でデジタルコネクションを確立するために、組織はチームメンバにコラボレーションツールと視覚化ボードを備えた追加のモニターの両方を提供した。オンラインチャットとホワイトボードを使用したコラボレーションは、ボードをチームのニーズに合わせる調整のため、当初は課題があった。

  • サービス、プラットフォーム、コミュニティによって企業をエンジニアリングする

    企業は自らの顧客やビジネスに対して、継続的に価値を提供できなくてはならない、それが企業の存在理由なのだ、とRandy Shoup氏はQCon Plus May 2021で述べた。そのためには、自分たちが使用可能な"リソース" — 人材、チーム、テクノロジ — を、効率的かつ効果的に活用できることが必要だ。

  • チームのコミュニケーションと心理的安全性を向上するには

    チームの特徴的なコミュニケーションスタイルをマッピングすることによって、コミュニケーションの改善や心理的安全性の向上、チーム内の軋轢の軽減が可能になり、意見の対立はより生産的なものになる。我々がどのようにコミュニケーションを取っているのか、どのように取りたいと思っているのかを理解すれば、自分自身だけでなく、他の人たちのことをもっとよく理解できるようになる。それによって、お互いの強みを発揮することが可能になるのだ。

  • 害の生む文化を増加させる在宅勤務のリスク

    2021年5月に米国の133社を対象に実施された調査では、回答者の29%がリモートでの作業に苦しんでおり、11%が企業文化が害を及ぼすようになったために退職した、あるいは退職を計画していると述べている。害を及ぼす文化によって、従業員は意欲を失い、心が離れ、組織の成果に重大な悪影響を及ぼす。

  • テスタは製品定義にどのように貢献できるのか

    製品の定義と設計にテスタのフィードバックを活かすことは、ビジネスのための価値ある行動だ。組織のニーズに耳を傾け、ビジネスの目標を理解し、さまざまなスキルやプラクティスを駆使してテストプロセスをカスタマイズする作業は、プロダクトがまだ"机上の空論"である時からテスタが始められるひとつの方法である。

  • 根本的な不確実性が人々に与える影響

    人間は確実性を求める。それは安心感を与えるためである。パンデミックが人々を混乱させたため、突然完全にチームが分散してしまった。Kara Langford氏によると、根本的な不確実性により、人々は危険にさらされていると思い込み、健康問題につながる可能性がある。人々は異なる反応をする。不確実性は、新鮮なアイデア、革新、社会的利益につながることも示されている。

  • 職場におけるニューノーマルの変化

    昨年、オフィスワークはほぼ完全にリモートにシフトし、ワクチン接種プログラムが世界中で展開されるにつれて、再びシフトしている。ニュー・ノーマルがどのように見えるかについては多くの憶測がある。従業員の幸福、仕事のやり方に関する柔軟性、可用性クリープ、仮想現実と拡張現実はすべて、どの仕事が進んでいくかに影響を与える要因である。

  • アフリカでのアジャイルトランスフォーメーションにおける心理的安全性の重要性

    アフリカでは、労働社会における心理的安全性(Psychological safety)の欠如が、企業のアジャイル移行において障害になっている。心理的安全性は弱さゆえの行為ではなく、成功要因なのだ。心理的安全性を理解しない、あるいは促進しようとしない企業は、VUCAの時代を生き残ることを難しく感じるようになるかも知れない。

BT