BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ コラボレーション に関するすべてのコンテンツ

  • 職場におけるニューノーマルの変化

    昨年、オフィスワークはほぼ完全にリモートにシフトし、ワクチン接種プログラムが世界中で展開されるにつれて、再びシフトしている。ニュー・ノーマルがどのように見えるかについては多くの憶測がある。従業員の幸福、仕事のやり方に関する柔軟性、可用性クリープ、仮想現実と拡張現実はすべて、どの仕事が進んでいくかに影響を与える要因である。

  • アフリカでのアジャイルトランスフォーメーションにおける心理的安全性の重要性

    アフリカでは、労働社会における心理的安全性(Psychological safety)の欠如が、企業のアジャイル移行において障害になっている。心理的安全性は弱さゆえの行為ではなく、成功要因なのだ。心理的安全性を理解しない、あるいは促進しようとしない企業は、VUCAの時代を生き残ることを難しく感じるようになるかも知れない。

  • Zoom疲労を克服するためのアドバイス

    スタンフォード大学とMicrosoftによる最近の研究は、Zoom疲労の現実を指摘している。これは、連続した仮想会議によって引き起こされる生理学的および心理的疲労感である。両方の研究は、疲労感の理由を調査し、影響を減らすためのアドバイスを提示している。

  • 異文化コラボレーションの促進

    異文化間の関係を構築することは、今日の職場や世界で成功するために非常に重要である。それでも、多くの人々は、自分と異なる人々との関係を構築する方法に躊躇したり、確信が持てない。最初のステップは、自分自身を振り返り、時間とリソースをどこでどのように費やしているかに気づくことである。

  • デザインスプリントとUXワークショップを仮想空間で行う

    デザインスプリント(Design Sprint)とUXワークショップは、リモートホワイトボードとコミュニケーションプラットフォームを組み合わせて使えば、仮想空間で行うことが可能になる。この方法には、国境を越えた専門家を迎えられる、リモートの参加者を募ることができる、移動を少なくできる、カーボンフットプリントを縮小できる、コストを抑えられる、といったメリットがある。

  • Manuel Pais氏のCOVID-19の中のTeam Topologies

    Team Topologiesの共著者であるManuel Paisは、先頃、トポロジを使用して階層構造から権限を与えられたチームに移行したCapra Consultingのリーダと話をした。ジャーニーについてレポートし、COVID-19のコンテキストでTeam TopologiesについてPais氏に話を聞いた。

  • Coinbaseが���築した”運用環境への道” - QCon Plus Q&Aより

    Coinbaseでは、エンジニアと顧客の数が増えるに従って、より多くのプロジェクト、早いイテレーション、増え続けるインフラストラクチャに対する多くのコントロールを必要とするようになった。開発者が何をしているかを見て、それを支援するための社内デプロイメントツールを開発していく過程において、同社は、セルフサービスの文化を構築したのだった。

  • 価値 対 時間: アジャイル契約モデル

    アジャイル契約モデルは、顧客に提供する価値に重点をおくのに役立つ。そして、チームや人々に報いることを考慮し、共通の目的に向かって継続的改善を行うようにする。Zupit のアジャイル契約モデルの経験について、ZupitのCEO、Andrea Zomer氏にInfoQがインタビューした。

  • リモートワーク時代の会議

    バーチャル会議に多くの人が参加すると、一部にだけ出席する人や参加できない人が出てくる可能性がある。誰が会議に出席すべきかを質問し、会議から取り残されることへの恐れを減らすために、出席しないことにした人が会議からの情報を利用できるようにする必要がある。

  • プレッシャーの下での心理的安全性の維持

    リーダーがプレッシャーにさらされているとき、ダークサイドの行動に陥る可能性がある。それによって、組織文化と心理的安全に深く永続的な害を引き起こす可能性がある。リーダーは、プレッシャーがかかった状況に対する反応と対応を慎重に管理することに非常に意識する必要がある。強いキャラクターが頻繁に出てしまい害になってしまう可能性を回避するためである。

  • テストツアーのペアリングと学習で学んだこと

    チーム唯一のテスタ(solo tester)であるParveen Khan氏は、他のテスタや開発者たちとリモートでペアを組んでトピックを調査するという、テストツアーを行うことにした。このツアーは氏にとって、パフォーマンステスト、ALとML、可観測性、スケッチノーティング(Sketchnoting)といったテストトピックを探求する、学びのテスト体験になった。これらのセッションを行う中で、ペアリングや共有が自分自身の成長に有益なものであることも経験した。

  • QCon Plus: テクニカルフォークの非テクニカルスキルトラックの概要

    Qcon Plusは2020年11月に開催された。トラックの1つは、テクニカルフォーク向けの非テクニカルスキルに焦点を当てていた。eBayのRandy Shoup氏が主催するこのトラックは、チーム内外の効果的なコミュニケーションとコラボレーションに必要な重要な人材スキルの一部に焦点を当てていた。

  • 移譲でチームをスーパーチャージする方法: QCon London Q&A

    作業を移譲すると、作業をより適切かつ迅速に行うことができる。チームの自律性を高め、学習の機会を生み出す。移譲は自分でタスクを実行することから始まり、他の誰かにそのタスクを引き受けさせることで終了する連続体だ。Brandwatchのエンジニアリング担当副社長であるJames Stanier氏は、QCon London 2020で自己組織化チームに移譲することについて話した。

  • リモート文化の意図的な創造と育成

    企業文化は短期間には構築できないし、押し付けることもできない。企業文化は創業者のイデオロギや、仕事に関わる振る舞いに深く根差している。そこから成長し、価値観を共有する個人が雇用されることで独自に進展すると同時に、個人の持つアイデンティティが文化の中に織り込まれていくのだ。

  • Dark Starを建設する - コラボレーションを学ぶシリアスゲーム

    ゲームは学習エクスペリエンスだ。安全に実験を行う空間を提供することで、ソフトスキルの理解向上と成長に寄与する。ゲームをプレーすることのメリットと、DSBuildersゲームのプレーから得た経験について、Corrado (Dex) De Sanctis氏にインタビューした。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。