BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ コラボレーション に関するすべてのコンテンツ

  • アジャイルソフトウェア開発をテクノロジーとリーンで大規模化する方法

    アジャイルソフトウェア開発は、セルフサービスAPI、インフラストラクチャ・プロビジョニング、リアルタイム・コラボレーション・ソフトウェア、分散バージョン管理システムなどのテクノロジーを使うことで、大規模に行える。リーンは、Obeya(大部屋)、体系的な問題解決、ワンピースフロー、タクトタイム、カイゼンなどのテクニックを用いて、アジャイルカルチャーを補完し、スケールできる。Fabrice Bernhard氏は、FlowCon Franceで、同社がアジャイルソフトウェア開発を大規模に行うために、リーン思考でどのように技術を利用しているかについて語った。

  • QCon London:ピープルマネジメントの危険な二分法

    ピープルマネジメントの世界では、単にタスクをこなすだけでなく、真に違いを生み出すニュアンスやインパクトのある側面を掘り下げることが重要である。経験豊富なマネージャーであり、プロダクト・ディレクターでもあるHannah Foxwell氏は、QCon London 2024の講演で、結束力のある生産的なチーム環境を育むために、重要でありながら見落とされがちな多くの要素を強調した。

  • ソフトウェア組織の変革を促進させるということ:味方を見つけ、人を招き、関与を持続させる

    私たちがソフトウェア組織で経験する変化の多くは、強制的なものである。「ソフトウェア・エンジニア、アーキテクト、そして時にはソフトウェア・エンジニアリングの管理職にある人たちでさえ、正式な権限がなければ変化のきっかけを作れないと感じている」と、Eb Ikonne氏はQCon London 2024で述べた。変化を促進させるために、同氏は味方を見つけ、人々を変化に参加させ、ストーリーテリングを通じてエンゲージメントを生み出し、維持することを提案した。

  • ソフトウェアチームの心理的安全性を高め、アジャイルを導入するということ

    アジャイル式の考え方をテストするために、あるソフトウェアチームは、キックオフエクササイズ、コーヒーブレイクの共有、「勝利」のお祝い、スタンドアップクエスチョン、1対1のトークなどで心理的安全性を高めた。ScanAgile 2023での講演で、Pirita Maarit Johnsen氏は、ソフトウェアチームの心理的安全性をどのように高めたかを共有した。

  • エンジニアリングの生産性に最適化されたアプリケーション・セキュリティ

    アジャイル・アプリケーション・セキュリティの著者であり、SafeStackの創設者でもあるLaura Bell Main氏は最近、「Decoding Dev Culture 2024」と題したウェビナーを開催し、2024年のセキュリティについて「現場からの視点」を提供した。Bell氏は、自身の経験と SafeStack の 12 か月にわたる調査から、DevSecOps 実践者が SAST やその他のツールへの過度の集中から脱却する必要性について論じた。彼女は、セキュリティプロセスとツールに関連する開発者の経験をよりよく理解することを提唱した。Bell氏は、効果的なセキュリティ・オーナーシップはコミュニケーションの改善を通じて促進され、エンジニアの生産性にプラスの影響を与えることができると説明した。

  • ソフトウェアチームにおけるテストの影響

    テスターがソフトウェアチームに貢献する方法として、品質ギャップを伝えること、良いテストのために場を整えること、自動化コードを書くことが挙げられる。Maaret Pyhäjärvi氏によれば、私たちはテスターではなく、テスト自体について考える必要があるという。チームメンバー間のコラボレーションやコミュニケーションは、製品やユーザー体験に有益な影響をもたらす。

  • ソフトウェア開発における"実験文化"の育成

    "実験文化 (Experimentation culture)"とは、新しいことに挑戦し、共に学び、複雑なソフトウェアの問題を解決し、共に価値を創造することである。Terhi Aho氏によると、ソフトウェア組織における実験文化には、強力なマネジメントのサポートと心理的安全性が必要であるという。

  • 技術的負債を防ぎ、返済する方法:チームと技術リーダー、マネージャーができること

    技術リーダー、プロジェクトマネージャー、管理職は、ソフトウェア開発者に多くの時間を与えることで技術的負債を防ぐことができる。さらに、チームがコードを改善できるように、余剰時間やリファクタリングスプリントを計画することができるとNedelcho Nikolov氏は主張する。技術的負債に優先順位をつけるために、開発チームは、今投資すればどれだけの時間を節約できるか、今技術的負債を返済しなければ将来ソフトウェアがどれだけ複雑になるかを示すことができる。

  • パフォーマンスの高いソフトウェア・チームになるには

    高業績ソフトウェアチームを可能にする4大要素は、「目的」、「分散化された意思決定」、「心理的安全性を伴う高い信頼」、「不確実性の受容」である。チームは働き方を実験することでパフォーマンスを向上できる。

  • DevOpsのレンズを通してオープンソース統合をナビゲートする

    オープンソースに対するDevOpsの視点を持つことは、OSSプロジェクトを環境に組み込むのに役立つ。DevOpsエンジニアは、サードパーティとの統合に抵抗がなく、異なるグループ間の壁を取り払い、チームワークを促進するというオープンソースの考え方に合致している。

  • 感情をうまく扱うことで、コンフリクトに対処する

    感情はコンフリクトの核心であり、コンフリクトの始まり、拡大、そして原動力に影響を与える。自分自身の感情を効果的に管理し、他者の感情を理解することは、コンフリクトの結果に大きな影響を与える。取るべき2つのステップは、感情にラベルを付けること、そして、どの感情に焦点を当てたいかを判断し、コントロールすることである。

  • 継続的な実験文化: QConニューヨークからの学び

    QCon New York 2023でSarah Aslanifar氏は継続的な実験文化の構築を発表した。彼女は、継続的な実験の文化を育み、継続的な学習の原則を活用することで、いかに効率を高め、無駄を省き、製品の成果を向上できるかを示したのである。

  • コンフリクトを解決するために必要なのは「好奇心」と「自己認識」

    マリオン・ローケン氏は、「良いコンフリクト(対立)を持つこと」が重要であると言う。コンフリクトはネガティブな印象があるが、好奇心を持つことでよりポジティブな結果を得ることができ、信頼と心理的安全性を築くことができる。自分の感情や反応を自覚することで、後々反省しなければならないような言動を防ぐことができるのだ。

  • オープンソースのメンテナが有害な行為に対処する方法

    オープンソースのメンテナが経験する3つの有害な行動とは、権利の主張、不満を爆発させる人、そして明らかな攻撃である。問題のある行為に耐性ができて無視するようになると、怒りや悲しみの負のスパイラルに陥ってしまう。そうならないように問題のある行為に声をかけ、オープンソースの本来の意味がコラボレーションと協力であること人々に思い出させるべきなのだ。

  • 心理的安全性の測定から学ぶこと

    リスクテイクについてどう感じるかを尋ねることで、心理的安全性のレベルを知ることができるし、問題を発見するのに役立つ。その答えを議論することで成熟したチームであれば安全性のレベルを強化できるし、成熟していないチームであれば改善策を理解してもらう機会になる。

BT