BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ コラボレーション に関するすべてのコンテンツ

  • Coinbaseが構築した”運用環境への道” - QCon Plus Q&Aより

    Coinbaseでは、エンジニアと顧客の数が増えるに従って、より多くのプロジェクト、早いイテレーション、増え続けるインフラストラクチャに対する多くのコントロールを必要とするようになった。開発者が何をしているかを見て、それを支援するための社内デプロイメントツールを開発していく過程において、同社は、セルフサービスの文化を構築したのだった。

  • 価値 対 時間: アジャイル契約モデル

    アジャイル契約モデルは、顧客に提供する価値に重点をおくのに役立つ。そして、チームや人々に報いることを考慮し、共通の目的に向かって継続的改善を行うようにする。Zupit のアジャイル契約モデルの経験について、ZupitのCEO、Andrea Zomer氏にInfoQがインタビューした。

  • リモートワーク時代の会議

    バーチャル会議に多くの人が参加すると、一部にだけ出席する人や参加できない人が出てくる可能性がある。誰が会議に出席すべきかを質問し、会議から取り残されることへの恐れを減らすために、出席しないことにした人が会議からの情報を利用できるようにする必要がある。

  • プレッシャーの下での心理的安全性の維持

    リーダーがプレッシャーにさらされているとき、ダークサイドの行動に陥る可能性がある。それによって、組織文化と心理的安全に深く永続的な害を引き起こす可能性がある。リーダーは、プレッシャーがかかった状況に対する反応と対応を慎重に管理することに非常に意識する必要がある。強いキャラクターが頻繁に出てしまい害になってしまう可能性を回避するためである。

  • テストツアーのペアリングと学習で学んだこと

    チーム唯一のテスタ(solo tester)であるParveen Khan氏は、他のテスタや開発者たちとリモートでペアを組んでトピックを調査するという、テストツアーを行うことにした。このツアーは氏にとって、パフォーマンステスト、ALとML、可観測性、スケッチノーティング(Sketchnoting)といったテストトピックを探求する、学びのテスト体験になった。これらのセッションを行う中で、ペアリングや共有が自分自身の成長に有益なものであることも経験した。

  • QCon Plus: テクニカルフォークの非テクニカルスキルトラックの概要

    Qcon Plusは2020年11月に開催された。トラックの1つは、テクニカルフォーク向けの非テクニカルスキルに焦点を当てていた。eBayのRandy Shoup氏が主催するこのトラックは、チーム内外の効果的なコミュニケーションとコラボレーションに必要な重要な人材スキルの一部に焦点を当てていた。

  • 移譲でチームをスーパーチャージする方法: QCon London Q&A

    作業を移譲すると、作業をより適切かつ迅速に行うことができる。チームの自律性を高め、学習の機会を生み出す。移譲は自分でタスクを実行することから始まり、他の誰かにそのタスクを引き受けさせることで終了する連続体だ。Brandwatchのエンジニアリング担当副社長であるJames Stanier氏は、QCon London 2020で自己組織化チームに移譲することについて話した。

  • リモート文化の意図的な創造と育成

    企業文化は短期間には構築できないし、押し付けることもできない。企業文化は創業者のイデオロギや、仕事に関わる振る舞いに深く根差している。そこから成長し、価値観を共有する個人が雇用されることで独自に進展すると同時に、個人の持つアイデンティティが文化の中に織り込まれていくのだ。

  • Dark Starを建設する - コラボレーションを学ぶシリアスゲーム

    ゲームは学習エクスペリエンスだ。安全に実験を行う空間を提供することで、ソフトスキルの理解向上と成長に寄与する。ゲームをプレーすることのメリットと、DSBuildersゲームのプレーから得た経験について、Corrado (Dex) De Sanctis氏にインタビューした。

  • 根回し(nemawashi)とコラボレーションボードを使ったリーダシップの明確化

    ハイパフォーマンスチームに必要なのは管理ではなく、リードである。コラボレーションボード(collaborative board)は、リーダとチームが方向性とイニシアティブを一致させる場だ。ミーティングから会話を切り離すには、根回し(nemawashi)を使えばよい。Fernando Guigon氏はAgile Tour London 2020で、氏がZenSumと呼ぶアプローチを使ったリーダシップの発揮方法について講演した。

  • チームの相互作用がKubernetesの採用にどのように役立つか、QCon LondonでのManuel Pais氏の講演

    Manuel Pais氏は、QCon Londonで、Kubernetesの採用を成功させるために、認知的負荷を軽減するためにチームの相互作用がいかに重要であるかについて話した。Pais氏は、Kubernetesの上にデジタルプラットフォームを配置することを推奨している。また、組織は、チームの認知的負荷を評価し、デジタルプラットフォームを定義し、明確なチームの相互作用を設定することから始めることができる。

  • Chaos Conf Q&A - Adrian Cockcroft、Yury Niño Roa両氏に聞く

    Chaos Conf 2020を前に、InfoQでは、カオスエンジニアリングコミュニティが関心を持つ話題を探るべく、Adrian Cockcroft、Yury Niño Roa両氏に話を聞くことにした。おもな話題は以下のとおりだ — 心理的安全性を獲得する上で、"game days"の実施には明確なメリットがある。カオスエンジニアリングの将来は、セキュリティの導入と、より大規模な障害モードを想定した試験のスケールアップに向かっている。

  • 個人と組織の勇気を高めるには

    勇気は、可能な最高レベルの創造性、適応性、生産性のためのコンディションを作り出すものであり、今日の複雑化した社会を生き抜くためには必要不可欠なものだ。我々には、自分の役割が何であろうと、勇気を持ってリードする力がある。

  • GitHubは、CodespacesとDiscussions、およびその他のセキュリティ機能を導入

    GitHub Satellite 2020で、GitHubは、開発者のコラボレーションを新しいレベルに引き上げることを目的とした2つの新機能を発表した。GitHub内であるぐに使用できる完全な開発環境を提供すると、ナレッジベースをスレッド化されたQ&A形式で作成できることを目的としたDiscussionsである。さらに、脆弱性のコードスキャンがGitHubのメインインターフェイスに統合され、シークレットスキャンがプライベートリポジトリにも拡張された。

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

BT