BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ カンファレンス に関するすべてのコンテンツ

  • プロセス改善と組織が変化するためのデザイン思考ロードマップ

    組織と組織の人々が改善したい問題を理解し、問題の解決策を見つけ、長年の組織の運営方法を大きく変える実行可能で価値の高い推奨事項を提供する方法とは? この記事では、NASAでデザイン思考手法を使用して、組織の変化とプロセスの改善を推進し、組織に影響を与える方法を示します。

  • 多様性を活用したサイバーセキュリティの強化

    サイバーセキュリティに多様な考え方を適用するには、どうすればよいでしょうか? 非技術系の人たち、非伝統的なバックグラウンドを持つ人たちが参加して、意図的に群衆心理を回避することが必要です。私たちの業界がベストプラクティスとしてセキュリティの徹底を推奨するならば、それはとりもなおさず、多様性を徹底的に確保することで、あらゆるリスクを最も効果的に軽減する必要がある、ということでもあるのです。

  • GitHubのモノリスからマイクロサービスへのジャーニー

    この記事では、GitHubの最近のマイクロサービスアーキテクチャに向けたジャーニーについて説明します。 GitHubの歴史的および現在の状態を詳しく調べ、いくつかの内部および外部の要因を検討し、マイクロサービスアーキテクチャを実装するための主要な概念やベストプラクティスなど、Githubが移行にどのように取り組んだかについての実際の検討事項について説明します。

  • マインドマップ駆動テストでテスト戦略を強化する

    マインドマップ駆動テストにより、テスタはテストアイデアの生成に集中でき、思考をあきらかにし、アイデアを効果的にブレインストーミングして整理することができます。この記事では、マインドマップに関するアイデアと知識を共有し、テストの計画、整理、記録、提示、およびレポートを行うためのリーンドキュメントとしてそれらを使用する方法を示します。

  • 分解とインクリメンタルな変更でモノリスをマイクロサービスに移行する

    マイクロサービスの移行は簡単な変更ではありません。あなたはそれらが適しているかどうかについて慎重に考える必要があります。おそらく、モノリスはあなたのコンテキストとビジネスニーズに十分でしょう。この記事では、Sam Newman氏が、マイクロサービスアーキテクチャの評価と移行に役立つ分解とインクリメンタルな変更パターンをいくつか紹介します。

  • 2020年第一四半期のソフトウェアチームとチームワークのトレンドレポート

    Culture & Methods編集部では、テクノロジーの導入曲線の最前線にあるトピックについてレポートします。例えば、対面でもリモートでも、チームやチームワークをより効果的にする方法にいても紹介しています。新しいツールや技法があり、アイディアの一部は以前からあります。また、勢いを得ているアイディアもあります。プロフェッショナリズム、倫理的な振る舞い、社会や環境に対する配慮です。

  • アジャイルこそが問題なのか

    "アジャイル"は今や、ありとあらゆる意味を持っています。そしてそれは、何の意味もないのと同義です。多くの組織はアジャイルに疲れており、問題の一部は"アジャイル産業複合体(Agile Industrial Complex)"にあります。アジャイリストは基本に帰り、アジャイル憲章と12の原則の持つ簡明さを取り戻さなくてはなりません。"Heart of Agile"と"Modern Agiile"はその一例であり、シンプルなフレームワークです。社会科学からも、学ぶべきことがたくさんあります。

  • アジャイルアンチパターン:システム思考アプローチ

    アジャイルアンチパターンは、「ソリューション」や「回避策」のように見せかけることがある。この記事では���システム思考アプローチを使用して新世代のアジャイルアンチパターンを認識および分類することの重要性について説明する。アジャイルチームとより幅広いビジネスの間でシステム思考の文化を築くための効果的な手段として、バリューストリームを使用して共有言語を作成および促進する方法を示す。

  • JavaOne 2013 総まとめ: Java 8の衝撃,Java・イズ・バック!

    JavaOne2013年が先日の9月22日から26日にかけて,サンフランシスコで開催されました。祭典は日曜日,Peter Utzschneider, Nandini Ramani and Cameron Purdy各氏によるストラテジキーノートで幕を開けています。

  • 技術的負債を管理する

    技術的負債は、出来るだけすぐに返済すべき悪いことだと広く考えられていますが、うまく管理すれば、短期間の利益と長期間の生産性のバランスをとる戦略となります。この記事では、プロジェクトが技術的負債を返済できるさまざまな方法と、返済したほうがよいか、負債を転換するか、利息だけを支払うかを決めるために、熟考しなければならないことを説明します。

  • Agile Japan 2009

    2009年4月22日、東京千代田区にある放送会館で「アジャイルジャパン2009」が開催されました。本イベントは「ソフトウェア開発の次世代リーダーをつくる」ことを合い言葉に、200人以上の参加者を集めてスタートしました。

  • QCon San Francisco 2008の要点とそこから学んだ教訓

    この記事では、QCon San Francisco(2008年11月)の印象とその体験がどのようなものであったかを感じ取っていただけるように、QConについてブログを書いた多くの参加者の視点と見解を紹介します。

BT