BT
前の記事 rss
人のフォロワー

QCon NY:Jonas Bonér氏よりイベントファーストのマイクロサービスの設計について

作者: Srini Penchikala フォローする 34 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年7月17日 午前6時28分

イベントファーストのドメイン駆動型設計(DDD)とイベントストリーミングは、回復力がありスケーラブルなマイクロサービスアーキテクチャを開発する上で非常に重要である。LightBendのエンジニアリングチームのJonas Bonér氏は先週、QCon New York 2018 Conferenceでイベントファーストのデザインについて話した。

人のフォロワー

QCon New York 2018:スピーカーが見ているもの

作者: Wesley Reisz フォローする 17 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年7月9日 午前4時5分

第7回Annual QCon New Yorkはわずか1週間に迫っている。今年の会議の主なテーマは、Google、Shopify、Square、IBM、Github、Lyftなどの企業から示されるMicroservice環境の運用、管理、デバッグについての成功の秘訣である。

人のフォロワー

Gameを使ったアジャイル活動にImprovを取り入れる

作者: Ben Linders フォローする 23 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年7月6日 午前2時18分

Improv(即興)のルールは、アクティブリスニング、コラボレーション、相互強化といった、アジャイルに不可欠なスキルを短期間に向上させる手段となる。Improvのアクティビティやゲームを取り入れることで、アジャイル思想の強化が実現する。さらにはゲームの結果を確認することによって、ゲーム体験から得た感情や気付きの瞬間といったものを、作業シナリオに明示的に結び付けることで、その価値の持続化を可能になる。

人のフォロワー

ハイパフォーマンスチームの文化、心理的安心感、感情的知性

作者: Ben Linders フォローする 23 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年6月19日 午前3時23分

人間性(Humanity)は、私たちの多くが従事する創造的な知的活動の中核である。ハイパフォーマンスなチームの基盤となるのは、自由と自律性を持ち、安心を感じている人々だ。自己認識と関連性をサポートし、安全の上にチームの感情的知性を築くためには、ゲームを有効に利用することができる。

人のフォロワー

Appraiseでビジュアルテストを自動化する

作者: Ben Linders フォローする 23 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年6月6日 午後8時29分

ルックアンドフィールが成功の鍵を握るアプリケーションの開発においては、自動化されたビジュアルテストが有効な場合がある。GitHub上でMITライセンスで公開されているオープンソースツールのAppraiseは、“例示による仕様”というアプローチを採用することにより、視覚検査によってWebページの変更を検証し、承認する作業を支援する。

人のフォロワー

持続可能なソフトウェアとアジャイル

作者: Ben Linders フォローする 23 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月22日 午前1時28分

持続可能なソフトウェア(Sustainable software)は、変更をより短期間で顧客に提供するとともに、バグ可能性の低減、アプリケーションの総所有コストの削減、ビジネスアジリティの向上を可能にする。ソースコードの自動解析、専門家による技術的アーティファクトのレビュー、ベンチマークデータの比較を組み合わせることで、ソフトウェアの持続性を検証することが可能になる。

人のフォロワー

創造、協力、革新のためのソフトウェアエンジニアリング

作者: Ben Linders フォローする 23 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月14日 午前12時50分

ソフトウェアエンジニアリングは、反復的で、フィードバックに基づき、漸進的、実験的で、実証的でなければならない。 C職人技は十分ではない。エンジニアリングは増幅器であり、創造性と協力、発明を強化する。継続的デリバリはエンジニアリングの原則に根ざしている。

人のフォロワー

Jeff Patton氏、アジャイルのプロダクトオーナシップを語る

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年5月2日 午前2時33分

先日のAgile Indiaカンファレンスで行った基調講演で、Jeff Patton氏は、アジャイル開発がプロダクトのオーナシップにアプローチする方法を取り上げた。氏によれば、プロダクト管理はプロダクトオーナというスクラム用語が生まれる前に存在した規律であって、大部分のアジャイル組織においては、せいぜい形式的なアプローチとして採用されているに過ぎず、真のプロダクト管理が求められている。

人のフォロワー

素晴らしいエンジニアリング文化についてリーダーが語る

作者: Rafiq Gemmail フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年4月23日 午前12時11分

QConLondonのBuilding Great Engineering Culturesと題したトラックで、登壇者が聴衆から質問を受け、パネルディスカッションをした。 Google、Sky Betting、Gaming、ITV、Deliveroo、GlobalSignのリーダーたちが、自分たちがどのようにしてエンジニアリングについての素晴らしい文化を支援し構築してきたかを共有した。

人のフォロワー

イベントは分散システムの将来を変えるか - Jonas Bonér氏のQCon Londonでの講演より

作者: Jan Stenberg フォローする 33 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月22日 午後10時11分

イベントには注目すべき理由がたくさんある — 自律性を向上し、安定性を高め、迅速な移行を支援し、タイムトラベルを可能にする — QCon London 2018で行われたプレゼンテーションでJonas Bonér氏は、現行のシステムをイベントがどう変えるかを説明する中で、このように述べた。

人のフォロワー

QCon London: 非同期イベントアーキテクチャにおけるアクタ導入の可否

作者: Jan Stenberg フォローする 33 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月22日 午後10時0分

マイクロサービスシステムにおける同期型の要求-応答通信は、場合によっては非常に複雑なものになるが、幸いにもイベントベースのアーキテクチャがこれを回避する手段になる — QCon London 2018でのプレゼンテーションで、Yaroslav Tkachenko氏はこのように主張し、イベントアーキテクチャでの自身の経験から、このアーキテクチャでシステムを構築する上でアクタを利用する方法について説明した。

人のフォロワー

マイクロサービス統合に共通する落とし穴 - Bemd Rücker氏によるQCon Londonプレゼンテーションより

作者: Jan Stenberg フォローする 33 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月22日 午後9時39分

マイクロサービスアーキテクチャでは、すべてのマイクロサービスは独立したアプリケーションであり、独自のデータストレージを持ち、ネットワーク上で通信する。これは高度に分散化された環境を構築すると同時に課題も持ち合わせる — Bernd Rücker氏は、QCon London 2018で行ったプレゼンテーションでこのように説明し、マイクロサービス統合に共通する落とし穴と、その解決策としてのワークフローエンジンについて解説した。

人のフォロワー

継続的改善のためのデータ駆動思考

作者: Ben Linders フォローする 23 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月17日 午後8時21分

組織は、継続的に改善するために、パフォーマンスを計測し、ビジネスの成果に行動を結びつける客観的な方法が必要だ。Avvoでは、自律的なチームモデルとふりかえりを実践し、データ駆動決定フレームワークを使う。このフレームワークは、継続的に改善するために、人々がよりよい決定と提案をするのに役立つ。

人のフォロワー

QCon London: CRDTsを使って分散システムでデータ一貫性を保証する

作者: Jan Stenberg フォローする 33 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月16日 午前12時34分

CRDTs(Conflict-free Replicated Data Types)とは、分散システムにおいて、理論的に実証された方法である集中型サーバを使用せずに、強い結果整合性(eventual consistency)を確保するアルゴリズムファミリである。Martin Kleppmann氏はQCon London 2018で行ったプレゼンテーションで、氏が調査した共有ドキュメント上で共同作業を可能にするアルゴリズムについて説明した。

人のフォロワー

マイクロサービスと分散システムの未来 - QCon Londonパネルディスカッション

作者: Jan Stenberg フォローする 33 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月15日 午後10時56分

QCon London 2018のマイクロサービスパネルでは、トラックホストのSam Newman氏が、パネリストのSusanne Kaiser氏、Guy Podjarny氏、Idit Levine氏、Mark Burgess氏とともに、我々が現在目にしているサービステクノロジが今後どう変わるのか、今後どのようにシステムを構築するのかを議論した。マイクロサービスは今後も存在するが、サーバレスアーキテクチャにような他技術のベースへと進化するだろう、というのが彼らの意見だ。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT