BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ カンファレンス に関するすべてのコンテンツ

  • 分散DevOpsチーム: デジタルコネクションチームのサポート

    グローバルに分散したチーム内でデジタルコネクションを確立するために、組織はチームメンバにコラボレーションツールと視覚化ボードを備えた追加のモニターの両方を提供した。オンラインチャットとホワイトボードを使用したコラボレーションは、ボードをチームのニーズに合わせる調整のため、当初は課題があった。

  • LinkedInがGreykiteをオープンソースに

    LinkedInは、正確な将来予測を解釈可能な(interpretable)形式で提供するPythonライブラリのGreykiteを、オープンソースとして公開した。トレンドや季節性、その他の効果を視覚化することが可能になる。フレキシブルで直感的、さらに高速であることを目指して開発されたこのライブラリは、FBのprophetに比較して4倍の性能を持つと同時に、1日と7日の予測において、より正確な結果を提供する。

  • サービス、プラットフォーム、コミュニティによって企業をエンジニアリングする

    企業は自らの顧客やビジネスに対して、継続的に価値を提供できなくてはならない、それが企業の存在理由なのだ、とRandy Shoup氏はQCon Plus May 2021で述べた。そのためには、自分たちが使用可能な"リソース" — 人材、チーム、テクノロジ — を、効率的かつ効果的に活用できることが必要だ。

  • チームのコミュニケーションと心理的安全性を向上するには

    チームの特徴的なコミュニケーションスタイルをマッピングすることによって、コミュニケーションの改善や心理的安全性の向上、チーム内の軋轢の軽減が可能になり、意見の対立はより生産的なものになる。我々がどのようにコミュニケーションを取っているのか、どのように取りたいと思っているのかを理解すれば、自分自身だけでなく、他の人たちのことをもっとよく理解できるようになる。それによって、お互いの強みを発揮することが可能になるのだ。

  • レジリエントな企業がより多くのインシデントを求める理由

    John Egan氏によると、インシデント管理プロセスは単なるインシデントへの対応だけではない。根本原因を報告して、社内プロセスと業界全体のプラクティスを更新するサイクルなのだ。インシデント報告のバリアを低くし、非難を伴わない事後分析を使った効果的なインシデントレビュー会議を実施して、分析結果をすべての人に公開すべきだ、というのが氏のアドバイスである。

  • テスタは製品定義にどのように貢献できるのか

    製品の定義と設計にテスタのフィードバックを活かすことは、ビジネスのための価値ある行動だ。組織のニーズに耳を傾け、ビジネスの目標を理解し、さまざまなスキルやプラクティスを駆使してテストプロセスをカスタマイズする作業は、プロダクトがまだ"机上の空論"である時からテスタが始められるひとつの方法である。

  • 根本的な不確実性が人々に与える影響

    人間は確実性を求める。それは安心感を与えるためである。パンデミックが人々を混乱させたため、突然完全にチームが分散してしまった。Kara Langford氏によると、根本的な不確実性により、人々は危険にさらされていると思い込み、健康問題につながる可能性がある。人々は異なる反応をする。不確実性は、新鮮なアイデア、革新、社会的利益につながることも示されている。

  • 開発者がE2Eテストを書くことで得たもの

    開発者がe2eテストを書くことによって、テスト可能なコードの記述、迅速なフィードバックの提供、バグの回避が可能になる。Wixでは、同社のプロジェクトマネージャ、開発者、QAエンジニアを対象に、QAのみによるテストから開発者によるe2eテストに移行することによって、QAの左シフト(上流への移行)とデリバリ速度の向上を実現した。

  • 継続的セキュリティテストを有効にしてテストにセキュリティを追加する

    チームは、テストプロセスにセキュリティテストを追加し、機能テストの自動化の一部としてセキュリティチェックを追加して領域の特定ができるようになるためにセキュリティの専門家によってトレーニングをうけることが可能だ。これにより、継続的なセキュリティテストが可能になり、すべてのリリースでセキュリティテストの対象範囲が広がり、セキュリティの欠陥を早期に発見できる。

  • テストピラミッドを使って品質を左シフトする

    品質の左シフト(前倒し)とは、開発終了後に品質テストを行うのではなく、ソフトウェア開発サイクルの早期に品質を作り込む、という意味である。テストピラミッドモデルを使うことで、テストをより早いステージに移動させることが可能になり、統合時に問題となる欠陥を開発早期に発見することが可能になる。

  • アフリカでのアジャイルトランスフォーメーションにおける心理的安全性の重要性

    アフリカでは、労働社会における心理的安全性(Psychological safety)の欠如が、企業のアジャイル移行において障害になっている。心理的安全性は弱さゆえの行為ではなく、成功要因なのだ。心理的安全性を理解しない、あるいは促進しようとしない企業は、VUCAの時代を生き残ることを難しく感じるようになるかも知れない。

  • デザインスプリントとUXワークショップを仮想空間で行う

    デザインスプリント(Design Sprint)とUXワークショップは、リモートホワイトボードとコミュニケーションプラットフォームを組み合わせて使えば、仮想空間で行うことが可能になる。この方法には、国境を越えた専門家を迎えられる、リモートの参加者を募ることができる、移動を少なくできる、カーボンフットプリントを縮小できる、コストを抑えられる、といったメリットがある。

  • アジャイルレトロスペクティブにCynefinを適用する

    センスメイキング(Sense-making)は、最初に思い浮かんだソ��ューションにチームが飛び付くことを防いでくれる。Cynefin(クネビン)フレームワークは、情報に基づいたセンスメイキング後のレトロスペクティブで、チームが何をなすべきかを決める上での指針となる。Cynefinを使うことで、データ収集から洞察の獲得へというレトロスペクティブの転換を、さらに進めることが可能になるのだ。

  • 適応性のある報酬・表彰システムですべての世代を引き付ける

    報酬・表彰(Reward and recognition)システムは適応性があって、アジャイルで、個々の状況を考慮したものであるべきだ。どの世代であっても、仕事に求めるものは同じ - 自身の仕事を尊重されること、報酬を得ること、認められることの3つ - だが、モチベーションと報酬の形式は、世代によって違う。創造性を持って報酬・表彰システムを常に新しく保つとともに、チームに合わせていくことが必要だ。

  • 仕事以外の場でテストスキルを磨く

    テスト方法をゲームにする(gamify)、テストプラクティスのコミュニティにオンライン参加する、仮想旅行する — これらはいずれも、テスト技術を向上させるために仕事以外の時間で行うことのできるアクティビティの例だ。世界中のテスタたちとともに継続的な学習を実践して、学んだことを職場に持ち込み、チームのメンバたちと共有して、テスト手法を改善することが可能になる。

BT