BT

InfoQ ホームページ カンファレンス に関するすべてのコンテンツ

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

  • 開発者の観点から見たVMware Tanzu Service Mesh

    VMwareチームのDeepa Kalani、Ramiro Salas両氏が先週のSpringOne 2020 Confereneceで、サービスメッシュプロダクトについて講演し、Global Namespaceによるアクセスコントロールとセキュリティポリシ実装の支援や、アプリケーション中心のメトリクスを表示する可視化ツールなどについて解説した。

  • 製品開発に態度を活用する

    シニシズム(cynicism、皮肉)、懐疑主義、楽観主義といった態度は、プロダクトを開発する方法に影響する。開発を阻害したり、あるいは誤ったプロダクトの構築に導く可能性があるため、態度を認識することは重要だ。Gwen Diagram氏に、シニシズム、懐疑主義、楽観主義と、開発者が与え得る影響、チームにおける態度への対応などについてインタビューした。

  • SpringOne 2020 カンファレンス: マルチクラウドアーキテクチャでの持続的データの実行

    マルチクラウドアーキテクチャで永続的なデータワークロードを管理することは、オンプレミスとパブリッククラウド環境でアプリをホスティングしている組織にとって非常に重要だ。VMware の Aditya Tripathi 氏と Judy Wang 氏は、水曜日に開催された SpringOne 2020 カンファレンスで、マルチクラウド戦略を簡素化するためのアーキテクチャのベストプラクティスについて講演した。

  • eBay Denmarkにおけるソフトウェア品質保証の取り組み

    品質とは、単に運用環境へバグを流出させないということだけではない。その他にも多くのことがある。品質とは、プロダクトがユーザフレンドリで、アクセスや利用が容易で、高いパフォーマンスと短いロード時間を実現していることだ。コードが安定していて、メンテナンスが容易なことも必要だ。Jette Pedersen氏はSwiss Testing Day 2020で、優れた品質のプロダクトを実現する方法について講演した。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリストの役割

    アジャイルな組織においても、ビジネスアナリストにはその役割がある — プロダクトオーナになることも、チームに参加することも、あるいはプロダクトの枠を越えてプロダクトオーナやチームとコラボレーションすることも可能なのだ。フレームワークが代わろうとも、BAの役割には非常に大きな価値があるのだから、自分のスキルに自信を持つことが重要だ。

  • マ��クロサービスによる銀行インフラの構築 - QCon London Q&Aより

    Monzoのマイクロサービスの数は、この数年で100から1,600にまで増加し、さらに増え続けている。マイクロサービスは責務が増えると分割され、密結合すると統合される。エンジニアはコードジェネレーションを使って自身のサービスを生成し、デプロイし、スケールアップし、監視することができる。

  • Brenda - AIのチームメンバ

    Brendaは、マシンラーニングした人工知能を使用して、インフラストラクチャの監視、品質保証チェックとトラブルシュートのサポート、警告の処理と重大な問題の通知、自動修復を行うシステムだ。SwisscomのSree Rama Murthy Pakkala氏とCollin Mendons氏は、Swiss Testing Day 2020で、自社の品質向上を支援するBrendaという名のAI/MLフレームワークについて講演する予定である。

  • チームゲームを使ってレトロスペクティブを充実させる

    ゲームはレトロスペクティブに新鮮さを吹き込み、事の進め方についての実りある議論を可能にする。議論から生まれるパターンは、チームの強みや弱みに対する洞察を与えてくれる。気遣いのあるコーチングやファシリテーションは、全員による貢献を可能なものにする。

  • 職場をもっと人間的にするには

    企業は職場の人間化(humanization)に対する意識を強めることで、プロフェッショナルのパフォーマンス向上を支援しようとしている。職場をより人間化するためには、作業のオフスクリプト(off-script)化、適切な作業時間の探求、弱いリーダ、多様性の受容、などの方法がある

  • 上げ潮はすべての船を持ち上げる - DOES London 2020で紹介されたDevOps Dojoストーリ

    DevOps Enterprise Summit London 2020で注目された話題のひとつは、3日間の仮想カンファレンスの初日にGene Kim氏が開会の挨拶で最初にアピールしたトレーニング"dojo(道場)"だった。その中で氏は、IT Revolution Forum ebookで紹介されたTargetのdojoフレームワークについて言及した。その概念はadidasやVirgin Atlantic、Comcast、Sky、Verison、US Bank、Walmartなども取り上げていた。

  • 継続的な組織改革によって企業の急成長に対応する

    急速に成長する企業には、さまざまな規模のさまざまな構造が必要になる。構造、プロセス、役割を繰り返すことで、企業の成長に伴って企業自身を改革し続けなければならない。企業の変革を成功させるには、継続的な学習が不可欠であると同時に、高いレベルの企業規模のアジリティが必要である。

  • ハイパフォーマンスチームにおける信頼と安全 - QCon London Q&Aより

    チームに所属したい、安心して学び、貢献し、現状に挑戦したい、と人々は願う。そのために我々が最初にすることは、チームメンバそれぞれとのパートナシップがあるという認識を持つことだ。すべての関係性がそうであるように、つながりを強め、効果的な共同作業を行うためには、相応の注意と配慮が必要となる。

  • QCon San Francisco 2020がプログラム委員会を発表

    QConチームは、QCon San Francisco 2020(11月16~18日)のプログラム委員会を最終決定した。委員会はソフトウェア開発のすべての側面に取り組む。QConトピックでは、関連するタイムリーなコンテンツを保証するために、トラックホストとスピーカーが厳選される。

  • QCon San Francisco 2020 トラック発表

    シニアソフトウェアエンジニア、アーキテクト、チームリーダー向けのソフトウェアカンファレンスであるQConサンフランシスコ(11月16〜18日)のプログラム委員会は、2020年版のカンファレンスのトラックを発表した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。